--/--/-- (--) --:--  スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ   スポンサー広告  
2014/03/27 (木) 14:10  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 名無しさん 2014/03/26(水)19:59:26 ID:KXY1gkRmX
 Jリーグ創立22年目で初の無観客試合となった23日の浦和―清水戦(埼玉スタジアム)は厳戒態勢が敷かれ、試合は1―1と引き分けた。大きな混乱はなく終了したが、一部の浦和サポーターが「JAPANESE ONLY」という差別的な横断幕を掲げた問題はすべてが解決したわけではない。

 この一件をいち早く国会で追及した参議院議員の有田芳生氏(62=民主党)は「浦和も(村井満)チェアマンも、差別なんだと判断されたのは素晴らしいこと。一つの抑止力にはなった」と迅速な対応を評価した。

 一方で「Jリーグと浦和の厳しい判断は社会に大きな問題を投げかけた。(差別的な横断幕が)罰則を伴っているということは、ヘイトスピーチにも罰則が科せられなければいけない。(諸外国は)人種差別撤廃条約に基づくいろんな法律があって、処罰される。先進国で(罰則が)ないのは日本ぐらい」と語気を強めた。

 有田氏は英国を例に挙げる。もともとフーリガンを強制的に排除できる「公共秩序法」という法律があったが「排除できなかったのが、ヤジによる人種差別。それを取り締まるために1999年に『サッカー犯罪法』を、一人でも軽犯罪として起訴するという厳しいものに変えている」。

 早急な法規制の必要性を訴えるのは、2020年東京五輪への影響が懸念されるからだ。

「スタジアムの外で差別、扇動が続いている。『日本はなんだ?』という話になり、影響がくる。差別をする国に行こうなんて思わないし、英国では日本への渡航情報で『ナショナリズムが高まっていて、そういうデモを見たら、すぐに逃げなさい』と(注意を)出している。そんなのが広がっていったら、何が五輪だということになる」

 差別横断幕問題はサッカーだけに限らず、日本社会に暗い影を落としている。

2014年03月26日 16時00分  
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/soccer/248220/

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/03/24 (月) 13:09  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 名無しさん 2014/03/24(月)00:54:12 ID:69AiBD633
3月15日に行われたJリーグの浦和レッズVSサガン鳥栖の試合において、「JAPANESE ONLY」という横断幕が掲げられ、その内容が差別的であるとして波紋を広げている。

3月13日に行われた参議院法務委員会において、民主党の有田芳生議員が、この横断幕問題を含む差別問題に関する質疑を行った。

(中略)

冒頭、有田氏はアメリカの国務省の人権報告書や英国政府のホームページにおいて、昨今の日本におけるヘイトスピーチや差別デモの動きが取り上げられていることを指摘。

有田議員は昨今の差別デモとそれに対する法務省の対応について質問した後に、「こうした問題は、一部の特殊な例ではなく、日本には差別の土壌があるのではないか」として、Jリーグで掲げられた差別横断幕の問題を取り上げた。

皆様に資料1の左側にですね、その浦和レッズのサポーターが掲げた「JAPANESE ONLY」の写真です。その背景にチラッと出てますけれども、旭日旗もそこにあるんですね。

これはビデオも含めて、現場にいった方々ならわかると思うんですけれども、日本全国で今なお続いている差別デモが、やはりあの旭日旗と共に行われている。しかも、この浦和レッズの問題はですね、これまでやはり土壌があったという風に、やはりクラブの方でも認識しつつあるということなんです。

(後略)

http://blogos.com/article/82266/
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/03/04 (火) 22:20  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/03/04(火) 19:37:34.10 ID:???
韓国紙・朝鮮日報の中国語サイトは3日、
「『韓国人を追い出せ』、
日本の反韓デモが活発化」と題した記事を掲載した。

1月18日、「在日特権を許さない市民の会(在特会)」などの
右翼団体メンバー約200人が東京の六本木でデモを行った。
一部の人は「朝鮮人を殺せ」など過激なスローガンを叫んでいた。
周囲には警察官もいたが彼らを制止することはなく、
デモ隊は在日韓国人団体「民団」付近の道路でもデモ活動を行った。

民団組織局長は「今までも在日韓国人は就職などで差別を受けてきたが、
『殺せ』といったスローガンが叫ばれたことはなかった。
われわれは身の危険を感じている」と懸念をあらわにしている。
日本に広がるヘイトスピーチ(憎悪表現)について、
米国は人権報告書で懸念を示している。

こうした雰囲気の下、在日韓国人に対するヘイトスピーチは
東京や大阪などの大都市から
山形、広島、長崎、神戸などの地方都市へと拡散。
インターネット上にも日常的に書き込まれ、暴力事件も起きている。

民団組織局長は「心配なのはヘイトスピーチの段階を超え、
暴力事件がいつ起きてもおかしくない
状況になっていること」だと話している。
(編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140304-00000018-xinhua-cn

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/03/03 (月) 11:59  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/03/02(日) 23:57:02.73 ID:???
韓国料理店や韓流スター関連商品の店が集まり、「コリアンタウン」として知られる東京・大久保とその周辺の計約50カ所で、在日韓国・朝鮮人らを蔑視する落書きが見つかったことが、市民グループの調査でわかった。2日、ボランティア約50人が落書きを消す清掃活動をした。

 市民グループは、在日韓国・朝鮮人への憎しみをあおる
ヘイトスピーチ(差別的憎悪表現)のデモに反対する「のりこえねっと」など。

今年2月に巡回した際に、商店の看板や住宅の壁、工事現場の塀、JRの高架下などで「コリアン日本へ来るな」「非劣なバカ」「帰れ」といった文言やナチス・ドイツのシンボル「かぎ十字」など、油性ペンやスプレーを使った落書きを確認した。

グループは新宿署や新宿区役所、JR東日本に相談。「差別落書きを許さない姿勢を示そう」とツイッターなどで呼びかけた。2日は首都圏や東海地方などから集まった人らが雑巾やスポンジで落書きを消して歩いた。横浜市の会社員男性(53)は「落書きは見つけた人がその都度、消していたが、消しても消してもまた書かれると聞き、すぐにみんなで取り組まなければと思った」と語る。

ヘイトスピーチのデモは昨年前半、東京や大阪で多発。大久保では昨年9月を最後に起きていないが、銀座などの繁華街や全国各地に拡散して、散発的に続いているという。(北野隆一)

http://www.asahi.com/articles/ASG3251YFG32UTIL00Q.html?iref=comtop_6_01

AS20140302002204_commL.jpg

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/03/01 (土) 22:30  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/03/01(土) 19:40:20.43 ID:???0
「韓国人を追放しよう。反日国家・韓国と断交せよ」1月18日、東京・六本木で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などの極右団体メンバー約200人が行進した。

その一部は 「朝鮮人を殺そう」などという過激なスローガンも叫んでいた。周辺に警察官がいたが、制止することはなかった。メンバーたちは 在日本大韓民国民団(民団)近くの道路も行進した。民団のソ・ウォンチョル組織局長(62)は「これまでも在日韓国人の就職などで かなり差別があったが、『殺そう』などのスローガンを叫ぶことはなかった。在日韓国人たちはこのようなデモが広がっていることで、 実質的に身辺に脅威を感じている」と話した。

日本では米国が人権報告書で懸念を表明するほど「ヘイトスピーチ(憎悪表現)によるデモ」などの外国人憎悪現象が広がっている。これに対し「日本政府が放置しているからだ」という批判も相次いでいる。

日本政府は欧米の先進国とは異なり、ヘイトスピーチを「表現の自由」という名目で事実上放任しているためだ。デモの際に在特会の一部メンバーが警察に逮捕されたことはあるが、ヘイトスピーチが原因ではなく、デモ中にもみ合いになるなど物理的な衝突が発生したからだ。

こうした中、ヘイトスピーチによるデモは東京・大阪などの大都市だけでなく、北海道・山形・広島・長崎・神戸などの地方にも広がっている。インターネットを通じて関連動画も続々と拡散されており、実際の暴力事件にもつながっている。

先月には、神戸市内 の神戸朝鮮高級学校に男が侵入し、教員を金属棒で殴る事件が発生した。同校の校長によると、男は「お前は朝鮮人か」と叫びながら、教諭に殴りかかったという。ソ局長は「今は憎悪発言を通り越して憎悪犯罪の拡大が懸念されるほどだ」と述べた。

続きがあります
>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/03/01 (土) 20:54  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 蚯蚓φ ★ 2014/03/01(土) 13:59:35.94 ID:???
no title

2020年東京夏季オリンピック(五輪)招致が確定した昨年9月8日、東京のコリアンタウンで日本の右翼団体が嫌韓デモをしている。 「日本にはまだ『日本人専用』という看板が民間ホテルや食堂などに掲げられていて、在日韓国人や中国人に対する差別が存在している」。

米国務部が先月27日(現地時間)に発表した「2013年国家別人権報告書」の中の日本編に出てくる大きな内容だ。特に国務部は日本極右団体の嫌韓(韓国人を嫌悪するという意味)デモを指摘して批判した。米政府が人権報告書で日本の嫌韓デモ等を問題にしたのは初めてだ。最近、日米間で外交葛藤が起こっていることもあり、論争になることが予告される。

国務部は「2013年の1年間に、極右団体の会員らが東京にいる韓国人を相手に連鎖デモを行った」とし、「極右団体の会員らは人種を侮辱する言語を使って憎しみに満ちた演説をした」と明らかにした。代表的なものとしては、昨年6月17日に「在日特権を許さない市民の会」が東京で嫌韓デモを行った事例を挙げながら、「これによって同団体の代表とデモ関連者3人が警察に逮捕された」と紹介した。

国務部報告書は「日本政府の役人たちは公式的には在日韓国人を苦しめてはいけないと力説しているが、日本国内における人種や国籍に関する社会的な差別は依然と存在している」と指摘した。

報告書の中で国務部は、「日本に帰化しなかった在日韓国人らは、日本に永久的に暮らしながらも市民としての権利や政治的な権利の行使が難しい状態にある」と各部分で指摘している。その例として「法律では差別が禁止されているにも関わらず、日本で生まれて教育を受けた中国・韓国・ブラジル・フィリピン系の永住権者がさまざまな形態の強固な社会的差別に直面している」とし、「その中には住居や教育・医療・雇用機会に対する制約も含まれている」と強調した。

人権報告書によると、在日韓国人の場合、2012年に5581人が日本に帰化した。しかしまだ相当数が帰化できておらず、「在日韓国人の間では帰化申請に関して官僚的弱点があり承認手続きも不透明だとの不満が提起されている」と主張した。労働市場についても「雇用主は外国人には日本人と違った雇用契約書を使用している」と批判した。

日本の嫌韓デモは増加と激化の一途をたどっている。昨年の調査によると、過去3年間、嫌韓デモの数が10倍以上に増え、過去には「竹島〔独島(ドクト)〕返還」等だったスローガンが、「韓国人は害虫、殺虫剤でなくす」等の民族差別に変化している。

国務部は同日、北朝鮮の人権状況については2012年に続いて「依然として嘆かわしい」と表現した後、「脱北者は司法手続きによらない処刑や任意監禁などを持続的に報告している」と明らかにした。

一方、米国務部は人権報告書の韓国編の「言論の自由」の項目で、「昨年11月、韓国の放送通信審議委員会が、民間放送JTBCのニュース番組が政府を批判するパネリストだけを登場させたという理由で制裁を加えた」と批判した。報告書は「政府与党によって指名された委員が公正性と報道準則を違反したとして、このような制裁を主導した」と指摘した。

蔡東旭(チェ・ドンウク)前検察総長の婚外子問題も報告書に掲載された。国務部は報告書の中で「検察は国家情報院が蔡前総長に辞任の圧力を加えるため、婚外子の関連資料を保守メディアにわざと流したものと理解していると主張した」との事実を指摘した。国務部は2012年韓国大統領選挙の過程で国家情報院による介入事件があったと明らかにしながら、「しかしながら選挙は自由かつ公正に行われた」と評価した。

ソース:中央日報日本語版
<「日本の嫌韓デモ…韓国人の人種侮辱」…米国務省報告>
http://japanese.joins.com/article/409/182409.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/02/28 (金) 12:27  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/02/28(金) 08:28:36.93 ID:???0
朝鮮人を皆殺しにしろ—そんな汚い言葉を、一見「普通の人」が吐き出す時代。いまやブームとして定着した感のある「嫌韓」の実態と、ヘイトスピーチの現場を知る専門家が、議論を交わした。

安田 ここ数年、「日本では在日(韓国・朝鮮人)が特権を持っている」「在日が日本のマスコミを支配している」などの根拠のないデマがインターネット上で流され、また韓国を異常なまでにバッシングする「嫌韓」がブームのように広がっています。その拡大は目を覆うばかりです。「在特会」(在日特権を許さない市民の会)を中心にしたヘイトスピーチ(差別扇動表現)が、ネット上に溢れかえっています。

小針 '90年代後半からネットが普及したことと、日本における韓国の存在感が増したことで、ネット右翼いわゆる「ネトウヨ」と呼ばれる人たちの発言が目立つようになってきました。

辛 当初はネットの世界が中心だった「嫌韓」が、今では路上に出てくるようになっています。「チョン死ね」「ゴキブリ朝鮮人を叩き出せ」といった、聞くに堪えないヘイトスピーチや、朝鮮学校や韓国料理店に対する暴力的な嫌がらせが日常的に行われている。レイシズム(人種・民族差別)は、もはや一部の特殊な人たちの問題ではありません。

安田 「朝鮮人を虐殺しろ」—普通に考えれば、とても口に出せないような汚い言葉が、生身の人間に向けて飛ばされている。

辛 私が共同代表を務めているヘイトスピーチに反対する団体「のりこえねっと」には、立ち上げた途端に中傷メールやサイバー攻撃が殺到。サーバーの過負荷状態が発生しました。昨年1年間に全国で起きた差別デモは、分かっているだけで360件以上。毎週のように、日本各地で在日韓国・朝鮮人を標的にした差別デモや組織的な嫌がらせが起きています。

安田 最近のデモを見て思うのは、とにかく参加者が楽しそうなんですよ。引きつった顔で怒りの拳を振りあげているようなイメージは全然ない。

辛 上手にリズムをとりながら「殺せ、殺せ、朝鮮人」と歌ったりしていますよね。

>>2へ続く

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/38462

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)

▼ 最新記事
(05/11) e

▼ RT ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。