2013/10/24 (木) 23:03  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/10/24(木) 15:54:21.38 ID:???0

慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の河野談話の根拠となった、
韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査の実態について、改めて考えてみたい。

「バイアスのかかった人たち、
反日運動をやっている人から聞いたのでは、
初めから参考にならない。

そうではなくて、真実を語れるような状況のもとで公正な、
真実を語ってくれる人を選んでくれと韓国側に言った。韓国側も同意した」

河野談話作成に事務方のトップとしてかかわった
石原信雄元官房副長官は今回、産経新聞のインタビューでこう繰り返した。

その考え自体に異論はないが、肝心なのは実態はどうかだ。
石原氏は韓国側を「信頼していた」と振り返ったが、
聞き取り調査がそんな公正性が担保されるような環境下になかったことは
明々白々なのである。

もともと聞き取り調査は、慰安婦募集の強制性を
示す物的証拠が一切見つからない中で
「向こう(韓国政府)が『当事者の意見を聞いてくれ』
と言ってきた」(石原氏)という。

だが、実際に調査が実施された場所は韓国政府の公館でも何でもなく、
太平洋戦争犠牲者遺族会という民間団体の事務所だった。

そしてこの遺族会とは当時、
日本政府を相手に慰安婦賠償訴訟を起こしていたいわくつきの団体である。

そもそも慰安婦問題に火がついた一つのきっかけは、
朝日新聞が3年8月に「元朝鮮人従軍慰安婦 戦後半世紀重い口開く」
と報じたことだ。記事は「女子挺身(ていしん)隊の名で戦場に連行」
などと事実に反した内容だったが、
これを書いた記者の義母が幹部を務めていたのが、こ
の遺族会というのも因縁めいている。

また、聞き取り調査には「韓国の民間団体の強い要望」
(5年7月29日付朝日)で、オブザーバーとして
福島瑞穂弁護士(社民党前党首)が同席していた点もしっくりこない。

福島氏は当時、遺族会による賠償訴訟の原告側弁護士であり、
さらに、聞き取り調査対象16人中の5人までもがこの訴訟の原告なのである。

こうなると、石原氏の言う「公正」「真実」などむなしい限りで、
むしろ一定の政治的意図を感じない方が不自然だろう。

付け加えれば、遺族会は後に詐欺の疑いで警察に摘発された。
日本統治時代の戦時動員被害者に対し、
日本政府から補償金を受け取ってやるとして
弁護士費用名目などでカネをだまし取っていたという理由だ。

福島氏は前述の5年の朝日記事の中で、
日本政府の調査団が聞き取り調査の冒頭、
元慰安婦に「日本は、やってはいけないことをした」
と必ず謝罪したとのエピソードを明かしている。

何のことはない、日本側は話を聞く前から結論を決めていたのではないか。

ちなみに政府は聞き取り調査内容を非公開としているが、
当時の新聞には調査に応じた複数の元慰安婦の名前が堂々と掲載されている。
今さらプライバシー保護でもあるまい。河野談話は、どこまでもうさんくさい。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131024/plc13102410270004-n1.htm

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/10/24 (木) 23:01  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 諸星カーくんφ ★ 2013/10/18(金) 01:57:40.68 ID:???0

慰安婦募集の強制性を認めた「河野談話」は、
やはり国民を欺いた政治的妥協の産物だった。

河野談話の根拠の決め手となったのが、
韓国・ソウルで行った元慰安婦16人への聞き取り調査である。
それが、産経新聞が入手した
調査報告書で驚くほどお粗末な内容であることが明らかになったのだから、
談話を一方的に押し付けられている国民はいい迷惑だ。

■秘匿の意味は薄く

政府はこれまで、聞き取り調査の内容について
情報公開請求しても「非開示」としてはねつけてきた。
それは名目である個人情報保護のためではなく、
実際は中身がずさんなので表に出せなかったのではないか。

本来なら河野談話の主役である
河野洋平元官房長官に直接問いただしたいところだ。
だが、残念ながら産経新聞の取材は受けて
もらえないので、河野氏の言葉を他媒体から引用したい。

「日本政府調査団の慎重姿勢に徐々に心を開いた16人が当時、
『出所や中身は公表しない』との約束で口を開いてくれた」
(平成20年10月8日付読売新聞)

河野氏は聞き取り調査内容を公表しない理由についてこう主張するが、
実際には日本での慰安婦賠償訴訟の原告が5人いる。

日本の新聞のインタビューを受けて連載記事で取り上げられた人も、
安秉直(アン・ビョンジク)ソウル大教授(当時)ら韓国側が行った聞き取り調査に応じ、
元慰安婦の「証言集」に収録されている人もいた。

つまり、日本政府が内容を秘匿することにあまり意味はないのである。
また、河野談話作成にかかわった当時の政府高官は今回、
産経新聞に河野氏の主張と矛盾することを語った。

「私は公開してもいいと言ったが、河野さんが『絶対だめだ』と反対した」

■事実関係置き去り

どちらの言い分が本当かはまだ「藪(やぶ)の中」だが、
いずれにしても河野氏の発言は情緒的すぎる。

河野氏は月刊誌「世界」の昨年10月号のインタビューではこんな言い方をしている。
「日本政府の調査に対し、
当事者の方々がその辛(つら)い体験を話してくださったのは、
こちらの姿勢への信頼が生まれて初めて語ってくださったのです。
『証拠がない』という批判は、その信頼を裏切るものだ」


とはいえ、実際の調査は1人当たりわずか約3時間程度で、
それも通訳を介してのやりとりである。安氏ら韓国側の調査のように、
5、6回面会してじっくり話を聞いたわけではない。

また、河野氏は当事者の信頼を裏切るなというが、およそ論理的ではない。
まるで、元慰安婦の証言はすべて丸ごと信じるべきだと言わんばかりで、
そこには事実関係の追究・解明という視点も、国益という観点も見あたらない。

■韓国側調査の方が

一方、福井県立大の島田洋一教授が19年3月にソウルで安氏と会った際、
安氏はこう語ったという。

「私も元慰安婦の聞き取りも含め詳しく調査したことがあるが、
調べた限り、日本軍が女性を強制動員して慰安婦にした客観的資料はない。
研究者として証拠といえる証言もなかった」

河野氏より韓国の学者の方がよほど事実に対して謙虚であり、良心的だと感じる。

ソース(MSN産経ニュース、「阿比留瑠比の極言御免」)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131017/plc13101712140014-n1.htm

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/10/24 (木) 22:59  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 諸星カーくんφ ★ 2013/10/17(木) 00:34:45.45 ID:???0

(※長い記事のため、一部省略しています。全文はソース元でどうぞ)
ソース(MSN産経ニュース・政治面) 
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101615070019-n1.htm 

慰安婦問題が誤解を招くようになった最大の原因は
平成5年8月に出された河野洋平官房長官談話だ。

談話は「従軍慰安婦」という戦後の造語を使い、
その募集について「官憲等が直接これに加担したこともあった」
と日本の軍や警察による強制連行を認める内容だった。
河野氏も会見で「強制連行」があったと明言した。

当時、産経だけが「政府が何を根拠にこうした結論を導き出したのか
必ずしもはっきりしない」「慰安婦のほとんどが『強制連行』だったということが
歴史的事実としてひとり歩きしてしまうのは危うい」と河野談話に疑問を提起した。

当時、宮沢喜一内閣が内外で集めた慰安婦に関する公式文書も発表された。
総数は二百数十点に及び、4年7月と5年8月の2回に分けて発表された。

◆破綻した「強制連行」説

ところが、9年3月、河野談話作成にかかわった
石原信雄元官房副長官の証言により、
日本政府が集めた公式文書には強制連行を示す証拠がなく、
談話発表直前に韓国政府の要請で行った韓国人元慰安婦16人からの
聞き取り調査だけで「強制連行」を認めたことが明らかになった。

談話に基づく慰安婦「強制連行」説は破綻した。

産経は、河野談話が「韓国を満足させるための政治決着の産物だったことも
明瞭になった」として河野氏に国会での説明を求めた。

朝日はなお、「全体として強制と呼ぶべき実態があったのは明らか」
と河野談話を擁護した。強制連行を示す資料が見つからなくても、
「広義の強制性」はあったとする主張だ。

読売は「近年のいわゆる従軍慰安婦問題なども、
とかくバランスを欠いた形で論じられることが多い」
「日本の場合、官憲が『強制連行』したことを示す資料はない」と指摘し、
朝日や毎日と距離を置くようになった。

その後、河野談話を擁護する朝日・毎日と、
談話見直しを求める読売・産経の主張がしばしば対立した。

◆「偽りの見解」是正要求

昨夏、慰安婦問題での日本の対応を不満とする
李明博・韓国大統領の竹島不法上陸などを機に、日韓関係が急速に冷え込んだ。

朝日は、河野談話の見直しを求める一部政治家を批判し、
野田佳彦首相に河野談話踏襲を改めて内外に明言するよう求めた。

これに対し、読売は「河野談話という自民党政権時代の『負の遺産』」の見直し、
産経は河野談話の破棄を求めた。

今年7月末、米カリフォルニア州グレンデール市で、
韓国系住民の反日運動により慰安婦の少女像が設置された。

毎日は「日本政府が国際社会に、
こうした河野談話やアジア女性基金などの説明を十分にしてこなかったという、
外交発信の失敗も大きい」として、あくまで河野談話などの丁寧な説明を求めた。

これに対し、読売は「歪曲(わいきょく)された歴史が、
全米に喧伝(けんでん)されようとしている」と憂慮し、
「河野談話が誤解の火種となった」と談話の見直しを求めた。

産経は河野談話から20年の8月4日付で「偽りの見解」を正すよう求めた。

日経は河野談話をあまり取り上げていないが、
今年8月16日付で「談話を見直せば、政府が一度決めたものを覆すとして、
国際的な不信感を募らせることにならないだろうか」と
見直し論を疑問視し朝日・毎日に近い立場を示した。

■誤報が独り歩き

慰安婦問題をめぐる誤解の原因は、日本の一部マスコミの誤報にもある。

戦時中、山口県労務報国会下関支部動員部長だったという
吉田清治氏の「韓国・済州島で女性をトラックで強制連行した」との
“証言”を、朝日などが平成3年から4年にかけ、勇気ある告白として報じた。

朝日は4年1月23日付夕刊の論説委員室コラム「窓」でも、
「木剣を振るって若い女性を殴り、けり、トラックに詰め込む」
「吉田さんらが連行した女性は、少なくみても九百五十人はいた」などと詳しく書いた。

しかし、現代史家、秦郁彦氏の現地調査で、吉田氏の証言は嘘と判明した。

朝日の前主筆、若宮啓文氏は先月出した著書『新聞記者』で、
「力ずくの『慰安婦狩り』を実際に行ったという日本の元軍人の話を信じて、
確認のとれぬまま記事にするような勇み足もあった」と書いているが、
朝日自身はまだ、新聞で訂正していない。

また、朝日と毎日は当初、慰安婦が「女子挺身(ていしん)隊」
の名で集められたと繰り返し書いた。

「挺身隊」は昭和19(1944)年8月の女子挺身勤労令に基づき、
軍需工場などに動員された女子勤労挺身隊のことだ。
主に女衒(ぜげん)ら民間業者が軍隊用に募集した慰安婦とは異なる。

その後、慰安婦と挺身隊を混同した記述は、
韓国の教科書や日本の教師用指導書などで独り歩きした。

この誤報も、訂正されていない。

(以下略。ソース元に各紙社説見出しあり。
全文はソース元でご確認下さい※MSN産経ニュース・政治面)
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101615070019-n1.htm 

関連スレッド(同日1面トップ記事)
【元慰安婦報告書】ずさん調査浮き彫り 慰安所ない場所で「働いた」など証言曖昧 河野談話の根拠崩れる★2
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1381904049/

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/10/24 (木) 22:56  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 荒波φ ★ 2013/10/16(水) 10:35:17.31 ID:???

産経新聞は15日、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の
「河野洋平官房長官談話」の根拠となった、
韓国での元慰安婦16人の聞き取り調査報告書を入手した。

証言の事実関係はあいまいで
別の機会での発言との食い違いも目立つほか、
氏名や生年すら不正確な例もあり、
歴史資料としては通用しない内容だった。


軍や官憲による強制連行を示す政府資料は一切見つかっておらず、
決め手の元慰安婦への聞き取り調査もずさんだったと判明したことで、
河野談話の正当性は根底から崩れたといえる。

産経新聞は河野氏に取材を申し入れたが、応じなかった。

5年7月26日から30日までの5日間、
ソウルで実施した聞き取り調査に関しては9年、
当時の東良信内閣外政審議室審議官が自民党の勉強会で
「(強制性認定の)明確な根拠として使えるものではなかった」と証言している。

ところが政府は、
この調査内容を「個人情報保護」などを理由に開示してこなかった。

産経新聞が今回入手した報告書はA4判13枚で、
調査対象の16人が慰安婦となった理由や経緯、
慰安所での体験などが記されている。

だまされたり、無理やり連れて行かされたりして
客を取らされるなどの悲惨な境遇が描写されている。

しかし、資料としての信頼性は薄い。
当時、朝鮮半島では戸籍制度が整備されていたにもかかわらず、
報告書で元慰安婦の生年月日が記載されているのは半数の8人で空欄が6人いた。

やはり朝鮮半島で重視される出身地についても、
大半の13人が不明・不詳となっている。

肝心の氏名に関しても、「呂」と名字だけのものや
「白粉」と不完全なもの、「カン」などと漢字不明のものもある。

また、同一人物が複数の名前を使い分けているか、
調査官が名前を記載ミスしたとみられる箇所も存在する。

大阪、熊本、台湾など戦地ではなく、
一般の娼館はあっても慰安所はなかった地域で働いたとの証言もある。

元慰安婦が台湾中西部の地名「彰化」と話した部分を
日本側が「娼家」と勘違いして報告書に記述している部分もあった。


また、聞き取り調査対象の元慰安婦の人選にも疑義が残る。

調査には、日本での慰安婦賠償訴訟を起こした原告5人が含まれていたが、
訴状と聞き取り調査での証言は必ずしも一致せず二転三転している。

日本側の聞き取り調査に先立ち、
韓国の安(アン)秉(ビョン)直(ジク)ソウル大教授(当時)が中心となって
4年に行った元慰安婦への聞き取り調査では、
連絡可能な40人余に5~6回面会した結果、
「証言者が意図的に
事実を歪(わい)曲(きょく)していると思われるケース」(安氏)
があったため、採用したのは19人だった。

政府の聞き取り調査は、韓国側の調査で不採用となった
元慰安婦も複数対象としている可能性が高いが、
政府は裏付け調査や確認作業は一切行っていない。

談話作成に関わった事務方トップの石原信雄元官房副長官は
産経新聞の取材に対し「私は報告書は見ておらず、
担当官の報告を聞いて判断したが、談話の大前提である証言内容がずさんで
真実性、信(しん)憑(ぴょう)性(せい)を疑わせるとなると大変な問題だ。
人選したのは韓国側であり、信頼関係が揺らいでくる」と語った。
 
■河野談話 
平成5年8月、宮沢喜一内閣の河野洋平官房長官が元慰安婦に心からのおわびと反省の気持ちを表明した談話。慰安婦の募集に関し、強制連行の存在を示す政府資料が国内外で一切見つかっていないにもかかわらず、「官憲等が直接これに加担したこともあった」「募集、移送、管理等も、甘言、強圧による等、総じて本人たちの意思に反して行われた」などと強制性を認定した。閣議決定はされていない。


2013.10.16 08:36
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101608380010-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101608380010-n2.htm
>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/10/24 (木) 22:54  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/10/16(水) 10:40:11.10 ID:???0

no title
石原信雄元官房副長官
11日、東京都中央区(寺河内美奈撮影)



--聞き取り調査結果を見ると生年月日や氏名、
出身地の明記がない者が多い


「証言者の身元がかなりあやふやという印象を持ったわけですね。
(身元は)証言内容を判断する上で非常に重要な要素だ」

--16人の中には、
安秉直ソウル大教授(当時)らの調査で信頼性が低いとされ、
韓国側の証言集から省かれた人が含まれているようだ


「信用できない人について日本政府が聞き取りしたと?」

--日本の複数の新聞や韓国側の調査に対し、
それぞれ異なる証言をした人も含まれている


「うーん。そういう話になると、基本がおかしくなる。
もともとの証言の信(しん)憑(ぴょう)性(せい)が揺らいでくる」

--そういうことになる

「証言者の人選は韓国側が行った。
私たちは韓国側を信頼し『反日運動をやっておらず、
公正・冷静に自分の過去を語れる人を選んでくれ』と言い、
韓国側がそれを約束したから調査に行った。
その根っこが揺らぐと何をか言わんやだ」

--対日裁判を起こした当事者も5人含まれる

「反日運動に関わっている人は外してくれと言い、
韓国側はそうします、と言っていた」

--石原さんら日本側の理解はそうでも、
現実は違っていた可能性が高い


「残念ながら、当時の状況では身元調べというか、
裏打ちするまで能力がなかった。だから信頼関係でやったわけだ、
あくまで。その信頼が崩れるとなると何をか言わんやだ」

--裁判を起こした5人についても、訴状と安氏、
日本政府の聞き取りに対する証言が食い違う


「ああ、そういうことになると、何が真実かということになってくると、
証言自身の信憑性というか、価値が下がってくる」

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131016/plc13101610180011-n1.htm
>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/10/24 (木) 19:36  裁判・弁護士   コメント(0)
1: 諸星カーくんφ ★ 2013/10/24(木) 15:24:13.64 ID:???0

海外在住を理由に、
被爆者援護法に基づく医療費支給の申請を却下したのは
違法として、韓国で暮らす在外被爆者ら3人が国と大阪府を相手取り、
却下処分の取り消しと計約330万円の国家賠償を求めた
訴訟の判決が24日、大阪地裁であった。

田中健治裁判長は
「援護法には医療費の支給を国内の被爆者に限定する規定はない」
と判断。府の却下処分を取り消した。

援護法に基づく医療費支給をめぐっては、
広島、長崎地裁でも同様の訴訟が起こされているが、
支給を認める司法判断は初めて。

判決は、援護法は社会保障と国家補償的な性格を併せ持つとし、
在外被爆者を排除する趣旨で作られた法律ではないとした。

韓国で医療を受けた原告らの場合は、援護法上の
「やむを得ず(海外で)医療を受けた事例にあたる」として、
支給申請を却下した府の処分は違法と結論づけた。

ソース(朝日新聞) 
http://www.asahi.com/articles/OSK201310240011.html?ref=rss

※号外も出た模様

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   裁判・弁護士   コメント(0)
2013/10/24 (木) 18:23  在日韓国・朝鮮人   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/24(木) 12:27:29.50 ID:???

「ハングクサラム(韓国人)」

ずっと日本語でインタビューに答えていた
70歳過ぎのベテラン女優が、
この時ばかりははっきりとした韓国語で答えた。

「では、あなたはどの国の人なのか」という質問に対する答えだった。
「国籍は日本。日本で生まれ育ったので、韓国で暮らすのは難しい。
保険の恩恵を受けようと思ったら日本で生活しなければならない。
でも、心までは日本に渡していない」。
そして、その言葉の最後に「血とはそういうもの」と付け加えた。


23日まで大学路アルコ芸術劇場大劇場で上演される舞台
『月の家~タルチプ』 (金守珍〈キム・スジン〉演出)の
主人公ガンナン役を演じている
女優・李麗仙(り・れいせん)さん(71)は在日韓国人3世。
日本の現代演劇の先駆者・唐十郎氏の妻であり、
女神のような存在だった。

唐十郎は詩人・金芝河(キム・ジハ)氏と交流があり、
同氏の『金冠のイエス』 を1972年にソウルで上演し、
大きな反響を呼んだ。

主人公がソウルと東京を行き来しながらも
アイデンティティーについて悩む『二都物語』などで、
日本人とは何者なのか、
隣国・韓国とは日本にとって何を意味するのかを最も激しく問い掛けた劇作家だ。

中学校のときに演劇部に入った李麗仙さんは20代で唐十郎氏に出会い、
本格的な女優としての第一歩を踏み出した。
その唐十郎氏の弟子が在日韓国人で劇団「新宿梁山泊」の演出家・金守珍氏だ。
同氏は『月の家~タルチプ』の演出を手掛けている。

「日本演劇史の巨匠・唐十郎氏が韓日演劇交流の架け橋になったのは、
李麗仙さんの影響力が絶対的に大きい。
日本国内で韓国の演劇人の存在を知らしめた新宿梁山泊も、
さかのぼれば李麗仙さんに大きな借りがあるということだ」と話した。

李麗仙さんは1960-70年代の日本演劇界で初めて韓国名で活動した女優だ。
「名字の『李』という字を大きく書いて玄関に掲げていた父に影響を受けた。
名前の3文字が象徴しているように、
韓国人だというアイデンティティーが自尊心を守り、
舞台に立つのに大きな力になった」と話した。

韓日両国の舞台で活躍する李麗仙さんの韓国公演は、9
7年の呉泰錫(オ・テソク)作『母』以来16年ぶりだ。
『月の家~タルチプ』はベテラン脚本家・ノ・ギョンシク氏の71年の作品。
同年、イム・ヨンウン氏の演出で明洞国立劇場で初演された。

今月中旬には、在日韓国人が中心の劇団・新宿梁山泊と
韓国の劇団・スタジオ叛の共同制作により、東京で上演された。
光復(日本による植民地支配からの解放)後、
人々の上に思想が君臨していた時代、
家と土地を守ろうと立ち向かう普通の人たちの物語。

李麗仙さん演じるガンナンは日本の拷問により死んだ夫、
パルチザンに加わって殺害された孫など
「血のにじんだ韓国現代史」を象徴する人物として描かれる。

これまで100本以上の作品に出演してきた李麗仙さんはこの作品について
「70歳になって出会った代表作。40年前の作品だが、
韓国人の血が流れている人なら誰でも切々と心に迫り、
共感できるストーリーだ」と語った。

申晶善(シン・ジョンソン)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/10/23/2013102301380.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   在日韓国・朝鮮人   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング