2013/10/10 (木) 20:33  歴史   コメント(0)
1: うっしぃじま悪い肉φ ★ 2013/10/10(木) 10:47:01.84 ID:???

★【時流自流】報道写真家・福島菊次郎さん、嘘で始まった戦後

(中略)

■危機
では、「戦後レジーム(体制)の脱却」を掲げる戦後生まれの宰相、
安倍晋三首相はどう映るのか。
「いよいよ本格的な危機が迫っているという恐怖感がある」

アジアへの侵略を否定するかのような歴史観、憲法の改正、
あるいは解釈変更によって、地球の裏側で戦争に加わる道を開く
集団的自衛権の行使容認への執着。

「アジア諸国は日本に必ず復讐(ふくしゅう)をする。
だって戦争の反省なんかしていないでしょ。

悪いことをしたことをみんな忘れているでしょ」。
足を踏んだ側は忘れても、踏まれた側は忘れない。
武力によるものとは限らない復讐は、
孤立という形ですでに始まっているかもしれない。

菊次郎さんは絶望を語るのをやめない。
「日本はいっぺんやられないと分からないかもしれない。
いや、2度、3度やられないと駄目か。
あれだけ大負けしても分からなかったのだから」。
では、どうしたらよかったのか。


(中略)

●ふくしま・きくじろう 1921年、山口県生まれ。46年に広島で被爆者の撮影を始め、 60年に発表した「ピカドン ある原爆被災者の記録」で日本写真批評家協会賞特別賞を受賞した。安保闘争や東大安田講堂攻防戦、あさま山荘事件など、戦後史の現場に立ち続け、成果は「戦争がはじまる」など13冊の写真集として結実した。

全文は≫カナロコ http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1309290012/

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   歴史   コメント(0)
2013/10/10 (木) 19:41  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2013/10/10(木) 17:49:08.46 ID:???0

▼旧日本軍がインドネシアの捕虜収容所から
オランダ人女性を強制連行して慰安婦とした事件の公的資料が国立公文書館で
開示されたという共同通信のニュースが本紙はじめ全国の地方紙に掲載され、
全国紙も追ったが、従軍慰安婦問題の火付け役とされる朝日新聞が
黙殺したようなのはおもしろかった

▼当て付けのように、野田政権が韓国との間で決着寸前に
解散で頓挫したという記事を載せている。
「もしも」を言い出したら切りがないが、問題をこじれさせたのは
野田政権という見方もある。共感するものがあったか。
公開資料の核となるオランダによるバタビア臨時軍法会議(BC級戦犯法廷)の
記録は、朝日新聞も二十年前に報じている。なにを今さら、ということか

▼共同電も「存在と内容の骨子は知られていたが、
詳細な記述が明らかになるのは初めて」。
何が「初めて」かの線引きが分かりにくいが、
裁判後の聞き取りで、将校が慰安婦の承諾書を取るのに
「若干の人々に多少の強制はあった」と認めていることか

▼志願の建前がなぜ強制になったかは不明のまま。
開業二カ月未満で慰安所は閉鎖されたが、
抑留者の親が陸軍省大佐に直訴したためというのがオランダ政府報告。
慰安所からの悲鳴の通報で軍政監部本部が閉鎖を命じたという同
本部大尉の証言もある。軍と強制との関わりに新事実はあるのだろうか

▼報道は、河野談話の「裏資料」だとして、別に「補強資料次々」の記事もあるが、
河野談話そのものは日韓妥協の産物といわれる。「裏資料」や「補強資料」で、
その意味が変わるものでもない。

ソース:http://www.isenp.co.jp/taikan/taikans.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/10/10 (木) 12:48  生活保護   コメント(0)
1: そーきそばΦ ★ 2013/10/10(木) 10:50:31.40 ID:???0

生活保護受給者が増え続ける中、8月からの生活保護費引き下げに反発し、
減額しないよう都道府県に審査請求するケースが、全国で相次いでいる。

支援団体が請求を呼び掛けた9月、本県では3件の審査請求があった。
このうち宇都宮市の男性(69)は「生活はぎりぎり。額を元に戻してほしい」と訴えた。


減額されたのは、生活保護費の中で日常生活に充てる「生活扶助」の基準額。
近年の物価下落などを加味して、2014、15年度にも段階的に引き下げられ、
最終的に計6・5%、国全体で670億円の削減となる。

男性は今回、月で1400円ほど下がった。
生活扶助は障害者加算を含め約11万円。
保護費内で別に負担される家賃と医療費を除く食費や光熱費を、
この中から払っている。

来年4月には消費増税も控える。「千数百円といっても私らには大きい。
誰かが声を上げないと、と思った」。男性は絞り出すように話した。


ソース 下野新聞
http://www.shimotsuke.co.jp/category/life/welfare/medical/news/20131010/1377026

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   生活保護   コメント(0)
2013/10/10 (木) 07:26  新聞   コメント(0)
1: そーきそばΦ ★ 2013/10/10(木) 00:31:28.26 ID:???0

行為と発言内容から当然の判決だ。
人種差別との司法判断を関係者は重く受け止めなければならない。

京都市の朝鮮学校周辺の街宣活動で行われた
ヘイトスピーチ(憎悪表現)と呼ばれる差別的発言をめぐり、京都地裁は、
違法性を認め、「人種差別撤廃条約が禁じる人種差別に当たる」とした。

ヘイトスピーチそのものの違法性を認めた判決は初めてという。

東京・新大久保などで在日韓国・朝鮮人を標的に
「朝鮮人を殺せ」などと叫ぶ人々のデモが社会問題化している。
国際的にもわが国の人権意識が問われるゆゆしき事態だ。

発言内容によっては表現の自由の範囲を超え、違法となる。
司法の警告にデモ参加者は自省してほしい。

学校法人京都朝鮮学園が「在日特権を許さない市民の会」(在特会)
などを相手取った訴訟で京都地裁は約1200万円の賠償を命じた。

(中略)

在特会は在日韓国・朝鮮人の「特権」を言うが、
特別永住資格などには歴史的経緯がある。
朝鮮半島の植民地支配を含め、
子どもたちに歴史をきちんと教えなければならない。

事実に基づき、冷静に議論する。相手の立場を尊重する。
民主主義社会の成熟に向けた歩みを進めたい。

ソース 北海道新聞 憎悪表現判決 人種差別の指摘は重い(10月9日)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/496904.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   新聞   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング