2014/02/23 (日) 15:21  法案   コメント(3)
1: そーきそば ◆EPu6enAv3A @そーきそばΦ ★ 2014/02/23(日) 12:05:37.37 ID:???0
河野洋平元衆院議長(77)が本紙の単独インタビューに応じ、安倍晋三首相が集団的自衛権の行使を容認するための解釈改憲について、国会での議論を経ずに閣議決定する方針を示したことに関し「相当不安を感じている」と強い懸念を示した。

首相は、自らが設置した有識者懇談会「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が報告書をまとめた後に政府与党内で協議した上、憲法解釈の変更を閣議決定する手順を国会で説明している。これについて河野氏は「安保法制懇は私的諮問機関だ。メンバーは首相が選んでおり、だれの(第三者の)同意も必要としていない。

閣議決定するからいいというのも、相当違う。閣僚も首相が選んでいるからだ」と批判した。さらに河野氏は「首相は『最高の責任者は私だ』と内閣法制局長官を抑えようとしている。これまで積み重ねてきた議論を、私的諮問機関の結論で簡単に乗り越えるのはいかがなものか」と、法的根拠のない機関が事実上、政策決定を担う手法を非難した。

首相は今国会で「政府として検討を進め、与党でも調整し、最終的なものを閣議決定していく方向になる」(20日)「改憲でなくても解釈変更で可能だ」(5日)などと、再三にわたり解釈改憲への意欲を示している。こうした首相の発言は、「集団的自衛権は国際法上保有しているが、憲法上行使は許されない」と解釈してきた歴代政権と、この解釈を担ってきた内閣法制局長官の答弁と矛盾する。

 (中日新聞)2014年2月23日 10時19分
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014022390094040.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(3)
2013/12/14 (土) 09:07  法案   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/13(金) 16:42:45.29 ID:???0
★杉並区で「特定秘密保護法のお葬式」が執り行われる
2013年12月13日 13時15分
提供:アメーバニュース/政治・社会

東京都杉並区・阿佐谷の産業商工会館で12月12日、「秘密保護法に反対する杉並アピールの会」主催による「特定秘密保護法のお葬式」が、執り行われた。

日本共産党の富田たく杉並区議会議員の報告によると、特定秘密保護法の葬式が行われた後、代表者から秘密保護法を強行採決した安倍政権に強く抗議する声明が朗読され、区役所まで葬式行進を行ったという。参加者は全員、喪服姿で参加。富田氏はお葬式と行進の様子を撮った写真も公開している。

さらに富田氏は参加者から「こういうブラックユーモアが大切、バカバカしいと思ったからきた」という声があったことも報告。また、行進については「葬式なので」としてデモ申請は行われなかったことも明かしている。

この特定秘密保護法の葬式はツイッターでも話題となっており「死ぬどころか生まれたばかりなのに(笑)」「『バカバカしい企画』だと力を発揮するのが杉並界隈」「ユニーク!惜しまれないところも!」など様々な意見が書き込まれている。

http://yukan-news.ameba.jp/20131213-93/

193838349_624_v1386919061.jpg

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(0)
2013/12/10 (火) 13:13  法案   コメント(0)
1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革命~ φ ★ 2013/12/10(火) 11:19:27.51 ID:???0
・安倍総理大臣は会見で、強行採決の末に成立した特定秘密保護法について、「私自身がもっと丁寧に説明すべきだった」と反省したうえで、「一般の方が巻き込まれることは決してない」と強調しました。

 安倍総理大臣:「秘密が際限なく広がる、知る権利が奪われる、通常の生活が脅かされるといった懸念の声も頂いた。しかし、そのようなことは断じてあり得ない。今でも政府には秘密とされている情報があるが、今回の法律により、今ある秘密の範囲が広がることはない。厳しい世論については、国民の皆様の叱声であると、謙虚に真摯に受け止めなければならないと思う。私自身がもっと丁寧に時間をとって説明すべきだったと反省もしている」

 安倍総理はこのように述べたうえで、「今後も国民の懸念を払拭すべく、丁寧に説明をしていきたい」と訴えました。さらに、日米安保に関する密約について、これまで説明を受けてこなかったと明らかにし、「今後は情報保全諮問会議に報告しなければならないので、総理も知らないという秘密はあり得ない」と強調しました。

安倍総理はまた、外交・安全保障の司令塔となる国家安全保障会議の事務を担当する国家安全保障局長に谷内内閣官房参与を起用し、年明けにも発足させることを発表しました。そのうえで、谷内氏を主要各国に派遣し、アメリカやイギリスなどのNSC=国家安全保障会議と連携を図る考えを示しました。
 http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000017646.html

・--菅直人政権が中国漁船衝突事件の映像を隠蔽(いんぺい)したことをどう思うか「あのテープは特定秘密に当たらない。誰がその判断をしたのか明らかではない。(当時の)菅首相なのか、仙谷由人官房長官なのか、福山哲郎官房副長官なのか。日本の立場の正しさを示すテープを公開しなければならないのに、公開しなかった。間違った判断をしたのは誰か分からない」 (抜粋)
 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131209/plc13120921150016-n3.htm

※前:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386612781/

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(0)
2013/12/09 (月) 21:43  法案   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/09(月) 18:25:34.40 ID:???0
★習近平は本気で日本の航空機を撃墜する
2013年12月09日(月) 週刊現代

日本が尖閣諸島を国有化してから1年余り、ついに中国が「防空識別圏設定」というカードを切った。対日強硬策をエスカレートさせていく〝習近平の野望〟に日本はどう立ち向かってゆけばよいのか。

誰よりも激昂したのが、安倍晋三首相だった。「尖閣諸島は日本の固有の領土であり、その領空を通る日本の民間航空機が、なぜ中国の許可を得なければならないのか」というわけだ。

官邸関係者が明かす。「中国が防空識別圏の設定を発表した翌24日朝に開かれた閣議で、安倍首相は、航空行政を管轄する太田昭宏国交相に対して、『全日空と日本航空の行為を直ちに止めさせるように』と強い口調で迫りました。すると太田国交相は、『総理、それって一体、何のことでしょうか?』と聞き返したのです」

つまり、安倍首相に指摘された時点で、担当大臣が事態をまったく把握していなかったのである。外交関係者が続ける。

「この回答に、いよいよ怒りが沸騰した安倍首相は、『もういい、官邸主導でやる!』とブチ切れて、菅義偉官房長官に解決を命じました。そこで菅長官は、米村敏朗内閣危機管理監を通じて、同日午後、全日空と日航の幹部を直接、官邸に呼びつけ、中国当局への計画書提出をストップさせたのです」

この官邸関係者によれば、その後、菅官房長官は国交省幹部から事情聴取したという。

「その結果、国交省幹部は、『中国関係の重要案件を大臣に上げると、すぐにアチラへ筒抜けになるリスクがあります』と説明したというのです。アチラとは、東京・六本木にある中国大使館のことです。

>>2へ続く

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/37748

国土交通大臣の太田昭宏氏
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(0)
2013/12/08 (日) 14:40  法案   コメント(1)
1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革命~ φ ★ 2013/12/08(日) 12:51:52.02 ID:???0
★<秘密保護法>著名人多数が反対、懸念を表明

◇私も反対…主な著名人
・特定秘密保護法を巡っては、
学者や芸術家ら多くの著名人が反対や懸念を表明してきた。
分野ごとに主な人々をまとめた(敬称略、50音順)。【まとめ・日下部聡】

◇俳優
 大竹しのぶ、菅原文太、奈良岡朋子、野際陽子、
 倍賞千恵子、吉永小百合、利重剛、渡辺えり


◇映画監督
 井筒和幸、岩井俊二、大林宣彦、神山征二郎、
 是枝裕和、崔洋一、周防正行、高畑勲、
 降旗康男、宮崎駿、山田洋次、山本晋也、りんたろう


◇脚本家・劇作家
 小山内美江子、鴻上尚史、橋本忍、平田オリザ、山田太一
 
◇音楽家
 伊藤銀次、おおたか静流、大貫妙子、
 坂本龍一、高橋幸宏、なかにし礼、湯川れい子


◇作家
 浅田次郎、大岡玲、角田光代、椎名誠、
 瀬戸内寂聴、中村うさぎ、村上龍


◇ジャーナリスト・キャスターなど
 秋山豊寛、池田香代子、永六輔、江川紹子、
 大沢悠里、大谷昭宏、小川和久、荻原博子、
 金平茂紀、鎌田慧、川村晃司、岸井成格、
 見城美枝子、佐高信、佐野眞一、澤地久枝、
 高野孟、田勢康弘、田原総一朗、津田大介、
 鳥越俊太郎、ピーター・バラカン、二木啓孝、
 堀潤、毛利甚八、森達也、吉岡忍、吉永みち子


◇学者
 浅田彰、上野千鶴子、内田樹、大沢真理、
 小熊英二、加藤典洋、加藤陽子、金子勝、姜尚中、
 栗原彬、小森陽一、佐和隆光、汐見稔幸、
 白川英樹、高橋哲哉、田中優子、中沢新一、野田正彰、
 樋口陽一、益川敏英、山口二郎、鷲田清一、和田春樹


 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131207-00000027-mai-soci

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(1)
2013/12/08 (日) 12:46  法案   コメント(2)
1: ばぐ太☆Z ~終わりなき革命~ φ ★ 2013/12/08(日) 10:13:42.36 ID:???0
★悔しいです。力不足で申し訳ありませんでした 
福山哲郎 参・民主/東日本大震災復興特別委員会委員

・2日間の延長を与党は昨日決めました。 延長を決めるなら、なぜ、強行採決をしたのか。もっと審議ができたのではないのか。なぜ、地方公聴会を前日夜に決めるなどということをしたのか。たくさんの疑問と怒りがわき上がってきますが、土曜・日曜48時間、どのような方法を駆使しても 万策が尽きました。採決の結果、この稀代の悪法が成立することとなりました。

 いかに、民主的なプロセスを省いて採決に至ろうと、いかに、国民の知る権利や報道の自由が侵される可能性があろうと、いかに、政府の新たに言い出した第三者機関がどんな代物か分からず法定化されていない状況であろうとも、数の論理には勝てない。その現実を痛感しています。
 
 たくさんの激励をいただいたのに、力不足で申し訳ございませんでした。多くの国民から声が上がり、世論は大きなうねりとなりつつあります。施行まで1年。あきらめることなく第三者機関には法定化を求め、できる限り、この法律の運用が恣意的にならないよう監視を続ける責任があると思います。そして、なんとか政権を奪還して、まずは、この稀代の悪法を改正していく準備を始めたいと思います。

 約50年間、秘密だった核の密約を明らかにしたように、我々の新たな使命が1つ加わったということだと思います。国民の皆様も、ぜひ引き続き監視の目をゆるめることなく、あきらめることなく、力を貸して 頂きたいと思います。悔しいです。無念です。
 http://blogos.com/article/75337/
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(2)
2013/12/08 (日) 09:07  法案   コメント(1)
1: そーきそばΦ ★ 2013/12/07(土) 20:54:55.23 ID:???0
このコラムで、朝日新聞と毎日新聞の主張に対する反論を、集団的自衛権などをテーマに2回にわたって書いてきましたが、その度に多くのアクセスをいただきました。これまでもそうでしたが、安倍晋三政権が本格的な保守政治を進めてきていることから、とくに最近は産経、少なくとも私と、朝日、毎日両紙の見解は大きく異なるようになりました。

 私としては安倍政権の重要課題が進むのか、後退するのかは、国家、国民の将来を大きく左右すると思っているので、座視することはできません。そこで、今回は朝日、毎日両紙がことのほか熱心な特定秘密保護法案について、両紙の主張に対する私の見解を述べたいと思います。個別具体的な論点は、各紙面で詳細に報道されていますから、ここでは法案に対する基本的な考え方と、特定秘密に対する記者の姿勢のあり方に絞って論じます。

 まず、新聞各紙をごらんになっている方はご存じだと思いますが、この法案について「賛成」は産経・読売、「反対」は朝日・毎日とくっきり分かれています。私の見解はもちろん賛成です。ただ、特定秘密も歴史的に検証される必要がありますから、一定期間後は原則公開すべきです。そのための仕組みも作られることになりましたので、後はこれらを確実に実行してもらいたいと思います。

 これに対して、朝日、毎日両紙は相変わらず、猛烈な「反対のための反対論」を掲げ、それに沿った紙面づくりをしています。しかし、この主張には国際的な現実という視点が決定的に欠けています。

 産経、読売両紙が何度も書いているように、現在そして今後の国際的な安全保障、つまり国民の安全にかかわる外交、軍事の分野においては今や、「情報戦」が最も重要になっています。どんなすばらしい兵器をもっていたとしても、情報で後れをとったら外交、軍事の分野で優位に立つことはできません。それが国際社会の現実です。

産経新聞 12月7日(土)10時31分配信 朝日・毎日は特定秘密保護法案に反対するほど取材しているか!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131207-00000522-san-pol

>>(2へ続く)

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(1)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング