2013/08/22 (木) 15:07  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 毒霧(愛知県) 2013/08/22(木) 13:39:06.76 ID:5bvOrg1c0● BE:1227172829-PLT(12100) ポイント特典
岸田外相「日本企業の賠償は不要」

岸田文雄外相が21日、韓国人被害者に対する日本企業の個別賠償は必要ないとの考えを示した。 岸田外相は同日の記者会見で、韓国の高裁が新日鉄住金(旧・日本製鉄)に対し、強制徴用被害者への賠償を命じた問題について 「新日鉄住金などの民間企業と連絡を取り合い、日本政府の一貫した立場に基づき対処すべきだと思う」と述べた。

1965年の韓日請求権協定により解決済みのため、個別企業による賠償は不要だとの考えを示したものだ。

朝鮮日報 2013/8/22
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/08/22/2013082201167.html

外相 徴用工請求権は解決済み
NHK 2013/8/21
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130821/k10013929731000.html

<関連>
【速報】 新日鉄住金、韓国に賠償しないことを表明! 各メディアの捏造報道も指摘
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1376897523/

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/08/22 (木) 13:09  公務員(元も)   コメント(0)
1: 有明省吾 ◆BAKA1DJoEI @有明省吾ρ ★ 2013/08/22(木) 10:05:58.34 ID:???0 BE:1636956195-PLT(12069)
★木語:「終戦の日」の主人公=金子秀敏

<moku?go>

8月15日の「終戦の日」について京都大学の佐伯啓思(さえきけいし)教授が産経新聞にこう書いていた。

「一体何を記念した日なのであろうか」「『被占領記念日』などというわけにもいくまい。しかし事実はそうなのである」(8月19日朝刊「事実隠す終戦『記念日』」)

実は、不肖私も「終戦」について米国映画「終戦のエンペラー」を見て別の感想を持った。 マッカーサー連合軍最高司令官が日本に向かう飛行機の中で幕僚、フェラーズ准将を呼ぶ冒頭のシーンだ。 「到着後、日本軍の攻撃を受けないか」と聞くと日本通のフェラーズが答える。「天皇が日本人に『戦争を終わらせる』と命令したのです。日本人は従います」 安心したマッカーサーは武器を持たずコーンパイプを手に悠然と機外に出た??。

はたとわが誤解に気がついた。「終戦の日」とは「天皇が戦争を終わらせる命令を下した日」のことであって、「戦争が終わった日」ではなかったのだ。 「終戦」という単語を漢文式に読めば「戦(いくさ)を終わらせる」だ。この場合の「終」は動詞だから裏に行為の主体がひそんでいる。 旧憲法では戦争の権限は天皇の大権だから、それが誰かは言うまでもない。

「終戦の日」は、なにより「終戦の詔勅(しょうちょく)」を下した昭和天皇の記念日であり、その結果、戦争動員体制から解放された日本国民の記念日でもある。

こう考えると、終戦の日になにを記念するのかは明白だろう。戦争から国民を自由にした詔勅である。 ひいては再び国民が戦争に動員される事態が起きないよう祈る日だ。勝ち負けとは別の問題だ。 この日、全国戦没者追悼式に天皇、皇后両陛下が臨席される道理も納得できる。

ちなみに中国語の新聞は「戦敗日(チャンパイリー)」と書いた。「戦争が敗北した日」の意味だ。 一方、韓国の新聞は語順が逆で「ペー・チョン・イル(敗戦日)」と書いていた。両国とも「終」の字はない。
>>2-3へ続く)

毎日新聞 2013年08月22日 東京朝刊
http://mainichi.jp/opinion/news/20130822ddm003070124000c.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0) | トラックバック(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング