--/--/-- (--) --:--  スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ   スポンサー広告  
2014/12/28 (日) 20:47  公務員(元も)   コメント(0)
1: マドハンド ★@\(^o^)/ 2014/12/28(日) 14:39:41.12 ID:???.net

 日本国の対外発信がいまほど必要かつ好機である時期はこれまでなかったと思う。慰安婦問題での日本への世紀のぬれぎぬを晴らす緊急の必要性は未来の日本への汚辱を考えるまでもない。南京事件など戦史を利用しての中国の対日誹謗(ひぼう)作戦への対処も終戦70周年の来年の展開を思えば、切迫した必要性が明白だ。尖閣諸島に迫る中国の脅威への抑止の議論も同様である。

 慰安婦問題では米国や中韓両国の「日本軍の組織的な女性の強制連行」という糾弾フィクションの虚構がいまほど明白になったことはない。日本国内では朝日新聞の虚報を否定するコンセンサスが確立された。官民が一致して、正確な事実を外部世界に発信すべき千載一遇のチャンスなのだ。ワシントンで長年、強制連行はなかったと説いて、米側の反発はもちろん背後の日本側からの弾丸をも浴びてきた私からみれば、想像もできなかった好機である。

 だが対外発信では先導役となるべきわが外務省の姿勢が奇々怪々である。自明の優先順位を逆転させているのだ。


>>続きを見る・・・
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)
2014/02/10 (月) 18:36  公務員(元も)   コメント(1)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/10(月) 15:02:36.58 ID:???0
★ソチ五輪開会式に見る習近平主席と安倍首相の胆力の違い

安倍首相のソチ五輪出席を報じるきょう2月9日の各紙の記事の中で私は朝日新聞の掲載されていた次のような記事に注目した。

すなわち朝日新聞は、開会式に見せた習近平主席と安倍首相の態度の違いを観察してこう書いている。「・・・二人は貴賓席中央のプーチン大統領を挟んで40席ほど離れた場所に座った。声を掛け合うような機会はなかった。二人は選手の入場行進でも対照的な姿を見せた。

習近平氏は中国と香港の選手団の入場の際には立ち上がって手を振って激励。台湾選手団の入場時には座ったまま拍手を送った。ところが日本の入場がアナウンスされると、硬い表情で両手を膝の上に重ねたまま、身動き一つしなかった。

一方、安倍首相は、中国選手団の入場の際も拍手を送っていた・・・」

この描写をどのように理解すればいいだろうか。一言でいえば歴史認識をめぐる日中両国の指導者の胆力の違いである。習近平主席は安倍首相がその誤った歴史認識を改めるまでは徹底的に安倍首相と対決していくと言っているのだ。たとえ日本国民を敵に回しても構わない。

もはや間違った歴史認識に固執安倍首相を許す日本国民もまた中国の敵だと言っているのである。これはかつて中国の指導者が、悪いのは対中戦争を始めた日本の軍国主義であって、日本国民もまた中国人民と同様に日本軍国主義の犠牲者だ、と言っていた頃の寛容な中国とは様変わりしたということだ。

このような習近平主席の胆力の前に、安倍首相もそれに負けない胆力が必要だということだ。しかし安倍首相にはそれが見えない。口では強がりを言っているが、何とかして中国との関係を改善したいという弱気が見える。胆力の違いだ。そんなことでは習平主席に勝てるはずはない。自らの歴史認識を貫き、それを批判する中国政府や中国国民を敵に回しても譲歩しないという胆力か、それとも歴史認識の誤りを認めて謝罪し、そこから正しい対中関係を構築して再出発するという胆力を、土力を持たなければいまの日中関係の打開は望めない。習近平主席に勝てる正しい胆力とはどちらか。ちろん後者である

天木 直人 外交評論家 2014年2月9日 12時39分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20140209-00032493/
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(1)
2014/01/26 (日) 13:02  公務員(元も)   コメント(1)
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2014/01/26(日) 08:56:02.40 ID:???0
滋賀県で行われている日本教職員組合(日教組)の教育研究全国集会(教研集会)は2日目の25日、各教科ごとの分科会が開かれ、全国から集まった教員らが教育活動の課題について意見交換した。平和教育などの分科会では、子供たちに政府への不信感をあおったり、日教組の価値観を押し付けたりする“イデオロギー授業”が今年も報告された。

■自衛権も否定
鳥取県の教員が発表した中学校の公民の授業リポートも、政府見解とは異なる方向に生徒を誘導しようとするような内容だった。

憲法9条の解釈について、(1)自衛戦争も放棄(2)侵略戦争は放棄しているが自衛権は認めている(3)個別的自衛権だけでなく集団的自衛権も認められる-という3つの選択肢を提示して生徒に選ばせた上、教員自身は(1)の解釈を支持すると生徒に表明し、理由を説明するという授業だ。

沖縄県の尖閣諸島をめぐる問題も取り上げ、「中国海軍が尖閣諸島を“奪還”するため大艦隊を出撃させた。自衛隊と在日米軍は迎撃態勢をしき、政府は憲法9条の解釈を変更して集団的自衛権の行使を宣言した。

このような事態を生じさせないため、日本がとるべき行動は何か?」との課題を提示。生徒からは軍事力や金銭で解決する意見が多く出されたが、教員は「徹底して戦争を回避する」という意見を評価。この日の発表で「武力を持たないことがいかに大切かということで授業を進めている」と説明した。

(割愛箇所有り、全文はソースにて御確認を)
ソース:http://sankei.jp.msn.com/life/news/140125/edc14012520470006-n1.htm
no title

no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(1)
2014/01/13 (月) 15:36  公務員(元も)   コメント(0)
1: 紅茶飲み(゚д゚) ◆MILKTEAwJUd. @紅茶飲み(゜д゜)φ ★ 2014/01/13(月) 14:49:00.63 ID:???0
立命館大学の講師が出席カードを書かせると同時にある物を配布して書かせているとして話題になっている。そのあるものとは朝鮮学校無償化の嘆願書である。

既に朝鮮学校無償化嘆願書のフォーマットは出来ており、そこに日付、所属大学名、名前、そしてメッセージなどを記入するだけとなっている。書かれた嘆願書は朝鮮学校差別に反対する在日朝鮮人大学生連絡会に送られる。この嘆願書を配布した講師は金友子(キムウジャ)という人物で立命館大学コリア研究センターの研究員。

出席カードと嘆願書は別の紙になっているようで、嘆願書に記載するかどうかは任意なようだが、書くか書かないかで講師が学生の立ち位置や意志を探ることが出来るのは事実である。今回のことが公になれば立命館だけでなく世間でも問題になりそうである。立命館大学側はこの件を把握しているのだろうか。

01.13 11:00
http://getnews.jp/archives/492416

画像:金友子(キムウジャ)講師、朝鮮学校無償化嘆願書
no title

スレ立て人補足: 金 友子 立命館大学・産業社会学部・講師
http://webcache.googleusercontent.com/search?q=cache:QM7kzAdcJ64J:www.ir.ryukoku.ac.jp/2006kouenkai.doc
no title

嘆願書の表面とされるもの
no title
>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)
2014/01/08 (水) 16:31  公務員(元も)   コメント(1)
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/08(水) 13:57:15.95 ID:???i
路上で女子高校生に抱きついたとして、大阪府警都島署は8日、府迷惑防止条例違反の疑いで、韓国籍で大阪市港湾局職員の姜匡成容疑者(25)を現行犯逮捕した。

都島署によると、姜容疑者は「ナンパしようと思った。女の子がおとなしかったから、調子に乗りすぎた」と容疑を認めている。

逮捕容疑は8日午前0時半ごろ、大阪市都島区にある京阪線の京橋駅近くの歩道で、府内に住む10代の女子高校生に背後から抱きつき、頭をなでるなどした疑い。

姜容疑者は友人と飲酒後、1人で帰宅する途中だった。通り掛かった兵庫県警川西署の巡査(27)が取り押さえた。

大阪市によると、姜容疑者は昨年4月に採用され、市が所有する埋め立て地の販売を担当。普段は物静かで、勤務態度はまじめだったとしている。市は「事実関係を確認し、処分を検討する」としている。(共同)

サンスポ 2014/1/8
http://www.sanspo.com/geino/news/20140108/tro14010812370003-n1.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(1)
2014/01/06 (月) 16:01  公務員(元も)   コメント(0)
1: そーきそばΦ ★ 2014/01/06(月) 10:46:50.06 ID:???0
☆★☆★2014年01月05日付

元日に外へ出てみてふと目を疑ったのは、日の丸が極端に少ないことだった。大震災で家そのものが少なくなったせいもあるにせよ、日本人の意識自体が大きく変化していることはまぎれもない。民族の精神的な紐帯が薄れていくその先には何が待ち受けているのだろうか

国旗、国歌に対する敬愛の念がもはや紙のように薄くなっている事実を抜きに冒頭の光景を論じることはできないが、では国のシンボルに対する意識が国民の間にすっかり根をおろすという事態が再び訪れることはあるだろうか、となると否定的にならざるを得ない。オリンピックはじめスポーツの国際大会で金メダルを取った時こそ掲揚され歌われても、それでおしまいという「冷遇」が改まるのは期待薄というものである

しかし祝日に日の丸を掲げてその意義を考え祝うという形式は、それが単なる形式にしろ社会構成に必要な精神的共通項を確認するという意味で、決して形式のみにはとどまるまい。だが、そのような価値判断は現代において等閑に付され、逆に国旗、国歌は軍国主義時代との関係で悪しき存在と扱われる思想が蔓延した

それはまさに日教組主導の民主化教育が成功した結果であり、事実、国旗、国歌に対するアレルギーをこれほど示す国民もあるまい。しかし国あってこその国民であり、そのシンボルに敬意を表すことになんの問題があるだろうか

日の丸を掲げると右翼とみなされる時代は過去とし、もっと素直に向かい合って何の不都合があろうかと考える次第。

ソース 東海新報
http://www.tohkaishimpo.com/
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)
2014/01/05 (日) 08:08  公務員(元も)   コメント(0)
1: 有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★ 2014/01/05(日) 01:29:18.07 ID:???0 BE:654783629-PLT(12069)
★海外修学旅行「それでも韓国」…国と国はぎくしゃくしても

■年間2万人で推移 高校生、教育効果も高く

歴史認識をめぐる韓日関係の悪化や円安という悪条件にもかかわらず、韓国を修学旅行先に選ぶ高校数はここ数年、それほど減っていない。海外の修学旅行先としては一貫して不動の1位だ。その理由として姉妹校の存在が大きい。見ず知らずの関係でも交歓会ですぐ友だちとなり、別れ際には抱き合い、涙を流し合う光景も珍しくない。ホームステイ先のホストファミリーからのおもてなしも忘れられない思い出となっている。

■姉妹校の存在、追風に 72年からスタート

財団法人日本修学旅行協会発行の「教育旅行年報」によれば、韓国への修学旅行は72年の宮崎第一高校(5月、47人)が初めて。同年10月には近江兄弟社高校からも91人が5泊6日の日程で韓国を訪れた。84年には福岡県立小倉商業高校が公立高校として初めて韓国への修学旅行を実施した。

87年9月には運輸省が日本の国際化時代に対応した「テン・ミリオン計画」を発表。5カ年計画で修学旅行を含めた海外旅行の倍増計画を打ち出したことで韓国への修学旅行も増えていった。ソウル五輪開催も追い風として働き、89年には3万人を超えた。

■一時4万人台も

韓国観光公社によれば90年代前半までは3万人台で推移。95年に初めて4万人の大台を超え、00年まで続いたが、09年の新型インフルエンザの流行などで落ち込んだ。

特筆すべきは「安い・近い・短い」と国内感覚で海外旅行ができること。「韓国旅行は危険」という最近目立つネガティブキャンペーンにもかかわらず、韓国への修学旅行実施校は微増傾向にある。公益財団法人全国修学旅行研究協会の調査報告によれば、10年度が141校1万8386人、11年度は167校2万1633人。12年度は2万1486人と横ばいだが、実施校そのものは172校に増えた。

リピーターが多いのも韓国修学旅行の特徴。特に学校間交流の長いところほど顕著になっている。韓国観光公社東京支社の金良佶次長も、「生徒どうし交流できることが韓国のいちばんの魅力」と話す。「たとえ1日だけでもお互いの文化を紹介しあい、交流することで友情が育つ。日本語が通じなくても英語は通じる。極端にいえばボディランゲージでもいい。意思疎通になんら問題はない。仲良しになって別れるときには必ず泣く」。

■さらなる交流を

金次長は「韓国はいちばん近い隣国。国際感覚を持つためにも韓国との青少年交流は大事」と強調した。「青少年交流が活発になれば、東北アジアの平和と安定につながる。ヘイトスピーチで若干の影響はあるものの、そんなに長くは続かないだろう。ましてや15年は韓日国交正常化から50周年の節目。隣国どうし、さらに理解を深めあおうというムードが高くなるはず」とみている。

今年からは「世界中にない韓国の魅力」を発信していく。その一つが分断国という現実から平和の尊さを学べる利点。韓国修学旅行生にはぜひ、統一展望台を訪れてほしいという。(後略、ソース参照)

民団新聞 2014-01-01
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=10&category=2&newsid=18393
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)

▼ 最新記事
(05/11) e

▼ RT ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。