2013/12/18 (水) 23:15  NHK   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/18(水) 19:44:27.15 ID:???0
★NHK受信料契約「承諾は必要」高裁判断分かれる

NHKが個人を相手に受信料の支払いを求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁の下田文男裁判長は18日、「NHKからの契約申し込みと、受信者による承諾という双方の意思表示がなければ受信契約は成立しない」との判断を示した。

契約を結ぶ義務があること自体は否定せず、受信料は支払うよう命じた。

10月には同様の訴訟で東京高裁の別の裁判長が「NHKが契約の締結を通知すれば、承諾の意思表示がなくても2週間経過すれば契約が成立する」との判決を出しており、判断が分かれた。

2013/12/1819:34【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201312/CN2013121801002306.html

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   NHK   コメント(0)
2013/12/18 (水) 22:57  公務員(元も)   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/18(水) 19:53:52.70 ID:???0
★県議会文教委、朝霞高の台湾修学旅行を問題視 指導徹底を決議

県議会の文教委員会(田村琢実委員長)は17日、県立朝霞高校の修学旅行に問題があったとして「県立高校の社会科教育の指導徹底を求める決議」を賛成多数で可決した。県教育委員会と県教育局に対し指導と改善を求める内容で、審議の過程では修学旅行に参加した全生徒の感想文提出を要求しており、一部の委員が「政治的圧力になりかねない」と異議を唱えたほか、共産党県議団が抗議した。

決議案は自民の石井平夫委員が提出。委員長を除く委員10人のうち自民5人、刷新と無所属の各1人が賛成し、民主、公明、無所属の各1人が反対した。

県高校教育指導課などによると、朝霞高校は昨年12月5日から3泊4日の日程で台湾で修学旅行を実施。2年生約320人が参加し、金の鉱山や博物館などを見学したほか、太平洋戦争の空襲で父親を亡くしたという游顕徳さん(男性)から当時の話を聞いた。生徒は修学旅行後、感想文を書いた。

16日から開催された文教委では、自民の白土幸仁委員や刷新の鈴木正人委員らが朝霞高校の修学旅行に関し、生徒への事前学習や「修学旅行のしおり」、現地学習を問題視。「事前学習で歴史的事実に疑念があるDVDを見せたり、しおりには歴史的事実と相反する未確定やねつ造の記述がある」などと指摘し、現地でも「反日思想を思わせる男性の話を聞かせ、しょく罪意識を植え付けた」などとした。

文教委は、修学旅行に参加した全生徒の感想文の提出を要求。それに対し、県教育局は各クラス代表8人の感想文をパソコンで打ち直した上、氏名が分からない状態で委員に提出した。白土委員は「原本でないと疑念が生じる」とし、「恣意(しい)的に選択することも可能」と全生徒の感想文の提出を求めた。自民の田中千裕委員も「現実に生徒たちがどのような影響を受けたのかが知りたい」と意見を述べた。県教育局は「学年便りとして掲載するため、作文として良くまとまっているものを集めた」と答えた。

全生徒の感想文を求めたことについて、公明の藤林富美雄委員は「(政治が)教育内容の細部まで関わることは学校や教員、子どもの自立性などをそぐ。8人分で十分に判断できる」と疑問を呈した。無所属の醍醐清委員は「朝霞高校が事前学習などを見直すとしており、あえて決議する必要はない」と異議を唱えた。

関根郁夫県教育長は決議が採択されたことについて「いろいろな立場の意見を子どもたちに示し、多面的・多角的に考える力を育てなければいけない」とし、修学旅行の在り方を検討することについては「そこまで考えていない」と述べた。共産党県議団(柳下礼子団長)は17日、「委員が感想文の内容まで踏み込んで審議したことは生徒の内心の自由を侵すもので、断じて容認できない」とする抗議の談話を発表、決議の撤回を求めた。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2013/12/18/01.html

1387360379678.jpg

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   公務員(元も)   コメント(0)
2013/12/18 (水) 20:30  マスコミ   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/18(水) 14:43:45.29 ID:???0
★ミス・インターナショナル 特派員協会で「涙の訴え」のワケ
2013年12月17日 掲載

前代未聞、現役のミス・インターナショナルが涙の訴えだ。設立から半世紀以上を誇る世界有数のミスコンで、2012年に日本人で初めてグランプリに選ばれた吉松育美(26)。そんな世界的な美女が16日、外国特派員協会で「日本の芸能界の暗部」と題した会見を開いたのである。

この日は東京・品川で行われる今年の世界大会の前日。本来ならタイトルホルダーとして準備に追われているはずだが、吉松はリハーサルはおろか、本番の出席自粛を余儀なくされる事態に……。一体、彼女の身に何が起こったのか。

個人弁護士も同席する中、海外メディアを前に自ら、流暢(りゅうちょう)な英語で訴えた内容は大手芸能事務所「ケイダッシュ」の幹部である谷口元一氏から、1年もの間、執拗(しつよう)な嫌がらせや脅迫、業務妨害を受けたという被害の数々だった。谷口氏は今の芸能界で知らない人はいないほどの実力者である。

コトの発端はその谷口氏が、吉松の海外エージェントであるマット・テイラー氏との間に金銭トラブルを抱えていたこと。テイラー氏が借りたカネを返さないことに腹を立てた谷口氏が、怒りの矛先をカネの貸借に関与していない吉松に向けたという。

谷口氏はテレビの収録現場に現れたり、自宅オフィスを不審者に盗撮させたり。また、九州の実家に住む吉松の両親にコンタクトを取るなど行動はエスカレート。テイラー氏が08年に自殺した元TBSアナウンサーの川田亜子さんの最後の恋人だったことを伝え、「(川田は)マットに洗脳されて自殺しました。育美さんも同じことになることを心配しています」と不安をあおるような発言もあったという。

会見ではその時の恐怖を思い出したのか、「丁寧な口調でも私も両親も脅迫のメッセージにしか聞こえませんでした……」と時折、声を詰まらせながらも気丈に語ったのだった。

■海外メディアは憤慨「ダイナミックウーマンの夢を奪うのか!」吉松は谷口氏個人を威力業務妨害で、民事と刑事の両方で提訴しているという。美女の涙の訴えを聞いた海外メディアの反応はというと――。「日本のメディアこそが取り上げるべき事件だ」(伊テレビ局の男性記者)、「日本の芸能界は本当に汚い。ダイナミックウーマンの夢を奪うのか!」(仏ラジオ局の男性記者)と憤慨の声しきりだった。

真相はこれから明らかになるだろうが、吉松の訴えがすべて本当ならば、完全なる犯罪である。ケイダッシュに問い合わせたが回答はなし。吉松の決意の訴えは、日本の芸能界に風穴をあけることになるのか。

http://gendai.net/articles/view/geino/146726

2013121705183890e.jpg
会見に臨むミス・インターナショナルの吉松育美さん

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   マスコミ   コメント(0)
2013/12/18 (水) 19:10  従軍慰安婦問題   コメント(2)
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2013/12/18(水) 17:53:49.13 ID:???0
米・グレンデール市の慰安婦像をめぐり、「テキサス親父」の名で知られる米国人男性が米ホワイトハウスのホームページ内の請願コーナー『WE the PEOPLE』で、「慰安婦像は平和の象徴を装っていますが、その実、日本と日本人に対する憎しみを煽るものです」とし慰安婦像の撤去を求める請願活動を行っている。

2014年1月10日までに10万件の署名が集まれば正式に受理されることから、日本でもツイッターなどを通して署名を呼びかけられており、この呼びかけを自民党の片山さつき参議院議員もリツイート。

片山氏は「昨日の怒りのリツイート以来、ホワイトハウスへの従軍慰安婦の像撤去の署名が爆発的に伸びています!」と明かしており、「日本のサイレントマジョリティーは、怒るとこわいんぞーというところを世界に見せましょう!」とコメント。12月18日13時7分現在、この署名活動には3万7041件の署名が集まっている。

テキサス親父の活動は韓国の大手紙やテレビ局でも報じられており、男性の下には殺害予告まで届いているという。

ソース:http://yukan-news.ameba.jp/20131218-92/

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(2)
2013/12/18 (水) 18:45  経済・企業・実業家   コメント(1)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/18(水) 12:14:22.82 ID:???0
「ブリヂストン」、「ミシュラン」、「グッドイヤー」の3強が君臨するタイヤ業界の勢力図に、変動も?12月2日、世界8位の横浜ゴムが11位の韓国・クムホタイヤと技術・資本提携に向けた協議を始めると発表したのだ。

「同規模のクムホタイヤさんとなら、対等な関係で提携できると判断しました」とは、横浜ゴムの担当者。「今後はタイヤの原材料から構造、製造工程まで、あらゆる技術を対象に協議を進めます。2社で研究開発をした方がより多くの費用をつぎ込めますからね」

実は今、タイヤメーカーに拡大の好機が訪れている。自動車評論家の菰田潔氏によれば、「BRICsで車の需要が高まり、世界的にタイヤが不足しているんです。そこで両社が提携すれば、横浜はクムホのアジア工場を新たな拠点とすることができるし、クムホには横浜の高い技術が手に入るので、双方にメリットがある」

横浜ゴムのタイヤの強みは、優れた耐久性にあるという。スポーツカーや高級車向けのメインブランド『アドバン』の最新型は、今年8月に日本発売が発表された最高クラスのメルセデス・ベンツに装着されているほどだ。が、相手は日本人技術者をあの手、この手で買収してきた韓国である。技術の流出は大丈夫なのか。

「タイヤの性能はゴムの質や構造、表面の模様などで決まりますが、各メーカーで最も違いが出るのは、ゴムの質です。横浜がどこまでその技術を開示するかは協議次第ですが、仮に非開示のものが流出したとしても、さほど影響はありません。その間も開発が進むので、流出した技術は古くなる一方なんですよ」(同)

提携が吉と出ますように。
http://www.gruri.jp/topics/13/12181800/
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   経済・企業・実業家   コメント(1)
2013/12/18 (水) 13:13  従軍慰安婦問題   コメント(0)
1: (ヽ´ん`) ◆ChahooS3X2 @ちゃふーφ ★ 2013/12/18(水) 03:17:37.90 ID:???0
米カリフォルニア州グレンデール市に設置された慰安婦を象徴する少女像をめぐり、米国人男性がこのほど米ホワイトハウスのホームぺージ(HP)の請願コーナーでオバマ大統領に像撤去を求める請願活動を始めた。

請願が正式に受理されるには、来年1月10日までに10万件の署名が必要だが、16日の時点で集まったのは2万件余り。達成は容易ではない。

「グレンデール市の公園に設置された侮辱的な像の撤去を」と題した請願を始めたのは、米テキサス州在住のトニー・マラーノさん(64)。

反捕鯨団体「シー・シェパード」(SS)による調査捕鯨への抗議活動で日本が不当におとしめられていると問題意識を持ったのをきっかけに、動画サイト「ユーチューブ」を使い告発を続けている。「テキサス親(おや)父(じ)」のあだ名で知られる。

請願コーナーで取り上げられる案件のほとんどは実現していないとされるが、マラーノさんは産経新聞の取材に「慰安婦像が平和よりも憎悪を助長するものだと感じる人にとって、請願が不快感を示す手段になればと思った」と請願活動を始めた動機を説明した。

請願の正式受理に必要な署名はこれまで2万5千件だったが、最近になって10万件に引き上げられた。米国内で複数の都市が慰安婦像の設置を検討しているといわれる中、10万件のハードルを越えられれば、グレンデール市以外の都市に「安易な決断をしないように働きかける事になる」(日本国内のマラーノさんの代理人)と期待する。

慰安婦像撤去を求める署名サイト(英語)は http://goo.gl/mnXO3Y、

英語での署名方法が分からない場合は http://staff.texas-daddy.com/?eid=454 に解説がある。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131216/amr13121623500003-n1.htm
no title


http://www.youtube.com/watch?v=_nHZzCS3t1I


>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   従軍慰安婦問題   コメント(0)
2013/12/18 (水) 11:01  軍事   コメント(0)
1: ラストボーイスカウト@空挺ラッコさん部隊 φ ★ 2013/12/17(火) 16:42:20.80 ID:???0
社民党前党首の福島みずほ氏が、戦争反対をツイッターで訴えている。17日、防衛大綱が発表されるのを前に、「戦争準備は真っ平だ。秘密保護法は廃止法を出し、国家安全基本法案が国会に上程されないよう全力を尽くします!一緒にやりましょう!」と訴えた。

その前提となるのが、特定秘密保護法が「大欠陥法であり、違憲の弾圧立法である」という考え方。福島氏は同法の廃止を求めていくという。

ただし、「なんで防衛なのに戦争準備になるのかなあ」というツッコミがあるように、福島氏が「防衛=戦争準備」と捉えることを拡大解釈だと捉える向きもあるようだ。

ソース:http://yukan-news.ameba.jp/20131217-118/

JoMuVeY.jpg

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   軍事   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング