2013/09/21 (土) 19:43  朝日新聞   コメント(0)
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2013/09/21(土) 17:52:11.67 ID:???0

歌い手が録音に合わせて口だけ動かす。俗にいう「口パク」である。オバマ大統領の2期目の就任式で、歌手のビヨンセさんが披露した米国歌がそうだった。北京五輪の開会式での「天使の歌声」もそうだった。音楽業界では珍しくないらしいが、それが学校の入学式や卒業式という場であったらどうだろうか

▼大阪府教委が府立高校に通知を出した。式で君が代を斉唱する時、教職員が本当に歌っているかどうか、「目視」で確認せよ、と。去年、府立和泉高で校長が教員の口の動きを監視させ、物議を醸した。その校長が教育長になり、全校に広げる

▼式場で教頭らが目を光らせ、歌っていない者がいたら、名前を府教委に報告する。判断の基準は形式的な「口元チェック」ではなく、「公務員として誠意ある態度かどうか」だという。漠然とした話だ

▼例えば「感極まって歌えなかった」場合は目こぼしになるかも知れないという。そんなことまで考える情熱があるなら他のことに注いではと思う。自主性が大切と普段から説いてきた先生が、信念を封じて口パクをする。想像したくない光景だ

▼起立斉唱を義務づける条例がある以上、守るのは当然と考える人も少なくないだろう。だが、君が代をどう考えるか、歌うかどうかは個人の思想・良心の自由にかかわる。最高裁も去年の判決で教員へのいきすぎた処分に釘を刺している

▼先生がお互いに監視しあう。教育の場が荒廃しないか。多感な生徒の心に暗い影を落とさないか。

ソース:http://www.asahi.com/paper/column.html?ref=com_gnavi

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(0)
2013/09/21 (土) 18:41  在日韓国・朝鮮人   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/09/21(土) 17:15:38.04 ID:???

在日韓国・朝鮮人1世の実情を知ってもらおうと市民団体「チマ・チョゴリ友の会」が21、22日、八王子市いちょうホールで写真展「在日一世と家族の肖像」を開く。入場無料。 松野哲二代表は「ヘイトスピーチ問題などで日韓関係は悪化しているが、こうした時にこそ、在日1世がどんな風に苦労しながら生きてきたのか知ってほしい」と話している。

友の会は在日韓国・朝鮮人の子供たちへの偏見をなくそうと約15年前に発足。48人に取材して、日本に来た経緯やその後の生活などを聞き取ってきた。展覧会では写真500点で80人を紹介し、太平洋戦争末期に旧陸軍の計画で掘られた国内最大級の浅川地下壕(ごう)(同市初沢町)をテーマにしたパネル展示も。地下壕掘削工事は、本土決戦に備えるため1944年9月から終戦の45年8月15日まで続けられ、朝鮮人労働者約2000人が動員されたという。【林奈緒美】

http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20130921ddlk13040279000c.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   在日韓国・朝鮮人   コメント(0)
2013/09/21 (土) 09:37  団体   コメント(0)
1: 諸星カーくんφ ★ 2013/09/21(土) 01:16:16.51 ID:???0

ソース(西日本新聞) http://www.nishinippon.co.jp/nnp/nagasaki/article/40996

写真=加藤豊教授(手前)の指導を受けながら練習に励む団員たち
no title

写真=長崎公演への意気込みを語る作曲家の池辺晋一郎氏
no title


旧日本軍の防疫研究機関731部隊を題材にした混声合唱組曲「悪魔の飽食」全国縦断コンサートの長崎公演が29日、長崎市茂里町の長崎ブリックホールで開かれる。全国から集まった合唱愛好家約350人でつくる市民合唱団には県内からも約90人が参加し、被爆地長崎から歌に込められた平和への思いを発信する。

14日に長崎市内であった練習会には約70人が参加し、活水女子大音楽学部の加藤豊教授の指導で約2時間、練習に打ち込んだ。公募で集められた団員たちは1月から月2回以上の練習に取り組んできた。団員の長崎市の森川恵美子さん(67)は「長く歌詞に
残酷な表現もあるので非常に難しい歌だが、戦争を知らない若い人に聞いてほしい」と意気込む。

組曲「悪魔の飽食」の元になったのは第2次世界大戦中に捕虜などを「マルタ」と呼んで、細菌や毒ガスなどの人体実験で殺していたとされる731部隊の内情を告発し、ベストセラーとなった小説家森村誠一氏の同名の著作。1984年に作曲家の池辺晋一郎氏が、本の内容を詩にまとめて曲をつけた。「永遠の不戦」と「科学を悪用させない」という誓いが込められている。

全7楽章からなり、第1~6楽章では731部隊隊員の狂気や人体実験の犠牲となった中国人男性が離ればなれとなった一人娘に寄せる思い、毒ガス実験で殺されるロシア人親子を観察した隊員の晩年の心情などを物語仕立てで細かい情景描写も交えながら歌い、最終楽章では平和と未来への希望を訴えている。長崎公演で、指揮する池辺氏は「戦争には被害と加害の歴史がある。お客さんには過去を告発する勇気、あったことはきちんと語り継いでいく勇気に共感してほしい」と話す。

これまで、国内で広く歌われ、中国など海外でも日本の合唱団による公演が開かれている。1995年から始まった「全国縦断コンサート」は今回で24回目、長崎では初めての開催となるが、長崎公演の実行委員長を務める県保険医協会の本田孝也会長は「被爆地である長崎から平和を祈ることに意味がある」と、長崎でコンサートを開く意義を強調する。

「人体実験の犠牲となった子どもにも、被爆した子どもにも何の罪もなかったはずだ」と話すのは被爆者の徳田静暁さん(77)。10歳の時に爆心地から約1・5キロの自宅で被爆した。人体実験の犠牲になったとされるぼろぼろの衣服をまとった子どもたちの写真を見た際、貧しく着るものも食べるものもなかった自分の少年時代と重なって涙があふれた。「戦争を二度と起こしてはならないという思いを込めて歌う」

伝えられる731部隊の活動については近年、歴史的裏付けが弱いなど内容を疑問視する声もある。

 コンサートは午後2時開演で、森村氏と池辺氏の対談などもある。全席自由席で、2500円(当日500円増)で浜屋プレイガイドなどで販売。6歳以下無料。同合唱団事務局。

(※問い合わせ先省略。ソース元でご確認下さい)

混成合唱組曲「悪魔の飽食」
http://www2.nim.co.jp/731/

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   団体   コメント(0)
2013/09/21 (土) 01:25  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 河津落とし(愛知県) 2013/09/20(金) 21:40:24.87 ID:L3+31ckE0 BE:1840757393-PLT(12100) ポイント特典

新大久保は下落、中華街はアップ 基準地価の明暗

土地取引が本格的に動き出した。アベノミクスを追い風に不動産投資が活発化。このほど公表された国土交通省の都道府県地価(基準地価、7月1日時点)では、三大都市圏(東京、大阪、名古屋)の商業地が前年比プラスの0・6%と5年ぶりに上昇した。大都市の回復傾向が鮮明となる一方で、ブームが弾けた韓流の街は下落し、アクセスしやすくなった日本最大の横浜中華街は堅調。

昨年8月に韓国の李明博大統領(当時)が島根県の竹島に上陸して以降、日韓関係が険悪化。反韓感情に火が付き、新大久保周辺ではヘイトスピーチ(増悪発言)のデモなどが行われるようになった。「以前は韓流ファンでごった返していたのにあの一件(竹島上陸)以来、売り上げが半減した」(新大久保の店主)。ブームが弾け、土地取引が萎んだのが影響した。

<画像>
NHK7時のトップニュースなど
no title


詳細 ZAKZAK 2013/9/20
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20130920/dms1309201539016-n1.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2013/09/21 (土) 01:06  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 蚯蚓φ ★ 2013/09/20(金) 23:12:59.02 ID:???
no title

no title

no title

▲写真は別ソース(SBSニュ-スと聯合ニュース)

[アジア経済]「私たちは日本軍の奴隷だった」秋夕(チュソク)連休が始まった18日。雨が降るフランス、パリのシャイヨー宮前で韓国ハルモニの声が鳴り響いた。韓国語を理解できないヨーロッパ人と観光客の注目を少しの間でもつかむため、老駆を導いてフランスまで渡ってきたハルモニの執念は広場を越えて全世界に広まった。

去る1992年1月8日、駐韓日本大使館前で始まった慰安婦被害ハルモニらの水曜集会がフランスでも開かれた。20年以上続いてきた水曜集会は日本を含む米国、台湾、インドネシアなどで行われたことはあるがフランスで開かれたのは今回が初めてだ。

慰安婦被害ハルモニらを代表して証言者になったキム・ボクトン、ハルモニ(88)は「朝鮮戦争当時日本軍に無惨に踏みにじられて悔しい思いをさせられた。日本が誤りを悔いて慰安婦被害者の問題を解決できるように助けて」と話した。

集会には韓国挺身隊問題対策協議会(挺隊協)関係者とフランス女性団体、海外同胞など100人余りが参加した。ソーシャルネットワークサービス(SNS)でもハルモニらを応援して参加を促す文が広がった。ツイッターID@SPA*****、@acc*****など市民らは「歴史的なフランス、パリ水曜集会が開かれた。一日も早く日本の謝罪を受けられるよう願う」と応援文を掲載した。

集会に先立ちハルモニら会ったフランス女性団体代表らは「共同宣言と共にフランス上下院決議採択のため議員と政府の協力を引き出す」という立場を伝えた。挺隊協関係者は「フランス女性および人権団体を通じて国連とヨーロッパ連帯会議などに被害状況をもっと多く知らせられるよう協力を要請して問題解決に向けた共同対応に、一層積極的に乗り出す予定。今回の集会が慰安婦問題など戦時性暴行被害者の人権回復を達成するための基礎になることを期待する」と話した。
(後略)

社会文化部イ・ヘヨン記者

ソース:アジア経済(韓国語) フランスで鳴り響いた絶叫・・"日本は謝りなさい"
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2013092012432151429

関連スレ:【慰安婦】従軍慰安婦の水曜集会、フランスのパリで初めて開催へ[09/18]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1379491912/

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング