--/--/-- (--) --:--  スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ   スポンサー広告  
2014/03/25 (火) 19:57  朝日新聞   コメント(0)
1: 名無しさん 2014/03/25(火)17:38:04 ID:7XGJRmYhT
「キエフ、日本で言うと高天原」 麻生副総理が発言

 麻生太郎副総理兼財務相は25日の閣議後会見で、ロシアによるウクライナ南部・クリミア半島併合をめぐり、「ロシアはキエフ公国から始まった。(ウクライナの首都の)キエフがクリミア半島と別れて、キエフだけ欧州に行ってしまうみたいな話は、日本で言うと宮崎県が独立して(古事記などで神々が生まれ、住んでいたとされる)高天原(たかまがはら)がなくなるようなもの。そんなに簡単な話ではない」と述べた。

麻生副総理の発言詳細→

 オランダ・ハーグでのG7会合で、安倍晋三首相を含む各国首脳は24日、ロシアの対応を「明白な国際法違反」と強く非難し、G8への参加停止を決めた。政権中枢の麻生氏による発言は、それに逆行し、国際的な批判や誤解を招きかねないものだ。ロシアのクリミア併合を正当化するばかりか、ウクライナの欧州連合(EU)加盟を望まないロシアの立場を容認したものとも受け止められかねず、日本政府の見解ともずれが生じかねない。

以下略

http://www.asahi.com/articles/ASG3T3DBNG3TULFA009.html

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(0)
2014/03/23 (日) 12:26  朝日新聞   コメント(0)
1: これをピンチと言わずして◆aoV9UPlvFw 2014/03/22(土)14:42:13 ID:bRLn1GSo2
≪中略≫

安倍首相と朴大統領が話し合いのテーブルにつくのは初めてである。日韓関係の修復になんとしてもつなげるべきだ。

首相は予算委で、「戦後50周年には村山談話、60周年には小泉談話が出された。安倍内閣としては、歴史認識に関する歴代内閣の立場を全体として引き継いでいる」とも語った。ふたつの談話は「植民地支配と侵略によって、アジア諸国の人々に多大の損害と苦痛を与えた」との立場を明確にし、近隣諸国との新たな関係づくりに向けた日本の決意を示した。

河野談話とともに、日本の対アジア外交の基盤となってきたものであり、見直すべきでないのは当然だ。歴史問題がくすぶるなか、おととしの李明博(イミョンバク)前大統領の竹島上陸でつまずいた日韓関係は、両国の政権が代わっていっそうこじれてしまった。

安倍首相らの歴史認識をめぐる発言や靖国神社参拝。かたやオバマ米大統領らに日本の非を訴えるばかりで、対話に応じようとしない朴大統領の姿勢。東アジアの安定には日韓関係の改善が欠かせないと考える米国は、バイデン副大統領らが直接、間接に仲介を試みてきた。両首脳の発言の陰にはこうした米国の意向もちらつく。

首相の答弁には、ネット上などで批判があがっている。河野談話の見直しや撤回を求める声が国会の内外にあることを考えれば、予想された反応だ。その意味で、安倍首相はそれなりのリスクをとった。同じことは朴大統領にも言える。互いの国民の一部が反目し、非難の応酬に熱くなっている。そんな時こそ、より冷静になれる指導者であってほしい。

首相も大統領も、そのことばが本心から出たものなのかはわからない。一度会って関係が好転するというほど、ことは単純ではないだろう。それでも、機を逃さずに日韓関係を前へ進めることが、両首脳の外交上の責務だ。米国に義理立てした、一度限りの会談にしてはならない。

http://www.asahi.com/articles/ASG3N3DJ8G3NUSPT004.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr03

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(0)
2014/03/10 (月) 16:14  朝日新聞   コメント(1)
1: ぱぐだZ~終わりなきレコンキスタ? 2014/03/10(月)07:10:59 ID:SaYHhls34
「東映太秦映画村」そばで75歳男性刺され死亡…「十年来の恨み」近所の韓国籍61歳男逮捕 -
MSN産経west

 9日午前10時半ごろ、京都市右京区太秦一ノ井町で「近所の方が刺された」と110番があった。駆けつけた京都府警右京署員が、近くに住むクリーニング店経営の山本芳弘さん(75)が、刃物で首や腹など数カ所を刺されているのを発見。山本さんは病院に搬送されたが、まもなく死亡した。

 同署は、殺人未遂の疑いで、近くに住む韓国籍の無職、金洙吉容疑者(61)を緊急逮捕し、容疑を殺人に切り替えて捜査している。捜査関係者によると金容疑者は「確かに刺した。十年来の恨みがあった。殺すつもりはなかった」などと供述している。
http://sankei.jp.msn.com/smp/west/west_affairs/news/140309/waf14030913460006-s.htm


近隣住人刺す 殺人未遂容疑で緊急逮捕 無職の男 京都:
朝日新聞デジタル

 近隣住人の男性を包丁で刺して殺そうとしたとして、京都府警は9日、京都市右京区太秦一ノ井町、無職安東泰和容疑者(61)を殺人未遂容疑で緊急逮捕し、発表した。男性は死亡し、府警は容疑を殺人に切り替えて調べる。安東容疑者は「10年来の恨みがあった。殺すつもりはなかった」と話しているという。

 右京署によると、安東容疑者は9日午前10時半ごろ、近所に住むクリーニング店経営、山本芳弘さん(75)の首や腹を複数回包丁で刺し、殺害しようとした疑いがもたれている。
http://www.asahi.com/articles/ASG394CMRG39PLZB004.html


<この記事への反応>

産経⇒韓国籍 金洙吉容疑者
NHK⇒韓国籍 金洙吉容疑者
朝日⇒無職 安東泰和容疑者(通名)

毎日も産経と同じ、朝日新聞w

朝日は通名報道だけ。
在日の悪質さを隠し、報道の自由を謳歌してます。

安定の通名報道。秘密保護法の時にあんだけ騒いでた真実を報道する義務()とやらはどーした?

朝日新聞お得意の報道しない自由とやらですか?左巻き新聞社の特定秘密ですか?

etc

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(1)
2014/03/06 (木) 16:46  朝日新聞   コメント(0)
1: 妄想交換日記◆J7NNjAKlFQJc 2014/03/06(木)14:05:45 ID:EO8PIriKe
「朝日」の2文字が「●●」と塗りつぶされた6日の朝日紙面
no title


 朝日新聞が6日朝刊に掲載した、慰安婦問題をめぐる週刊文春(3月13日号)の広告の一部が「●●」となっていた。言論の自由を守るべき新聞社が、一体、何を隠そうとしたのか。

 注目の広告は「『慰安婦問題』A級戦犯 ●●新聞を断罪する」「“火付け役”記者の韓国人義母は詐欺罪で起訴されていた!」というもの。当然、黒丸部分が気になる。

 他紙を見ると「『慰安婦問題』A級戦犯 朝日新聞を断罪する」とハッキリと書いてあった。

 文春を読むと「慰安婦問題をこじらせた元凶である朝日新聞」「(河野官房長官談話の)再検証に及び腰」などとあり、その驚くべき背景が記されている。

2014.03.06
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140306/dms1403061207004-n1.htm


>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(0)
2014/03/03 (月) 01:03  朝日新聞   コメント(0)
1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革~ φ ★ 2014/03/02(日) 20:51:29.49 ID:???0
・朝日新聞によれば雑誌メディアの中国、韓国批判は「嫌中憎韓」だそうだが(2月11日付朝刊の守真弓記者による特集記事)、それを言うなら中国、韓国の「嫌日憎日」をこそ問題にすべきだろう。

国内事情が背景にあって、嘘、デタラメを言い募る中国、韓国を朝日は一度でも批判したことがあるのか。新聞が書かないから、雑誌メディアが書いているのだ。で、今週も週刊誌は「嫌中憎韓」が目立つ。『週刊ポスト』(3・7)がトップで堂々、朝日の特集記事に反論。

「『嫌中憎韓』が売れるのは朝日新聞のおかげです」朝日は〈両国とは「相思相愛」の関係〉で〈中韓の反日動向を朝日が報じ、朝日の反日記事を中韓が報じる。この相互関係によって、両国の反日は過熱していった〉。

具体的な内容についてはぜひ同誌をお読みいただきたい。
作家の井沢元彦さんの次のような指摘に朝日は答えるべきだろう。

 〈朝日が問題視する扇動報道(雑誌などの)よりも、朝日自身の偏向報道のほうが明らかに悪質〉
 〈報道機関の基本原則あるいは倫理を決定的に踏み外している〉
 〈自分たちの「正義」の誤りを認められない朝日は、「嫌中憎韓」を批判するより、自己を反省すべきではないか〉
 『週刊文春』(3月6日号)のトップは「韓国の暴走を止めよ! 日本の逆襲が始まった」。
 『週刊新潮』(3月6日号)のトップが「呆(あき)れてモノが言えない『韓国』!」。

今、日本がまっ先にやるべきは「河野洋平官房長官談話」(平成5年)の否定だ。産経・FNN(フジニュースネットワーク)の世論調査でも「見直すべきだ」が約59%、「見直すべきでない」の約24%を大きく上回っている。

当の河野氏、『文春』が取材を申し入れると、〈「河野談話に関して……」と口にした瞬間、「それに関する取材は一切受けつけない」とスタッフが語気鋭く拒絶するのみだった〉。証人喚問しかあるまい。

 http://sankei.jp.msn.com/life/news/140228/bks14022820120000-n1.htm

※朝日の記事「売れるから「嫌中憎韓」 書店に専用棚 週刊誌、何度も」
 http://www.asahi.com/articles/ASG2977HYG29UCVL00Z.html
no title
首都ソウルの日本大使館前で、安倍晋三(しんぞう)首相の靖国神社参拝に抗議する人々。首相の写真が貼られたプラカードを焼き、日本製品のボイコットまで呼びかけた=2013年12月27日、韓国

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(0)
2014/02/28 (金) 21:32  朝日新聞   コメント(0)
1: 有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★ 2014/02/28(金) 11:06:55.49 ID:???0 BE:2619130289-PLT(12069)
★天声人語

雪は天からの手紙という。防災科学技術研究所の上石勲(かみいしいさお)さんがいうように、「雪という手紙は冷たく、怖い面もたくさんある」ことをかみ締めた2月の言葉から

▼ソチ五輪の王者、フィギュアの羽生結弦(はにゅうゆづる)選手のストイックな言葉が印象に残る。「金メダルを取ったからといって自分が変わるわけではなく」といい、「とにかく僕は、いつでも追いかけていたい」と話した

▼ジャンプの葛西紀明選手にはいぶし銀の味わいがあった。「僕は何百戦もやっているが、ほぼ負けている。ただ、勝つことのうれしさを求め、悔しさをモチベーションにやってきた」

▼歴史認識などをめぐる中韓との溝が深まる。ギリシャ哲学者の加藤信朗(しんろう)さんが省察する。「明治以来、日本人は特別なのだ、という意識で隣国とつきあってきたのではあるまいか。結果として、互いに『同じ人間である』という親しさの内に生きる秩序を作り出せなかった」

▼米国とのずれも大きい。日本は戦後秩序を壊すつもりなのかという視線がある。映画監督の是枝裕和(これえだひろかず)さんは、日本人のもつ「被害者意識」に問題の根をみる。「どんな国の歴史にも暗部はある。いま生きている人間は、それを引き受けないといけません」

▼NHKと安倍政権との関係や、籾井勝人(もみいかつと)会長の資質を問う声が続く。メディア研究者の松田浩さんは「権力の介入を防ぎ、市民のための公共放送にしていくには、首相が経営委員を選ぶ仕組みを改めるしかありません」。国営放送と見られないために。

朝日新聞デジタル 2014年2月28日(金)付
http://www.asahi.com/paper/column.html?iref=comtop_pickup_p
no title
是枝裕和監督

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(0)
2014/02/27 (木) 11:21  朝日新聞   コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/02/27(木) 07:18:31.74 ID:???0
朝日新聞は2月11日、「売れるから『嫌中憎韓』」という記事を掲載した。要するに、日本の雑誌が「売れるから」という理由で中韓を揶揄するような記事を出していると指摘したのである。

だが、現在の日本に渦巻く嫌中憎韓のムードは、そもそも反日に凝り固まった中韓に原因がある。中韓をしてそうなさしめたのは、韓国にとっての従軍慰安婦であり、中国にとっての南京大虐殺、靖国問題という反日の大きな柱ができたことによる。そして、それらの先鞭を付けたのは、すべて朝日新聞なのである。

朝日は、これまで中韓を利する記事を繰り返してきた。たとえば2005年3月、当時論説主幹だった若宮啓文氏(後の主筆)の「竹島と独島 これを『友情島』に…の夢想」というコラム。〈例えば竹島を日韓の共同管理にできればいいが、韓国が応じるとは思えない。ならば、いっそのこと島を譲ってしまったら、と夢想する。見返りに韓国はこの英断をたたえ、島を「友情島」と呼ぶ〉

あるいは2007年3月、第一次安倍政権時代の記事。〈「シンゾー・アベは拉致問題には熱心だが、従軍慰安婦問題に対する態度と矛盾するのでは?」「従軍慰安婦」研究の吉見(義明・中央大学商学部教授)も、このふたつの問題に共通性を見いだしている。拉致被害者も、「いい仕事がある」などと「甘言」にだまされ、連れ去られた例がある。朝鮮人の少女が業者から「赤いワンピースと革靴」を見せられ、「いい暮らしができるよ」と戦地の軍慰安所に送られたのもまた、「甘言」による「拉致」ではないか〉

竹島を譲るのも、拉致と慰安婦を同一視するのも、まるで「朝鮮日報」のコラムを読んでいるような気がしてくる。もちろん、取材対象の立場に立つことはジャーナリズムに置いて重要なことは認めるが、これは明らかにそのレベルを逸脱した、韓国への偏愛としか思えない。

近年では2012年8月、夕刊のコラム「素粒子」に書かれた内容が物議を呼んだ。〈すきを突いた韓国の速攻。自陣のラインがたがたで防ぎ切れず。増税の日を狙ったかのように李大統領が竹島に。

中国ともロシアとも韓国ともギクシャク。元より北朝鮮は話にならず。いよいよ米国頼みの単細胞になりそうな。あふれる韓流やKポップ。どこにでもある韓国食材。この落差は何? 在日の友とマッコリ飲みながら考えよう〉

この頃になると、ネットには「朝日新聞の素粒子がいくらなんでも酷いと話題に」というトピックが立てられ、批判が集まるようになった。つまり、こうした記事を朝日が積み重ね、中韓がそれを材料に「反日路線」を確立したことが、日本国民のなかに徐々に「嫌中憎韓」の感情を植え付けていったのだ。

朝日新聞は、自らが焚きつけた火が燃え移った「嫌中憎韓」の炎を鎮火しようと躍起になっている。だが、それを「マッチポンプ」だと認めない限り、説得力はないだろう。一つこれだけはいえる。もし「嫌中憎韓」が売れるとすれば、それは朝日のおかげだと。

http://www.news-postseven.com/archives/20140227_242829.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(0)

▼ 最新記事
(05/11) e

▼ RT ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。