2013/08/29 (木) 12:53  テレビ   コメント(0)
1: パイルドライバー(家) 2013/08/29(木) 10:14:29.49 ID:hYH9hZny0 BE:1365304673-PLT(12012) ポイント特典

本日(8月29日)発売の「週刊文春」(文藝春秋/9月5日号)が、賛否両論あるあのテレビの チャリティー番組が、「地球ではなく日本テレビを救った」と報じている。

8月24日から25日にかけて毎年恒例の『24時間テレビ 愛は地球を救う』(日本テレビ系)が放送された。 同番組をめぐっては、チャリティー番組にも関わらず出演するタレントにギャラが支払われていると度々指摘され、 チャリティーマラソンについても数々の疑惑がささやかれている。

先月発売された写真週刊誌「FLASH」(光文社/8月13日号)は、番組総製作費が4億2000万円で、CM収入の合計が22億2750万円だと報じ、注目の出演者のギャラについて、メインパーソナリティーを務めた嵐が5000万円、チャリティーマラソンを走った森三中の大島美幸が1000万円、パーソナリティーの上戸彩と総合司会の羽鳥慎一が500万円だと報じ、この問題に切り込んだ。

これに対し日本テレビは今月16日に、「一部報道とは違い、嵐のメンバーにはチャリTシャツのデザインを含め、24時間テレビのメインパーソナリティーを今年もボランティアで務めて頂いております」と全面否定。また2000年11月の放送倫理・番組向上機構で、日本テレビは「基本的にボランティアでお願いしております。しかし、拘束時間の長い方など、場合によっては謝礼という形でいくらかのお支払いをしております」と回答している。

ギャラ問題について文春の記事では、嵐のギャラについては言及していないものの、多くの出演者にギャラが発生しており、チャリティーマラソンのメンバーには準備期間や拘束時間を考え、毎年100~300万円程度支払われているとしている。

http://news.livedoor.com/article/detail/8009322/

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   テレビ   コメント(0)
2013/08/29 (木) 09:57  有識者・芸能人   コメント(0)
1: イス攻撃(WiMAX) 2013/08/29(木) 09:35:03.82 ID:osDDmpFzP BE:852250188-PLT(12872) ポイント特典
 
「誰かとどこかで」終了へ 永六輔さんのラジオ長寿番組

同じ人によるラジオ全国番組として最長寿の「永六輔の誰かとどこかで」(TBS系)
が9月で打ち切られ、46年余の歴史に終止符を打つことがわかった。
きょう29日の放送で、80歳になった永さんが明かす。

番組は1967年1月に始まった(当初は「どこか遠くへ」)。
月~金曜の10分番組で、永さんとアシスタントの
遠藤泰子さんが聴取者からの便りを読み、世相批評などを語ってきた。

同一人物が続けた番組として、
「秋山ちえ子の談話室」(TBS系)の1万2512回を超え、
9月27日で1万2629回になる。

http://www.asahi.com/culture/update/0829/TKY201308280542.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   有識者・芸能人   コメント(0)
2013/08/28 (水) 11:09  公務員(元も)   コメント(0)
1: 河津掛け(やわらか銀行) 2013/08/28(水) 09:36:53.50 ID:8S1/FftO0 BE:1743605647-PLT(12000) ポイント特典
no title

文部科学省は全国の小学6年生と中学3年生を対象に実施した2013年度
「全国学力・学習状況調査」(全国学力テスト)の結果を27日発表した。
(沖縄)県内の公立小学校の平均正答率は国語Aと算数Bが46位で最下位を
逃れたものの、国語Bと算数A、公立中学校は全ての科目で47位となり、
総合で07年の学力テスト実施以来6回連続の最下位だった。

 全国では秋田県が小学校全科目と中学校の国語A、Bで1位。中学校の数学
A、Bは福井県が1位だった。
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2013-08-27_53389

朝日
全国学力調査――ランキングから卒業を
http://www.asahi.com/paper/editorial.html?ref=com_gnavi#Edit1
http://megalodon.jp/2013-0828-0707-15/www.asahi.com/paper/editorial.html

そろそろ順位に一喜一憂するのは卒業したい。6回目になる全国学力調査の結果をみて、
そういう思いを深くする。毎度ランキングが注目を集めるが、実は都道府県の成績に
大差はない。ほとんどが平均点前後の狭い範囲に集中している。小学校も中学校も、
国語も算数・数学もそれは変わらない。しかも差は年々縮まっている。わずかな差しか
ないのなら、細かな順位の違いそのものにこだわることもない。いつも成績のよい県や、
ぐんと伸びた県の教え方を学んで手本にする。そちらに力を注ぎたい。

毎日
社説:学力テスト 少人数指導で向上図れ
http://mainichi.jp/opinion/news/20130828k0000m070124000c.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)
2013/08/28 (水) 10:51  テレビ   コメント(0)
1: ジャンピングエルボーアタック(SB-iPhone) 2013/08/28(水) 07:01:10.36 ID:TxLRlLONi BE:542481833-PLT(12001) ポイント特典
no title

2: アトミックドロップ(空) 2013/08/28(水) 07:03:28.15 ID:UEbVc0cU0
>>1
出典がある以上、そっちをまず全力だな
公共機関っぽいし

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   テレビ   コメント(0)
2013/08/28 (水) 01:44  公務員(元も)   コメント(0)
1: カーフブランディング(新疆ウイグル自治区) 2013/08/27(火) 23:15:07.48 ID:H7Hsc6Cp0 BE:2038281757-PLT(12350) ポイント特典

本当に読んでから批判してる!?「はだしのゲン」問題を批判する新聞社はこの残虐シーンを紙面に載せられますか

高橋 洋一
はだしのゲンは第1部と第2部で雰囲気が違う 問題なのは第2部で、共産党や日教組の機関紙に連載された

漫画「はだしのゲン」が問題になっている。松江市教育委員会が「はだしのゲン」を市内の小・中学校の図書室で子どもが 自由に読むことができなくするよう学校側に求めていたことについて、朝日新聞など全国紙が社説で批判しているのだ。

その批判の論拠として、「はだしのゲン」が各国で翻訳されていること、過度な規制が表現の自由の侵害にもなることをあげている。

筆者も時間がたっぷりある夏休みの中、「はだしのゲン」を読んでみた。漫画は書庫のスペースを食うのであまり歓迎ではないのが、今は電子ブックがあるのでその心配も無用だ。

それにしても、新聞の社説で批判している論説委員の方々は、ほんとうに「はだしのゲン」を読んだのだろうか、読んでいるうちに心配になってきた。

■少年誌連載だった第1部はすばらしかったが

そもそも松江市教育委員会の対応の発端は、昨年8月、市民から「はだしのゲン」の後半に、資料の引用なしでの残忍な描写箇所があり、誤った歴史認識を子供に植え付けると、学校の図書室から撤去を求める陳情があったことだ。実際に現物を読むと、私もちょっと唸ってしまう箇所があった

「はだしのゲン」は、第1部と第2部にわかれている。

第1部は感動ものだ。原爆投下前後と終戦後の動乱を描いており、ややグロテスクな絵もあるが、戦争の悲惨さがわかる。 筆者は中学生の修学旅行ではじめて広島平和記念資料館を訪れて驚いた。修学旅行では見学時間が少なかったので、 以降広島に行くたびに何度も行っている。「はだしのゲン」の第1部はその導入にもいいだろう。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/36798

つづく

3: カーフブランディング(新疆ウイグル自治区) 2013/08/27(火) 23:15:50.09 ID:H7Hsc6Cp0 BE:2038281757-PLT(12350)
>>1の続き

一方、第2部になると、ちょっと雰囲気が違ってくる。率直にいえばやや説教臭いのだ。天皇の戦争責任にやたらに言及したり、 いろいろな不満をすべて戦争のせいにしたりする。

なぜかといえば、漫画の連載誌が異なっているからだ。

第1部は商業漫画誌「少年ジャンプ」に掲載された。しかし第2部は、掲載時期はそれぞれ異なるが、左派系オピニオン雑誌「市民」、 日本共産党機関誌「文化評論」、日教組機関紙「教育評論」にわたっている。要するに、第1部は子供も読む漫画誌の連載だが、
第2部は一部政党色の強い大人だけが読む機関誌が舞台だったのだ。

掲載誌の読者が大きく異なる上に、担当編集者の考えも違うだろう。「はだしのゲン」の作者が編集者の意向あわせるとはいわないが、 当然、対象読者向けになってしまうだろう。その違いが、第1部と第2部の間の差になっているのだ。

朝日新聞など全国紙が展開している批判についていえば、「はだしのゲン」はすでに出版されているのだから、 表現の自由は確保されていることは明らかだ。それと小中学校の図書室において教育教材とすることの是非は区別すべきである。

「はだしのゲン」の第1部はすばらしい。しかし、第2部には、小中学生に対する教育教材には疑問と思える記述もある。
その漫画中のセリフと描写を抜き出すと以下の通りだ。
no title

はだしのゲン7 Kindle版(中沢啓治)中央公論新社150ページより

「首をおもしろ半分に切り落したり」、

「銃剣術の的にしたり」、

「妊婦の腹を切りさいて中の赤ん坊をひっぱり出したり」、

「女性の性器の中に一升ビンがどれだけ入るかたたきこんで骨盤をくだいて殺したり」

5: カーフブランディング(新疆ウイグル自治区) 2013/08/27(火) 23:16:40.17 ID:H7Hsc6Cp0 BE:698839643-PLT(12350)
>>3のつづき

漫画なので当然なのかもしれないが、こうした描写が旧日本軍による蛮行としてなんの出典も示さずに描かれている。

これらのセリフと描写についても賛否はあるだろう。ただし、上のセリフと描写を社説で松江市教育委員会を批判している新聞は自社の紙面に掲載できるだろうか。とてもできないだろう。朝日新聞など全国紙の社説では、こうした点がまったく言及されていない。 テレビもこの描写は放映できないだろう。映画化だって、R18でなければとても無理だろう。

こうした事情を考えると、「はだしのゲン」は第1部だけを小中学校の図書室で自由に読めるようにするとのいうのも一案だろう。

■中央集権的な発想の新聞

ただし、もっとも重要なことは松江市市民がどう思うかだ。はっきりいえば、松江市に住んでおらず、子供が市内の小・中学校に通っていない人があれこれいうべきでない。それが地方自治だ。住民がどのような決定をしても、それは住民の問題であって、他の地域の住民の問題でない。

マスコミの社説には、地方自治の観点がまったく抜けている。日本のマスコミは強烈な中央集権である。新聞、テレビはほとんどが中央のコピーになっている。松江市教育委員会という地方の一事件を取り上げて、全国すべてでこうした対応は悪という批判を展開している。

しかし、それはやり過ぎだろう。地方に任せてみたらいい。松江市教育委員会も、マスコミの意見より市民の意見をよく聞いて、自信をもって判断すればいい。

下村博文文部科学大臣は、「はだしのゲン」について、「子どもの発達段階に応じた教育的配慮の必要性があり、それぞれの自治体の判断だ」と述べた。これは地方自治の観点から当たり前だ。そして、それぞれの地方でいろいろな判断があってもいい。

依頼
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1377402760/197-199

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)
2013/08/27 (火) 10:07  公務員(元も)   コメント(0)
1: 結構きれいなもろきみφ ★ 2013/08/24(土) 17:28:43.89 ID:???
貴重ということばを辞書で引いてみると、「きわめて大切なこと」や「とうとび重んじること」とある。原爆投下後の広島で暴力的に生きる少年たちを描いた漫画「はだしのゲン」をいくつかの新聞は、「貴重な作品」と評していてびっくりした。たぶん辞書を引くのをお忘れになったのだろう。

 ▼ゲンは昭和48年、少年ジャンプで連載が開始された。当時抄子は、なけなしの小遣いをはたいてジャンプを毎週買っていたが、「ど根性ガエル」は覚えていてもこの作品は、ほとんど記憶がない。同誌名物の読者アンケートでも下位を低迷していた。

 ▼同じ作者の手による「反原爆」漫画でも、大阪万博の年に発表された「ある日突然に」の方が、被爆2世とその父の哀切を描いて完成度が高かった。にもかかわらず、ゲンが全国津々浦々の学校に置かれるようになったのはなぜか。

 ▼ジャンプで連載が打ち切られると、ゲンは、日本共産党系雑誌に、そこも打ち切られると日教組系雑誌に掲載された。根拠のない日本軍の“蛮行”や昭和天皇への呪詛(じゅそ)がてんこ盛りになったのもこのころである。

 ▼親の知らぬ間に、「平和教育」の美名の下に教師たちが、グロテスクな「反天皇制」漫画を喜々として図書室や教室に置いていったこと自体がおかしい。松江市教育委員会は、教師の許可を得てから閲覧させるよう市立小中学校に指示したが、当たり前で遅すぎるくらいである。

 ▼同時代にジャンプでヒットした永井豪の「ハレンチ学園」は、ついぞ小学校の図書館に置かれなかったが、誰も言論抑圧とは言わなかった。ふだんは漫画を下に見ているのに、ゲンだけを特別扱いにする教師や新聞には、何か別の意図があると疑ってかかった方がいい。

ソース(MSN産経ニュース、8/24付 「産経抄」) http://sankei.jp.msn.com/life/news/130824/edc13082403570000-n1.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)
2013/08/27 (火) 09:34  法案   コメント(0)
1: みおまーんφ ★ 2013/08/26(月) 05:47:22.09 ID:???0
9条 世界にアピールを スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫さん

平和ぼけですね。想像力に欠けているわけでしょ。
安倍さんなんかはね、年が若いのになぜああいうことを考えるのか、
ちょっとピンときません。

もう少し上の世代だったら分かる気もするんですが。
やり方を間違えたから日本は負けた。間違えなかったら勝っていた。
そう考える、ある年齢の人たちがいるのを僕は知っていますしね。

やっぱり「三分の二」じゃなくちゃいけないんじゃないですか。
そんな大事なことを決めるのに、「二分の一」じゃだめですよね。
それをやっておいて、将来、何になるかっていう問題でしょ。やめてほしいですよね。

そもそもいま憲法改正に、みんな、そんなに興味あるんですかねえ。そうじゃないでしょ。
そんなことより、自分たちの生活をどうするんだってことの方が大変で。だから、
僕は、政治家の独りよがりだと思っています。

僕、日本が憲法九条を持っているって、海外の人はほとんど知らないと思う。
だって自衛隊があるしね。 そっちを知っているわけでしょう。
だから日本が世界にアピールするとしたら、九条ですよね。
これだけの平和は、九条がなければあり得なかったわけですから。
僕はあってよかったって立場だし、たぶん宮さんもそうなんじゃないかと思います。

日本には美しい森林もある。自分の国は自分で守るという考え方もあるでしょうが、
平和憲法を持ち、森と水がきれいな国をね、 みんな侵せますか。
そこへ侵略する国があったら、世界の非難を受ける時代でしょ。
現代って、一国の暴走に世論がブレーキをかける時代なんです。

宮さんや僕が尊敬する作家の堀田善衛さんが、こんなことを言ったことがあるんです。
「人間の歴史は、殺し合いだ」って。その殺し合いが、
だんだん残虐になったのが歴史だと。最初は宗教をめぐる争いで、
あるときから国家同士の争いになった。

人間というのはそういうことをするもんだなあっていうのが、実際にあるわけですが、
その中でね、やっとたどり着いたわけでしょ、この平和憲法に。すごい理想主義でしょ。

人間がそこまできたってのは、すごいこと。僕はそう思いますけどね。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kenpouto/list/CK2013050902000173.html?ref=rank

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング