2013/10/17 (木) 10:28  団体   コメント(0)
1: 諸星カーくんφ ★ 2013/10/17(木) 01:54:50.14 ID:???0

湖国に鈍(にび)色の機体が飛来した。
陸上自衛隊饗庭野演習場(高島市)の
日米共同訓練で初めてオスプレイが使用された

16日午前、演習場の外では、訓練に反対する市民団体が
「オスプレイは来るな」と抗議の声を上げ、
住民や関係機関の職員らは不安と緊張に包まれた。

 訓練に反対する「2013あいば野に平和を!
近畿ネットワーク」は午前9時40分ごろ、
野坂昭生代表(70)らメンバー約20人がJR近江今津駅近くを出発。

陸上自衛隊今津駐屯地付近までの約1キロを「日米合同軍事訓練反対
」「オスプレイは来るな。アメリカに帰れ」と声を上げながら行進した。

駐屯地では、小野寺五典防衛相あてに「オスプレイは欠陥機。
演習は沖縄の負担軽減どころか、全国でのオスプレイ使用の
既成事実化にほかならない」として訓練の即時中止を求める要請書を提出した。

また、住民らでつくる「あいば野平和運動連絡会」などは、
高島市内の演習場周辺でオスプレイの飛行を監視。
午前10時15分ごろ、演習場上空で並んで飛ぶ2機を確認し、写真撮影した。

メンバーの安井幸子さん(66)=高島市マキノ町=は
「思ったより大きな飛行機に見えた。事故を起こしているのに、
こんな天候の中で大丈夫なのか」と話した。

演習場近くに住む高島市今津町、有田清二さん(68)は
「事故は心配だが、オスプレイが来るのはしゃあない」と一言。
「今までも町には自衛隊があるのが普通だから」と言葉少なだった。

自宅から演習場方面を眺めていた同市今津町の呉林弘一さん(82)は
「普段から演習場では自衛隊のヘリが飛んでいる。
オスプレイを使った訓練も仕方がない。これも国の仕事」と語った。

ソース(京都新聞) http://kyoto-np.jp/politics/article/20131016000164
写真=日米共同訓練のため、饗庭野演習場に向かうオスプレイ。奥は滋賀県高島市の市街地
no title

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   団体   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング