2013/10/16 (水) 21:01  新聞   コメント(0)
1: そーきそばΦ ★ 2013/10/16(水) 15:17:51.08 ID:???0

第66回新聞大会(日本新聞協会主催)が16日、
鹿児島市の市民文化ホールで始まった。
2014年4月の消費税率引き上げ時に、
新聞は現行通り5%に据え置くよう求める
「新聞への軽減税率を求める特別決議」
を大会決議とは別に採択した。


特別決議は「新聞は知識を安価に提供しており、
民主社会の必需品」としたうえで「読者、国民の理解を得られるよう、
新聞人は、知る権利の担い手として役割を果たす」と決意を述べている。

大会では、今年度の新聞協会賞7件の表彰式もあり、
市民と新聞との交流拠点として、新聞社としては全国初の常
設カフェを開設した下野新聞社が経営・業務部門で表彰される。

毎日新聞など全国紙、地方紙計5社の社長による
「消費税8%を乗り越える新聞経営協調と競争」と
題したパネルディスカッションなどもある。【奥田伸一】

毎日新聞 10月16日(水)14時36分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000057-mai-soci

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   新聞   コメント(0)
2013/10/16 (水) 20:46  経済・企業・実業家   コメント(0)
1: そーきそばΦ ★ 2013/10/16(水) 17:16:51.13 ID:???0

イオンは16日、産地偽装米をめぐる「週刊文春」の報道で
名誉が毀損(きそん)されたとして、出版元である文芸春秋に
1億6500万円の損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こしたと発表した。

イオンは「週刊文春」誌上での謝罪広告の掲載や、
該当記事の文芸春秋ホームページからの削除も求めている。

文春(10月17日号)が「『中国猛毒米』偽装 イオンの大罪を暴く」
との見出しの記事を掲載したのに対し、イオンは「事実と異なる記述が多く、
顧客の不安をいたずらに助長する報道だ」として、
店舗の売り場から文春を撤去していた。 

時事通信 10月16日(水)17時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000103-jij-bus_all

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   経済・企業・実業家   コメント(0)
2013/10/16 (水) 19:50  新聞   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/16(水) 18:36:04.85 ID:???

「こんな日本」での五輪開催が決まり、頭をよぎった光景がある。

表彰台の1位と3位の選手が黒手袋をした拳を宙高く掲げている。
メキシコ五輪(一九六八年)の陸上男子二百メートル。
メダルを授与された米国の黒人二選手による人種差別に抗議するパフォーマンス。
 
五輪憲章に反する政治的行為として追放処分が下ったが、
後に米国の公民権運動上の画期的な事件として記憶される。

この出来事を知ったのは七、八年前、
欧州で黒人サッカー選手への差別が問題となった時だ。
ナチスという痛恨の歴史を忘れまいとする彼(か)の大陸では
米国以上に人種差別に厳格だ(もっとも後を絶たないが)。

それに比して、この国の無頓着ぶりはどうだ。
ヘイトスピーチに対する損害賠償命令がようやく出たとはいえ、
あまりに野放しでなかったか。
平和を理念とする祭典を開催する資格があるのか大いに疑問である。

そもそも五輪招致の最終スピーチで首相自ら
「フクシマの汚染水はアンダーコントロール(制御されている)」
などと誤った情報を全世界に発信した国である。
このままでは隣国だけでなく世界中から信頼されない国になりかねない。


黙っていては危うい。
秘密保護法やら解釈改憲がどんどん決まっていく。
国民に情報は伏せられていく。
そうして為政者は、うそぶくかもしれない。
「日本の人心もアンダーコントロールにある」 (久原穏)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/ronsetu/CK2013101602000177.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   新聞   コメント(0)
2013/10/16 (水) 13:31  経済・企業・実業家   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/16(水) 11:04:59.68 ID:???

史上最大の産地偽装が発覚した。
23府県にあるイオングループ674店舗で昨年12月から今年9月にかけ、
「国産米」として販売された弁当112種類、おにぎり35種類に
中国産米が混入していたことがわかったのだ。

原材料である米の産地を偽っていたのは、
三重県四日市市の米穀販売会社「三瀧商事」。

同社はこの中国産米に加えて、
菓子や日本酒の原料となる加工用米など、
計4000tを超える過去最大の偽装米を販売していた。
中国産米について「安全性に問題はない」とするが、消
費者の怒りと不安は増すばかりだ。

「国産米と書いてあったから安心してたのに中国産だなんて。
裏切られた気持ちです」(46才主婦)
「本当に安全性に問題がないと言えるのか。
ちゃんと調べてほしい」(52才主婦)

これらの声は当然と言うのは中国食品事情に詳しいジャーナリストの椎名玲さんだ。

「中国の農地は農薬や重金属などで
7割が汚染されているといわれます。
このため、中国産米は骨軟化症や腎機能低下を発症する
カドミウムに汚染されている危険性がある。

過去に日本でイタイイタイ病を引き起こした
重金属が含まれる可能性があるのです」(椎名さん)

2008年に発覚した毒餃子事件では、
農薬成分メタミドホスが混入された
中国産冷凍餃子を食べた日本人10人が中毒症状を訴えた。
この事件に日本は震撼したが、中国内の改善はまったく進んでいないという。

「毒餃子事件から5年経ちますが、中国の食環境は悪化する一方。
もともと水不足で手を洗う習慣がなく、衛生意識が日本とはまるで違う。
検査証明書を偽造するなど、食の安全へのモラルを欠く国柄なので、
公的なチェックもまったくきかない」(椎名さん)

そんな中国ばかりでなく、韓国産も不安だらけだ。

韓国では昨年末に工場で生産されたキムチからノロウイルスが検出された。
今年に入ってからも飲食店の焼酎「チャミスル」から軽油成分、
冷麺から大腸菌が検出されるなど、
“コリア名産”の汚染が次々と発覚している。

実際、厚生労働省の「輸入届出における代表的な食品衛生法違反事例」によると、
下の表のように韓国産の輸入品からも有毒物質が幅広く検出されている。
『食の安全はこう守る』(新日本出版社)の著者でジャーナリストの小倉正行さんが言う。

「例えば『乾燥わかめ』から検出された二酸化硫黄は、
食品をきれいに見せるための漂白剤や酸化防止剤として使われます。
基準値を超えて摂取すると、気管支緊縮やアレルギー性の
異常過敏反応を引き起こす恐れがあり、死亡例も報告されています」

※女性セブン2013年10月24・31日号

http://www.news-postseven.com/archives/20131016_218275.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   経済・企業・実業家   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング