2013/08/27 (火) 10:07  公務員(元も)   コメント(0)
1: 結構きれいなもろきみφ ★ 2013/08/24(土) 17:28:43.89 ID:???
貴重ということばを辞書で引いてみると、「きわめて大切なこと」や「とうとび重んじること」とある。原爆投下後の広島で暴力的に生きる少年たちを描いた漫画「はだしのゲン」をいくつかの新聞は、「貴重な作品」と評していてびっくりした。たぶん辞書を引くのをお忘れになったのだろう。

 ▼ゲンは昭和48年、少年ジャンプで連載が開始された。当時抄子は、なけなしの小遣いをはたいてジャンプを毎週買っていたが、「ど根性ガエル」は覚えていてもこの作品は、ほとんど記憶がない。同誌名物の読者アンケートでも下位を低迷していた。

 ▼同じ作者の手による「反原爆」漫画でも、大阪万博の年に発表された「ある日突然に」の方が、被爆2世とその父の哀切を描いて完成度が高かった。にもかかわらず、ゲンが全国津々浦々の学校に置かれるようになったのはなぜか。

 ▼ジャンプで連載が打ち切られると、ゲンは、日本共産党系雑誌に、そこも打ち切られると日教組系雑誌に掲載された。根拠のない日本軍の“蛮行”や昭和天皇への呪詛(じゅそ)がてんこ盛りになったのもこのころである。

 ▼親の知らぬ間に、「平和教育」の美名の下に教師たちが、グロテスクな「反天皇制」漫画を喜々として図書室や教室に置いていったこと自体がおかしい。松江市教育委員会は、教師の許可を得てから閲覧させるよう市立小中学校に指示したが、当たり前で遅すぎるくらいである。

 ▼同時代にジャンプでヒットした永井豪の「ハレンチ学園」は、ついぞ小学校の図書館に置かれなかったが、誰も言論抑圧とは言わなかった。ふだんは漫画を下に見ているのに、ゲンだけを特別扱いにする教師や新聞には、何か別の意図があると疑ってかかった方がいい。

ソース(MSN産経ニュース、8/24付 「産経抄」) http://sankei.jp.msn.com/life/news/130824/edc13082403570000-n1.htm

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)
2013/08/27 (火) 09:34  法案   コメント(0)
1: みおまーんφ ★ 2013/08/26(月) 05:47:22.09 ID:???0
9条 世界にアピールを スタジオジブリプロデューサー・鈴木敏夫さん

平和ぼけですね。想像力に欠けているわけでしょ。
安倍さんなんかはね、年が若いのになぜああいうことを考えるのか、
ちょっとピンときません。

もう少し上の世代だったら分かる気もするんですが。
やり方を間違えたから日本は負けた。間違えなかったら勝っていた。
そう考える、ある年齢の人たちがいるのを僕は知っていますしね。

やっぱり「三分の二」じゃなくちゃいけないんじゃないですか。
そんな大事なことを決めるのに、「二分の一」じゃだめですよね。
それをやっておいて、将来、何になるかっていう問題でしょ。やめてほしいですよね。

そもそもいま憲法改正に、みんな、そんなに興味あるんですかねえ。そうじゃないでしょ。
そんなことより、自分たちの生活をどうするんだってことの方が大変で。だから、
僕は、政治家の独りよがりだと思っています。

僕、日本が憲法九条を持っているって、海外の人はほとんど知らないと思う。
だって自衛隊があるしね。 そっちを知っているわけでしょう。
だから日本が世界にアピールするとしたら、九条ですよね。
これだけの平和は、九条がなければあり得なかったわけですから。
僕はあってよかったって立場だし、たぶん宮さんもそうなんじゃないかと思います。

日本には美しい森林もある。自分の国は自分で守るという考え方もあるでしょうが、
平和憲法を持ち、森と水がきれいな国をね、 みんな侵せますか。
そこへ侵略する国があったら、世界の非難を受ける時代でしょ。
現代って、一国の暴走に世論がブレーキをかける時代なんです。

宮さんや僕が尊敬する作家の堀田善衛さんが、こんなことを言ったことがあるんです。
「人間の歴史は、殺し合いだ」って。その殺し合いが、
だんだん残虐になったのが歴史だと。最初は宗教をめぐる争いで、
あるときから国家同士の争いになった。

人間というのはそういうことをするもんだなあっていうのが、実際にあるわけですが、
その中でね、やっとたどり着いたわけでしょ、この平和憲法に。すごい理想主義でしょ。

人間がそこまできたってのは、すごいこと。僕はそう思いますけどね。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/kenpouto/list/CK2013050902000173.html?ref=rank

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング