--/--/-- (--) --:--  スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ   スポンサー広告  
2014/06/21 (土) 13:02  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/21(土) 10:16:13.37 ID:???.net
 【ワシントン共同】米国務省のサキ報道官は20日の記者会見で、従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与と強制性を認めた河野洋平官房長官談話の検証報告書をめぐり、談話は「日本が近隣国との関係を改善する上で重要な節目となった」と述べ、堅持するよう求めた。

 サキ氏は、菅義偉官房長官が談話を見直さないとの安倍政権の立場を重ねて表明したことに「留意している」と強調。慰安婦問題をはじめ歴史問題について、韓国などとの関係強化に資するような形で取り組むよう日本に促しているとした。

 「未来に向かうには(韓国と)協力して、過去に区切りをつけることが必要だ」と語った。

(06/21 09:02)北海道新聞
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/546667.html

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2014/06/21 (土) 12:14  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2014/06/21(土) 09:18:22.52 ID:???.net
米ニューヨーク州上院が18日(現地時間)、公立学校の教育課程で
日本軍慰安婦に関する教育を義務づける法案を米国で初めて通過させた。

しかし下院で関連法案が推進されないまま
19日に会期が終了し、廃案となった。

2014年06月21日08時40分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/789/186789.html?servcode=A00§code=A20&cloc=jp

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2014/06/21 (土) 11:45  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/ 2014/06/21(土) 04:00:34.99 ID:???.net
 河野談話を検証する有識者チームの報告書により、20年以上も国民の目から隠されてきた談話の実態が白日の下にさらされた意義は大きい。

no title

歴史認識に関する発言があった河野洋平官房長官(当時)の会見=平成5年8月4日

産経新聞が繰り返し報じてきたとおり、談話は歴史の厳密な事実関係よりも、強制性の認定を求める韓国側への政治的配慮に基づき、日韓両国がすり合わせて合作していた。また、当時の河野洋平官房長官が政府の共通認識を踏み外し、独断的に「強制連行」を認めてしまったことも改めて確認された。

 報告書は、政府が実施した関係省庁や米国立公文書館の文書調査、旧軍関係者や元慰安所経営者からの聞き取り、韓国の元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会」の慰安婦証言集の分析などを通じ、こう結論付けている。

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2014/06/20 (金) 22:05  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 〈(`・ω・`)〉Ψ ★@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 20:15:02.48 ID:???.net
維新・山田氏「聞き取りは『儀式』明らかに」と評価 河野氏ら招致要求へ

 国会で慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の問題点を追及してきた日本維新の会の山田宏衆院議員は20日、検討チームによる国会報告について「元慰安婦の聞き取り調査を基にして談話が作られたのではないことがはっきりした」と評価した。ただ、検証の根拠となった資料が明示されていないとして、再検証を求める意向を示した。国会内で記者団に語った。

 山田氏は「聞き取り調査は儀式であり、韓国側との(談話の)すり合わせの状況が明らかになった」とも語った。その上で「当時の内閣外政審議室が深く関わっていることが分かる」と述べ、河野氏や談話作成に深く関わった谷野作太郎元外政審議室長の参考人招致の必要性を強調。22日の通常国会閉会後の早い時期に衆院予算委員会の開催を求める考えも示した。

 慰安婦募集の強制性をめぐり日韓両国がすり合わせを行った影響に関しては「談話が玉虫色の表現となった。談話が独り歩きしていく結果をもたらした」との見解を示した。

 報告の裏付けとなる資料の添付は不十分だとも指摘し、「単なる『日本側の主張』で片付けられてしまう可能性がある。国際社会に証拠を示さなければならない」と語った。

 山田氏は2月20日の衆院予算委に参考人として出席した談話作成時の事務方トップ、石原信雄元官房副長官に質問。聞き取り調査の裏付けがなかったとの証言を引き出し、政府が検証に取り組む契機となった。

2014.6.20 19:44  - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140620/plc14062019440012-n1.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2014/06/20 (金) 21:07  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: ふぐのひらき◆kV6bjRA4v. 2014/06/20(金)17:26:42 ID:???
本20日、日本政府は河野談話作成課程を検証した
PDFで21ページ分の資料を公表した。外務省のサイトで読むことができる。
以下はその冒頭である。

河野談話作成過程等に関する検討チーム ~検討会における検討~
1 検討の背景
(1)河野談話については,2014 年 2 月 20 日の衆議院予算委員会において,
石 原元官房副長官より,
河野談話の根拠とされる元慰安婦の
聞き取り調査結果について,裏付け調査は行っていない,
河野談話の作成過程で韓国側との
意見のすり合わせがあった可能性がある,
河野談話の発表により,いったん決着した日韓間の
過去の問題が最近になり再び韓国政府から提起される状況を見て,
当時の日本政府の善意が活かされておらず
非常に残念である旨の証言があった。

(2)同証言を受け,国会での質疑において,菅官房長官は,河野談話の作成
過程について,実態を把握し,それを然るべき形で明らかにすべきと考えて
いると答弁したところである。

(3)以上を背景に,慰安婦問題に関して,河野談話作成過程における韓国と
のやりとりを中心に,その後の後続措置であるアジア女性基金までの一連の
過程について,実態の把握を行うこととした。したがって,検討チームにお
いては,慰安婦問題の歴史的事実そのものを把握するための調査・検討は行っ
ていない。

(続きは、外務省の資料で。)

慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯~河野談話作成からアジア女性基金まで~(日本語) (PDF) (361KB)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042168.pdf
慰安婦問題を巡る日韓間のやりとりの経緯~河野談話作成からアジア女性基金まで~(英語) (PDF) (426KB)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000042169.pdf

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2014/06/20 (金) 20:50  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: しぐれ◆MIZZLE9itk 2014/06/20(金)17:04:13 ID:ppbCRGqYd
   政府は20日午後、従軍慰安婦問題への旧日本軍の関与を認めて謝罪した1993年の河野洋平官房長官談話の検証結果に関する報告書を公表した。

報告書は
(1)談話作成時に韓国側と文言調整していた
(2)元慰安婦とされた女性への聞き取り調査では、事後の裏付け調査を行わなかった-ことを明記。日韓両政府が文言調整の事実を対外的に非公表とすることで一致していたことも明らかにした。

 安倍政権としては、談話作成の過程で韓国側の意見を一定程度反映させたことを強調するとともに、河野談話を継承する姿勢を示すことで、慰安婦問題に区切りを付けたい考え。ただ、韓国側は検証自体が談話の見直しにつながる動きだとして反発しており、日韓関係がさらに冷え込む可能性がある。 

 報告書によると、日韓外交当局による文言調整は、93年7月末から談話発表の前日となる同8月3日まで、集中的に実施された。韓国側は「問題を解決させるためには韓国国民から評価を受け得るものでなければならない」として、談話の修正を要求。日本側は慰安婦の「強制連行」は確認できないとの認識の下、「事実関係をゆがめることのない範囲で、韓国政府の意向・要望は受け入れられるものは受け入れ、受け入れられないものは拒否する姿勢」で対応した。

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2014/06/20 (金) 20:04  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2014/06/20(金) 16:52:09.99 ID:???.net
事前に韓国側と文言調整 検証結果で明らかに

 政府は20日、元慰安婦に心からのおわびと反省の気持ちを表明した平成5年の河野洋平官房長官談話に関し、有識者チームの検証結果を国会に報告した。

 産経新聞が独自に入手した検証結果報告によると、日本側は「いわゆる『強制連行』は確認できないという認識に立ち、それまでに行った調査を踏まえた事実関係を歪めることのない範囲で、韓国政府の意向・要望について受け入れられるものは受け入れ、受け入れられないものは拒否する姿勢」で、事前に韓国側と談話の文言調整をしていたとした。

■河野談話 平成5年8月、宮沢喜一内閣の河野洋平官房長官が元慰安婦に心からのおわびと反省の気持ちを表明した談話。閣議決定はしていない。慰安婦募集に関し、「官憲等が直接これに加担したこともあった」「募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた」などと強制性を認定した。

2014.6.20 16:23 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140620/plc14062016230011-n1.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)

▼ 最新記事
(05/11) e

▼ RT ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。