a

2017/10/01 (日) 20:43  中国   コメント(0)
a
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(0)
2014/03/25 (火) 17:21  中国   コメント(1)
1: 忍法帖【Lv=88,マージマタンゴ】 2014/03/25(火)16:15:42 ID:isM2Mh8oK
中国の通信社、中国新聞社(電子版)は25日までに、中国江蘇省塩城市で「銀行が倒産する」とのうわさが広まり、預金を引き出そうと千人近くが支店に押しかけて警察が出動する騒ぎが起きたと報じた。(中略)

塩城市射陽で24日午後、地元銀行「江蘇射陽農村商業銀行」が倒産するといううわさが広まり、支店に預金者が殺到した。銀行は預金者を安心させるためか支店内に札束を積み上げ、「預金は保護されている。うわさを信じないで」などと呼び掛けた。夜になって人は減ったという。

中国では景気減速を背景に、企業が発行する社債や、正規の銀行融資以外の金融取引である「影の銀行(シャドーバンキング)」の金融商品のデフォルト(債務不履行)騒ぎが相次いでいる。塩城市では民間金融会社の経営者の夜逃げも発生した。(共同)

2014.3.25 15:38 MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140325/fnc14032515410011-n1.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(1)
2014/03/25 (火) 12:51  中国   コメント(0)
1: 雨宮◆rKyHuxxDuc 2014/03/25(火)00:22:06 ID:qAHuJONKu
核軍縮で中国を挑発 安倍政権の陰険な下心

共同通信社の情報によると、日本政府は中国に対して、核弾頭数削減を目的とする米ロの交渉に加わるよう求める方針だ。

(中略)

スウェーデンのシンクタンクが発表した、2012~2013年の世界の核兵器保有量に関する調査によると、米国の核兵器は2150発、核弾頭は5500発に達する。ロシアの核兵器は1800発、核弾頭は6700発に達する。中国の保有する核弾頭は250発で4位となっており、英仏とほぼ同水準だ。

日本は中国に対して、米ロ間の核軍縮交渉に加わるよう求めている。これは差し出がましい行為で、しかも英仏を挙げず中国だけを名指しにし、陰険なやり口だ。日本は最近、300キロ以上の兵器級プルトニウム(50発の核弾頭を製造可能)の米国への返却を渋り、すべての国を上回る核燃料(?)を溜め込んでいることについて弁明できず、国内外からの批判を受け苦境に陥った。

安倍首相らは、「中国脅威論」に核兵器の要素を加え、異なる切り口から中国に圧力を転嫁しよしている。

日本のやり方は妄想じみているばかりか、自ら災いを招くことになる。このやり方は世界に対して、日本が原爆を作るのは容易なことであり、核兵器の陰謀に注意が必要だと呼びかけている。日本に核兵器に手を染めさせないことは、第二次世界大戦の戦勝国の責任であり、すべての平和を愛する人々の願いでもある。

国家安全と世界平和の維持という、中国の核兵器保有の立場は明確で、一貫している。中国が核兵器で先制攻撃を仕掛けることも、核兵器を持たない国に核兵器を使用することも絶対にない。そのため中国の核の兵器庫は縮小ではなく拡大されることになる。これはいかなる国の力によっても変えられず、日本のくだらぬペテンについては言うまでもない。

「中国網日本語版(チャイナネット)」 2014年3月22日
http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2014-03/22/content_31869055.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(0)
2014/03/24 (月) 23:24  中国   コメント(0)
1: ぱぐたZ~時獄篇◆fEbKMTmIyQ 2014/03/24(月)19:00:15 ID:udFqEAUie
中国海軍は来月、各国海軍の艦艇を招く「観艦式」というイベントを開催しますが、日本の海上自衛隊を招待していないことがわかりました。

アメリカや韓国、オーストラリア、インドなど、一堂に会した各国の海軍艦艇。5年前に行われた中国海軍の観艦式です。アジア太平洋地域から各国海軍の艦艇が参加する中、日本は招待されませんでした。中国政府の政治判断が働いたものと見られます。

「南西の海では主権に対する挑発も相次いでいる」(安倍首相、防衛大学校卒業式・22日)

尖閣諸島などをめぐって日中関係がこじれる中、来月、5年ぶりに観艦式が行われます。中国は今回も10数か国の艦艇を招待。しかし、その中に日本が含まれていないことが日中外交筋への取材でわかりました。中国政府の対応にアメリカなど参加各国からは不快感や疑問の声も。軍の交流に影響が出ることにも懸念があります。

「不測の事態を避けるためにも、こうした交流は必要だ」(日中防衛筋)

中国の中でも海軍は、日本の海上自衛隊やアメリカ海軍とも比較的良好な関係を維持しているということで日中の政治的な対立が影を落とす可能性もありそうです。(24日16:17)

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2156200.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(0)
2014/03/23 (日) 21:21  中国   コメント(0)
1: 名無しさん 2014/03/23(日)19:03:09 ID:OQaiyiKOU
中国メディア・環球網は19日、中国政府・商務部が18日に発表した統計で、今年1-2月の日本からの対中直接投資額が7億1600万米ドル(約726億円)と前年同期比で43.6%減少したことが明らかになったとする日本の共同通信の報道を伝えた。

今年1-2月における世界の対中投資額は前年同期比で10.4%増となり、1月の同16.1%増よりも鈍ったものの2013年前年の5.3%よりは高い伸び率となった。

以下略……
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140320-00000006-xinhua-cn
XINHUA.JP 3月20日(木)8時46分配信

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(0)
2014/03/23 (日) 14:30  中国   コメント(0)
1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/03/23(日)13:17:31 ID:V1fE60A53
慰安婦問題で謝罪拒否 中韓を激怒させる安倍氏

安倍晋三首相は再び、アジア諸国の民族的対立と歴史的な憎しみを引き起こした。安倍首相はこのほど歴史学者によって構成される委員会に対して、1993年の河野談話の正式な謝罪について再検証することを指示した。

最近のさまざまな発言は、安倍首相と腹心が、この謝罪が非合理的だと考えていることを示している。ゆえに同委員会は日本が公式に慰安婦強制連行に加わっていなかったことを確認し、「心から反省する」という謝罪を撤回すべきとする可能性がある。シンガポール華字紙『聯合早報』が伝えた。

どのような変態じみた理由によって、安倍首相はこのような結論を導き出そうとしているのか。

ある日本の歴史学者は、日本軍がいわゆる慰安所の経営に直接関与していたとは限らないが、その設置に直接参与した歴史資料が、1993年の公式謝罪を促したことを知った。慰安所設置の公式な理由の一つは、日本兵が中国人女性を広範囲で強姦し、現地住民の激しい抗議活動を受けたことだ。

当時の日本はさまざまな手段を用い、若い女性を慰安所に送り込んだ。しかし逃げ場が無いため、このシステムに取り込まれた女性は、実施には奴隷の身分になった。これは正式に認められている史実である。それならばなぜ謝罪を撤回し、日本と中韓のすでに緊張した関係が急転直下を迎えている時期に、再びこれを取り上げ議論しようとするのはなぜか?

安倍首相とその腹心が国際的な視野を持ち、その他の国を深く理解し注目しているとする。それならば1993年の謝罪見直しという方針は、確かに乱暴で理屈に合わない。彼らが歴史記録を書き換える時に気にかけているのは韓国や中国ではなく、国内の政敵だ。

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(0)
2014/03/23 (日) 01:32  中国   コメント(0)
1: 忍法帖【Lv=91,テンタクルス】 2014/03/22(土)11:21:58 ID:dzKd1U51K
神戸大学国際文化学部教授で中国出身の研究者、王柯(おう・か)氏が、訪中したまま連絡が取れなくなっていることが21日、分かった。大学関係者が明らかにした。王氏は新疆ウイグル自治区のウイグル族などの研究で知られており、大学側は所在の確認を急いでいる。

関係者によると、王氏は今月1日から10日間の予定で中国を訪問。帰国日の10日に「病気の母親の様子を見に行くので帰国が遅れる」と日本に暮らす妻に電話があったのを最後に連絡がとれなくなった。中国での滞在目的は不明。19日に妻から「連絡がとれない」との相談が大学に寄せられた。王氏は21日からシンガポールで開催されるシンポジウムに出席する予定だったが、欠席した。

(中略)

日本で研究活動をしている中国人学者をめぐっては、訪中していた東洋学園大学教授の朱建栄氏が、昨年7月から中国当局の取り調べを受け、今年1月に解放された。また、中国では、ウイグル族の現状を訴えていたウイグル族の学者、イリハム・トフティ氏が先月、国家分裂容疑で逮捕されている。【豊田将志、上海・隅俊之】)

2014年03月22日 03時00分(最終更新 03月22日 09時44分)毎日新聞
http://mainichi.jp/select/news/20140322k0000m030140000c.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング