--/--/-- (--) --:--  スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ   スポンサー広告  
2014/03/12 (水) 21:04  米国   コメント(0)
1: 名無しさん 2014/03/12(水)14:22:11 ID:Zqxq5U7Da
首相周辺の問題発言は「損失」 ケネディ大使、会談で懸念

 安倍晋三首相がケネディ駐日米大使と7日に会談した際、歴史認識などをめぐり首相周辺の問題発言が相次いだことについて、ケネディ氏から「首相にとって大きな損失になっている」との懸念を伝えられていたことが分かった。日米外交筋が11日、明らかにした。

 ケネディ氏は米政府の認識として「安倍首相をみんな信頼している」と表明。その上で「小さな小さなことだが、首相が言っていないことを、周辺があたかも首相が言っているように見せかけている」と指摘した。

 首相の靖国神社参拝について失望を表明した米国に「われわれが失望だ」と反論した衛藤晟一(せいいち)首相補佐官や、インタビューでアベノミクスは軍備増強が狙い―との趣旨を述べたと報じられた本田悦朗内閣官房参与らの発言が念頭にあるとみられる。

<北海道新聞3月12日朝刊掲載>(03/12 07:50)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/526501.html

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ   米国   コメント(0)
2014/03/07 (金) 09:35  米国   コメント(0)
1: 讃岐うどんφ ☆@転載可 2014/03/06(木)19:20:31 ID:Cwx700GNj
アメリカのケネディ駐日大使は6日、NHKのインタビューに応じ、歴史認識などを巡って冷え込んでいる日本と韓国の関係について、 「日韓両国が緊張緩和のプロセスを主導すべきだ」と述べ、来月予定されているオバマ大統領のアジア歴訪に向けて日韓が主体的に関係改善に取り組むよう促しました。

アメリカのケネディ駐日大使は6日、都内の大使公邸で、就任後テレビでは初めてNHKのインタビューに応じました。

ケネディ大使は、歴史認識などを巡って日本と韓国の関係が冷え込んでいることについて、 「日本と韓国は、アジアにおけるアメリカの最も緊密な同盟国だ。日米韓の3か国が協力し、良好な関係を築くことがそれぞれの国益にかなう」と述べました。

 そのうえで「日本と韓国が両国の緊張緩和のプロセスを主導すべきだ。アメリカも同盟国として支援できることは喜んで何でもしたい。 オバマ大統領も日韓関係が改善することを歓迎するだろう」と述べ、オバマ大統領が、来月、 日本と韓国を訪問するのに向けて日韓両国が主体的に関係改善に取り組むよう促しました。

 また、ケネディ大使は、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題について、「難しく複雑な問題だ」と指摘したうえで、 「日米同盟の強化を図りながら基地負担を減らしていく」と強調し、負担軽減に取り組む姿勢を示しました。

3月6日 18時15分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140306/k10015772251000.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   米国   コメント(0)
2014/03/04 (火) 23:18  米国   コメント(0)
1: 汲み取り式φ ★ 2014/03/04(火) 16:12:33.86 ID:???
 米国務省のサキ報道官は3日の電話記者会見で、日本と北朝鮮の両政府当局者が赤十字会談に合わせて協議したことに関連し、「拉致問題にせよ他の懸案にせよ透明性ある形で解決しようとする日本政府の取り組みを支持する」と述べた。

日朝交渉に関連してあえて「透明性」に言及することで、米国との情報共有を求めた発言だ。米国は北朝鮮核問題での日米韓の足並みが乱れることを警戒しており、ハノイでの日朝極秘接触の動きなどを念頭にくぎを刺したともいえる。

 中国・瀋陽で3日に開かれた日朝赤十字会談は終戦前後の混乱で現在の北朝鮮地域に残留し死亡した日本人の遺骨収集問題が議題。サキ氏は「人道活動としての遺骨収集活動には反対しない」と述べたが、「前向きな進展か」との問いには直接答えるのを避けた。

 米政府当局者らによると、日本側は今回の赤十字会談については直前に米側に知らせたが、1月に表面化したハノイでの接触については当時、説明しておらず不満が出ていた。

(共同)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140304/amr14030411160002-n1.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   米国   コメント(0)
2014/03/03 (月) 22:42  米国   コメント(2)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/03/03(月) 20:45:24.99 ID:???0
日米関係の改善が期待される米・オバマ大統領の来日が4月に予定されているが、
「米国政府の不信感は極限まで募っている」と国務省関係者はいう。

「日本政府要人の失言は呆れるばかり。極めつきは萩生田(はぎゅうだ)光一・総裁特別補佐の『民主党政権だから、オバマ大統領だから(靖国批判を)言う』との発言です。“共和党政権を望んでいる”と言ったも同然で、オバマ大統領の面目は丸潰れですよ。『何の実りも得られない日本にどうして行くのか』『訪日を取りやめろ』といった声が飛び交っています」

日米関係はいま戦後最悪の水準にある。オバマ訪日とともに、外務省関係者が気を揉むのは「キャロライン・ケネディ駐日大使召還」だ。外務省関係者が説明する。

「オバマ大統領が、大統領選の功労者で名門ケネディ家の長女を駐日大使にしたのは、同盟国の日本なら、政治未経験のキャロライン氏でも大過なく務めることができると考えたからです」

しかし、着任後の日本では、オバマ政権批判が吹き荒れた。安倍首相の靖国参拝に対して、米大使館は「失望した」と発表したが、それに対し側近たちが反発。大使館側の不信をかった。

「このままではキャロライン氏の失点にもなりかねない。大使館や国務省には、『安倍政権がこれ以上米国批判を続けるなら、キャロライン氏を一時帰国させ、安倍政権に反省を促すべきだ』という声がある。そうなれば、『ケネディ家への冒涜』が世界中に喧伝されてしまう、と外務省幹部は非常に心配しています」(同前)

こうしてビビりまくる日本側をよそに米国では日本バッシングが鳴り止まない。
外務省関係者が愕然とした「数字」がある。

外務省は昨年末、米国で実施した日本に関する世論調査の結果を発表した(18歳以上の1000人が対象)。現在の日米安保条約を「維持するべき」と答えた人は67%で、昨年と比べて22ポイントの急落。この設問ができた1996年以来、最低だった。調査時期は昨夏の7~8月。「靖国参拝を経た現在はもっと低落しているはず」と外務省関係者はいう。

※週刊ポスト2014年3月14日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140303-00000015-pseven-int 

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   米国   コメント(2)
2014/02/25 (火) 23:14  米国   コメント(1)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/25(火) 19:48:30.10 ID:???0
TPP協議や安倍総理の靖国神社参拝など、数々の問題をめぐって日米の首脳部が激しい言葉の応酬を繰り広げています。日米の亀裂はいかに生じ、何故ここまで広がってしまったのか、その真相を取材しました。

シリアの市民が化学兵器に苦しむ衝撃の映像が明らかになって10日後の、去年8月31日。「慎重に検討した結果、アメリカはアサド政権を標的にした軍事攻撃を行う決意をしました」(オバマ大統領〔去年8月31日〕)

オバマ大統領は、シリアへの軍事行動を行うと発表。日本にも外交ルートを通じて「空爆したら即座に支持表明して欲しい」と強い要請が来ていました。しかし、安倍総理の姿勢は慎重でした。「この状態では支持できないね」

安倍総理は官房副長官時代、時の小泉総理がイラク開戦にいち早く支持を表明したものの、その後大量破壊兵器が見つからなかったことから、「歴史的な誤り」と批判された経緯をつぶさに見ていました。化学兵器の一部が反アサド政権側に流れているとの情報もあり、軍事行動を支持するには、「アサド政権が使用した明確な証拠が必要だ」と考えていました。そして大統領の会見翌日、ごく限られた関係者に対し、こう伝えたのです。

「この状態では、空爆は支持できないね」(安倍首相)

その1日半後の9月3日、オバマ大統領から安倍総理に電話がかかってきました。

「アサド側が化学兵器を使った 明確な証拠がある」(オバマ大統領)
「化学兵器を使用した主体については、いろいろな情報があると承知している」(安倍首相)

しかし、オバマ大統領はあきらめませんでした。2日後、アメリカ側の要請で開かれた安倍総理との直接会談で、改めて支持を求めます。会談は非常に緊迫したものになったといいます。

>>2へ続く

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2135660.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   米国   コメント(1)
2014/02/23 (日) 11:47  米国   コメント(2)
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/02/22(土) 01:00:11.69 ID:???0
★安倍首相を望んだことを悔やむ米国政府

安倍晋三首相が率いる日本と習近平国家主席が率いる中国との関係を評価するのは極めて簡単だ。どちらも相手をあまり好きではない。日中双方が、政策目標を推し進める道具としてナショナリズムを利用している。どちらも恐らく、相手側に押しがいのある「タフな男」がいることは都合がいいと考えている。

評価するのがそれほど簡単でないのが、日米関係の状態だ。本来であれば、日米関係は日中関係よりもはるかに容易に読み解けるはずだ。結局、日本は米国にとってアジアで最も重要な同盟国であり、第2次世界大戦の終結後、米軍の戦闘機と部隊を受け入れる「不沈空母」だったのだから。

◆緊張する日米関係

そして今、数十年間にわたり米国から促された末に、ようやく強固な防衛態勢を築き、平和主義の日本が長年大事にしてきた「ただ乗り」の国防政策を見直す意思を持った安倍氏という指導者がいる。

だが、長年求めてきたものを手に入れた今、米国政府はおじけづいている様子を見せている。

その兆しの1つは、安倍氏が昨年12月に靖国神社を参拝した後に米国政府が「失望」を表明したことだ。靖国神社は中国と韓国から、自責の念がない日本の軍国主義の象徴と見なされている。

以前は、米国政府は内々に靖国参拝への不満を述べたが、公然と日本を非難することはなかった。日本政府は今回、米国が日本語できつい響きのある失望と訳された「disappointed」という言葉を使ったことに驚かされた。

>>2へ続く

(2014年2月20日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40005
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40005?page=2
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/40005?page=3

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   米国   コメント(2)
2014/02/22 (土) 20:55  米国   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/22(土) 19:07:41.09 ID:???0
アメリカ議会調査局は、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、交渉が妥結しなければ日本とアメリカの関係が後退する可能性があると指摘する報告書をまとめました。

アメリカ議会調査局はこのほど、日米の経済面の関係について報告書をまとめました。それによりますと、TPP=環太平洋パートナーシップ協定について、「成功すれば、日米の関係はさらに高いレベルに発展し、経済の関係も再び活性化する可能性がある」としています。

一方で、「失敗すれば、日米両国が国内の反対を収拾できなかったことを意味し、関係が後退する可能性がある」と指摘しています。また、両国の経済の関係全体については「中国の台頭などによって相対的な重要性はやや下がっている」としながらも、「引き続きアジア太平洋地域全体にとっては重要だ」としています。

TPPの交渉を主導するアメリカにとって、農産物の関税撤廃など難航分野を抱える日本との交渉をどれだけ進展させられるかが最優先課題のひとつとなるなか、今回の報告書は、アメリカ側に、交渉が妥結しなければ日米関係に影響が及びかねないという懸念があることをうかがわせるものとなっています。

2月22日 13時06分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140222/k10015444421000.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   米国   コメント(0)

▼ 最新記事
(05/11) e

▼ RT ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。