--/--/-- (--) --:--  スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ   スポンサー広告  
2013/11/17 (日) 21:36  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: ニライカナイφ ★ 2013/11/17(日) 12:55:30.60 ID:???
◆米慰安婦像 東大阪市議、設置に抗議 グレンデール側、主張譲らず

今年7月、韓国以外で初めて「慰安婦」像が設置された
米カリフォルニア州グレンデール市と姉妹都市提携している
大阪府東大阪市の樽本丞史(たるもと・じょうじ)市議(45)=自民党=
が15日、グレンデール市庁舎で同市の市議らと面会し像設置に抗議した。
グレンデール市議らは韓国の主張に沿った歴史認識を重ねて示したという。

グレンデール市議は計5人。
このうち1人が1年ごとに市長を務めている。
慰安婦像設置の採決には、ウィーバー市長を除く4人の市議が賛成しており、
樽本氏は同日、賛成派の市議2人や市幹部らと面会した。

関係者によると、樽本氏は、慰安婦像は一方的な情報を受けて設置された
▽この問題は国際的な問題で地方行政が関わるべき問題ではない
▽像の維持費は姉妹都市などが負担するとしているが、
東大阪市は一切同意していないなどといった内容の抗議文を示した。

グレンデール市議側は像維持費に
東大阪市が同意していないということを受け入れ、
ホームページに記載されている内容に
「東大阪市は無関係」と分かるようにすると表明したという。

しかし像設置が決まった当時、市長だったクィンテロ市議は
「南京大虐殺」などといった言葉を使って日本の戦争責任に言及するなど、
韓国側の主張に沿った認識を繰り返したという。

地図
no title


MSN産経ニュース 2013年11月17日10:47
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131117/amr13111710480001-n1.htm


米西部グレンデール市内に設置された慰安婦記念像
no title

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/11/17 (日) 20:38  外交   コメント(1)
1: ニライカナイφ ★ 2013/11/17(日) 14:50:06.05 ID:???
◆韓国紙「安倍首相が韓国についに謝罪」
ネチズンに歓喜の声あがる

東亜日報の報道により、
韓国のネチズンたちの間に喜びの声があがっている。
以下が同メディアが報じた内容だ。

安倍晋三首相は14日に韓国国会議員に会い、
年内の日韓首脳会談の希望を伝えた。
また前日の13日もにイビョンギ駐日韓国大使に
会った際も同様の意を伝えたという。

安倍首相が昨年12月に就任した後、
公式席上で韓国の関係者と会ったのは今回が初めて。
韓国語で”こんにちは”と挨拶し、15日に開かれる韓日共同位総会に出席、
三日目の韓国関係者と会談した。従軍慰安婦などの歴史問題については、
「歴代内閣と同じ韓国側に謝罪の意を持っているのだが、真意が伝わらず
嫌韓首相だと思われてしまっているようだ」と話したという。

韓国語で「トンソク(痛惜 ※大変申し訳ない)の心がある」という表現も使った。

また13日に訪韓した西正典・防衛省事務次官も「河野談話を尊重する」という
意思を明らかにしたと伝えられている。
観光政府内外では「シークレットな形ではあるが、安倍首相が間接的に
韓国に謝罪の意を伝えたことに間違いない」と話題になっているという。

このような報道を受け、
ネチズンたちの間では「ついに日本が兜をぬいだ」「悲願がかなった」
「韓国の実力を知る安倍は切れ者だ」といった意見があがっている。

写真:『国家の命運 安倍政権 奇跡のドキュメント』
no title
もぐもぐニュース 2013年11月16日
http://mogumogunews.com/2013/11/topic_4085/

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   外交   コメント(1)
2013/11/17 (日) 19:45  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/17(日) 15:10:23.87 ID:???0
もともと慰安婦問題は、吉田清治氏の小説
「私の戦争犯罪-朝鮮人強制連行」を朝日新聞が
真実のように世間に広めた「捏造」であり、
著者本人が「創作フィクションであった」
と認めたときに終止符が打たれるべきでした。

ところが、最初から疑問を呈して来た産経新聞や、
一部の政治家・有識者、そして産経に続き、
後に朝日を糾弾した読売新聞などの正しい言説は、
朝日、毎日新聞、NHK、左派政治家(自民党内左派宮沢派なども含む)などの
“捏造派”、人権活動家たちの声の大きさにかき消され、
広く世界に正論が認知されなかったという不幸をもたらせてしまったのです。

産経の報道によれば、河野談話は「事実判断ではなく、
宮沢内閣当時の政府首脳のあやふやな心象にもとづいた政治判断」
(当時の高官の証言)であり、政府が国内外、関係省庁、公文書館など、
八方手を尽くして調べたにもかかわらず、強制性を裏付ける証拠文書や証言、
いかなる物的証拠も発見できなかったことが分っています。

慰安婦問題に関して、これまでに国会の決議を行った外国は、
米、オランダ、カナダ、EU、韓国、台湾です。
私はそのうちの2カ国(アメリカ、カナダ)を市場として、
17年間ビジネスをしてきましたが、“セックススレイブ”や
“日本軍の韓国人女性に対する人道問題”について、
問いただされたことが、何度かありました。

もちろん言下に否定し、史実を話しておきましたが、
おそらくビジネスの世界だけでなく、政治・外交・文化・学術界でのこれら
6カ国・地域では、一般国民の日本人観はかなり悪くなったことでしょう。
「慰安婦強制連行」の虚構が20年間にわたって多大な実害をもたらしてきたことは、
否定しえない大問題だと考えております。


朝日をはじめとする多くのメディアも、
ジャーナリズムの正義に立ち戻って自らの「誤報」を真摯に反省すべきです。
元々“つくり話だった”ことを認めた吉田清治元軍人の書いたものや
無責任なしゃべりを確認・検証せず、垂れ流し記事にしてきた過ちに対して
素直に認め訂正し、日本国と国民の名誉を汚した
件に関する謝罪記事を掲載することを切望します。
(上田和男) (抜粋)

http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131117/wec13111707030001-n1.htm
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/11/17 (日) 18:41  テレビ   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/11/17(日) 14:46:11.59 ID:???0
今年6月に新体制となり、新たなスタートを切ったフジテレビだったが、
凋落に歯止めがかかる様子はない。
看板番組の終了、キラーコンテンツでの「やらせ発覚」と、
まさに「泣きっ面に蜂(8)」状態。

近年の視聴率の低迷も悲惨の一言である。
「楽しくなければテレビじゃない」というキャッチフレーズのもと、
黄金時代を築いてきた「民放の絶対王者」の姿は、そこにはない。

1982~1993年に12年連続、2004~2010年に7年連続で、
「視聴率三冠」(ゴールデンタイム、プライムタイム、全日)を獲得したが、
昨年はテレ朝の躍進で3位に転落。
さらに今年8月の平均視聴率では、『半沢直樹』を大ヒットさせたTBSに抜かれ、
ついに4位に転落した。

「冗談抜きで『振り向けばテレビ東京』ですよ。
“民放のお荷物”とまでいわれていたテレビ朝日に負けた時に、
“こんなの一時的だ”と強がっていた上層部も、
今ではさすがに危機感を抱き始めているようです。
遅すぎますけどね」(フジテレビ局員)
http://www.news-postseven.com/archives/20131116_226298.html

【フジテレビ上層部も危機感】
no title


>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   テレビ   コメント(0)
2013/11/17 (日) 13:58  政治   コメント(0)
1: 九段の社で待っててねφ ★ 2013/11/17(日) 12:19:47.11 ID:???0
【日刊ゲンダイ】
no title

 口を封じられないか――と、首相周辺が困り果てている。
安倍首相(59)の昭恵夫人(51)が、公然と政権批判を始めているからだ。
これまでも「私は家庭内野党」と公言していたが、どんどんヒートアップしているのだ。

 12日に行われた北海道新聞主催の講演会では、
安倍首相の原発政策を、こう批判している。

〈自分の国の事故が収束していないのに、海外に売り込むことに対し、
私は『どうなんだろうな』と思っている〉〈主人にも
『いま、売り込むべきではない』と言っているが、聞いてもらえない〉

 さらに、消費税率アップについても、
自分が始めた小料理屋の経営の厳しさを挙げて、
〈主人には『小さいところは大変なので消費税は上げないで下さい』と毎晩言っていた〉
 先月末には衆院議員会館で開かれたフォーラムに参加し、
被災地に建設予定の巨大防潮堤について、
〈本当に造っていいのか、本当に美しい日本の復興なのか、考え直して欲しい〉
と正面から否定しているのだ。しかも、近くの居酒屋で行われたフォーラムの
打ち上げでは、ボロボロと涙を流して挨拶したという。

 これまで官邸は、昭恵夫人の奔放な言動を
「政権にとってマイナスじゃない」と放置してきた。
「首相のブレーキ役と国民には映り、むしろ安心感を与える」
「女房の自由勝手を許す寛大な夫に見える」と、なかば歓迎していた。
昭恵夫人が暴走しないようにと女性キャリア官僚2人をお目付け役としてつけている。
ところが、さすがに、ここにきて頭を抱えはじめているらしい。

「ただでさえ小泉元首相から“総理が決断すれば原発ゼロはできる”
と名指しで批判され、安倍首相は困惑しています。
アッキーの発言と結びついて“脱原発”が盛り上がり、
首相が批判のターゲットになったらたまらない。

心配なのは、どこまでアッキーをコントロールできるかです。
もともと、2人は仮面夫婦とみられている。
女性記者との女子会でアッキーは、〈夫には『私の存在が邪魔でしたら、
どうぞ病院に入れて下さい』と言っているの〉と漏らしています。

要するに、邪魔だったら、いつでも離婚しますよ、ということ。
イザとなったら、夫が困ることを気にせず突っ走る恐れがある。
女性官僚2人のコントロールが利かなくなったときが怖い」(官邸事情通)

 安倍政権が崩壊するなら、
昭恵夫人の暴走は大歓迎だ。


日刊ゲンダイ
http://gendai.net/articles/view/news/145975

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   政治   コメント(0)
2013/11/17 (日) 13:34  外交   コメント(0)
1: 九段の社で待っててねφ ★ 2013/11/17(日) 09:42:54.87 ID:???0
 安倍晋三首相がよく行く焼き肉店でテレビ番組のインタビューに応じたのは、
韓国を念頭に置いた意図的な行動だったのだろうか。

 安倍首相は先月23日、BS朝日とのインタビューを
「可禮亜(カレア)」という焼き肉店(東京・渋谷)で行った。

「焼き肉」とは韓国のプルコギを基にして在日韓国人が広めた料理だ。

今では日本の「国民食」として根付いた印象だが、それでも
多くの日本人は韓国料理だと認識している。

安倍首相が訪れた店はインテリアが韓国の伝統家屋風で、
店名の「可禮亜」は中国語で「コリア」と表記するときに使われる漢字だ。
この日、安倍首相が注文したメニューはカルビ、牛タン、ホルモン、
そしてマッコリ(韓国の濁り酒)だったという。

 安倍首相のプロフィールをインターネットで見ると、
「好きな食べ物」の欄に「焼き肉」と書かれている。
保守系メディアとして知られる産経新聞との
昨年12月のインタビューも同じ店で行われた。
両メディアのインタビューでは韓日関係や北東アジア外交で
特に注目すべき点はなかった。

このため、韓国のメディアは特別な意味はないと考え、
ゴシップ的に報道した。しかし、韓日関係をよく知る日本人は
「特に意味はないように見えるかもしれないが、
逆に朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が
日本料理店でインタビューをしたと考えてみたらどうだろうか」と話した。
つまり、これは「焼き肉外交」というわけだ。

>>2に続く

李美智(イ・ミジ)記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/11/17/2013111700272.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   外交   コメント(0)
2013/11/17 (日) 00:47  NHK   コメント(0)
1: ダイビングヘッドバット(WiMAX) 2013/11/17(日) 00:04:35.72 ID:zrVwfFYD0 BE:1796457773-PLT(12001) ポイント特典
NHK改革断行は首相の「悲願」 
公共放送としてのあり方疑問視

安倍晋三首相はNHKの公共放送としてのあり方に不信感を持ち、
NHK改革にこだわっている。第1次政権下でもNHKを所管する
総務相だった菅義偉官房長官と改革に着手した。
しかし退陣で道半ばに終わっており、改革断行は「悲願」といえそうだ。

首相は月刊誌「WiLL」の平成21年8月号に寄稿し、
NHK批判をこう展開したことがあった。

「NHK職員は公共放送の責任をよく自覚する必要がある。
自分の主義や主張、イズムを放送を使って拡大させようとするのは間違っている」

放送法に基づき政治的に公正で、事実を曲げない報道を行い、
意見が対立する問題は多角的に報じるよう強く求める内容だった。


首相は、NHKから放送法に反するような
「偏向番組」がなかなかなくならないとみているのだ。

首相は第1次政権時代、
慰安婦問題で昭和天皇を一方的に裁いた民間法廷を取り上げた
13年の教育テレビ番組の放送などを問題視。

経営委員長に懇意の古森重隆氏(現・富士フイルムホールディングス会長)
を任命し、ガバナンス強化に取り組んだ。

NHKはしかし、首相も古森委員長も退任した後の21年4月、
看板番組「NHKスペシャル」で日本の台湾統治のマイナス面ばかりを強調した。
このため、取材した台湾の先住民らから抗議を受けた。

首相周辺は「NHKには
『表向きだけ取り繕っておけば大丈夫』というところがある」とその体質を疑問視する。
会長人事を通じ、NHKのあり方を根本的に変えることができるかが問われる。
(桑原雄尚)

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131116/plc13111623490017-n1.htm
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   NHK   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。