2013/12/22 (日) 23:16  関東大震災   コメント(0)
1: 蚯蚓φ ★ 2013/12/22(日) 17:00:45.56 ID:???
韓国政府が駐日韓国大使館で60年ぶりに関東大虐殺名簿を発見したが、精密分析に着手さえしていないことが確認された。

関東大虐殺は1923年に起きた事件で1938~1945年の日帝強制占領期の強制動員被害調査と支援を規定した法に含まれず担当部署を決められなかったというのが政府の説明だ。国務調整室関係者は「国家記録院で分析中で、まだ担当部署調整手続きに着手していなかった」として「今後、担当部署を単一に決めるよりは名簿と関連した外交的問題が発生すれば外交部が担当し、国内補償問題は強制動員被害調査委員会がという方式で役割を分担すべきだろう」と語った。

22日、国務調整室と安全行政府などによれば国家記録院は今月の初め、駐日本韓国大使館で発見された23万人の名簿67冊の複写本を製作、既存名簿と対照して確認と検証など精密分析のために担当機関に送った。'3・1運動時被殺者名簿'は国家報勲処で、'日帝時徴用者名簿'は対日抗争期強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者など支援委員会(以下強制動員被害調査委員会)に各々移管されて分析が始まった。

しかし、日本の関東大地震当時、朝鮮人虐殺被害者290人の名前を入れた'日本震災時被殺者名簿'は行く場所が見つからなかった。窮余の策で国務調整室が引き受けたが、関連法不在の状況で国務調整室は'調整'に着手できないまま名簿を放置している。

国家記録院関係者は「日本震災時被殺者名簿は担当部署が決まらず国務調整室で調整することにして複写本を国務調整室に移管した。国家記録院は記録を管理して保存するのが主な業務だから名簿をデータベース化する作業の他に別途の分析作業は進行せずにいる」と確認した。

日本震災時被殺者名簿には1923年9月1日午前11時58分発生した関東大地震の時、東京一円で残忍に虐殺された朝鮮人290人の身上と関連記録が含まれている。関東大地震が発生した次の日から「朝鮮人が暴動を起こしている。爆弾を所持し、放火し、井戸に毒劇物を投げている」というおかしなうわさが飛び交い日本軍と警察、自警団に虐殺された朝鮮人の名簿とその実状が具体的に知られたのは今回が初めてだ。

名簿には日本人たちが'鉄熊手で犬のように虐殺'、'竹槍で腹部を刺した'、'ツルハシで虐殺'などの残酷な虐殺記録がある。当時、日本軍と警察、自警団によって虐殺された朝鮮人数は臨時政府集計基準で6661人と推定されるが2万3058人という主張も提起されている。

これに伴い、政府がこれを土台に積極的に日本政府に追加資料を要求し名簿を検証する一方、遺族に対して慰労金と賠償金を支給しなければならないという指摘が出ている。政府関係者は「今回発見された名簿はそれほど多くないから確認・検証作業の他にも日本側に要求し、追加で資料を確保して遺族に対する慰労金や賠償金をどのように支給するかも議論するなど積極的に出なければならない」と話した。

関東大虐殺担当部署候補としては外交部や安全行政府、教育部、強制動員被害調査委員会などが議論されており、国務総理室傘下にタスクフォースを作って関連団体が共同分析に着手し、その結果を土台に政府立法を進める可能性も提起されている。

アジアトゥデイ=イム・ジヨン記者

ソース:アジアトゥデイ(韓国語) 行き場ない'関東大虐殺名簿'…"調査着手もできなくて"
http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=912901

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   関東大震災   コメント(0)
2013/12/22 (日) 22:02  原発   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/22(日) 20:23:33.25 ID:???0
★原発再稼働反対訴えデモ 東京
12月22日 18時29分

政府が原子力発電所を活用する政策に転換しようとするなか、原発に反対する人たちが東京でデモ行進を行い、「再稼働反対」と訴えました。このデモは、原発に反対する活動を続けている市民グループが行ったもので、参加した人たちは22日午後、東京・霞が関の周辺で行進しました。

政府は、来月閣議決定する予定の新しい「エネルギー基本計画」で、前の民主党政権の政策を転換し、原発を「エネルギーの安定性を支える基盤となる重要なベース電源」と位置づけ、活用する方針です。参加者はデモ行進のあと国会議事堂を取り囲み、「再稼働反対」、「核のゴミを出すな」などと抗議の声を上げました。

また、汚染水の問題などで事故の収束作業が続く東京電力福島第一原発について、プラカードを掲げながら「海を汚すな」などと訴えました。埼玉県所沢市から参加した69歳の女性は「福島第一原発の問題が解決していないのに、運転を再開 したり海外へ輸出したりするのは反対だ」と話していました。

また、都内に住む44歳の父親は「子どもたちの将来のためにも政府は原発の『即時ゼロ』を決断し、再生可能エネルギーを目指すべきだ」と話していました。国会議事堂の周辺に集まった人は、主催した団体によりますとおよそ1万5000人、警視庁によりますとおよそ2000人だということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131222/k10014035531000.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   原発   コメント(0)
2013/12/22 (日) 19:10  新聞   コメント(0)
1: そーきそばΦ ★ 2013/12/22(日) 11:52:55.95 ID:???0
これが「強い国」を実現させる道なのだろうか。お互いに「強い国」を目指す隣同士の2国が、相手に対する不信感と警戒心を募らせ、軍事面だけを突出させたら、どういう結果を招くのか。

沖縄の人たちは、中国の海洋進出に対して強い懸念を抱きながらも、それが「日中冷戦」という形で固定化し、この地域の緊張が高まるのを何よりも恐れている。安倍政権が打ち出した「外交・安全保障政策の3点セット」は、そのような不安を抱かせる内容だ。

政府は17日、外交・安全保障の指針となる「国家安全保障戦略」を閣議決定した。あわせて、今後10年程度の防衛力整備のあり方を定めた「防衛計画の大綱」(新防衛大綱)と、5年間の具体的な整備計画を盛り込んだ「中期防衛力整備計画」(中期防)を決めた。国家安保戦略は国際協調主義に基づく「積極的平和主義」を基本理念として掲げている。

ただし、この「積極的平和主義」は、憲法9条を前提にした従来の平和主義とは似て非なるもの。海外での軍事行動も辞さないという軍事面での積極的貢献を可能とする内容である。武器輸出三原則の基準を緩和した。敵基地攻撃能力についても今後、保有を検討することになった。来年には集団的自衛権の行使容認に踏み込む構えである。矢継ぎ早の転換だ。これらの「3点セット」によって日本は、これまで歩んできた平和国家の道とはまったく異なる方向に、大きくかじを切ることになる。

「3点セット」の最大の特徴は、中国に対する警戒心を前面に打ち出したこと、防衛力整備の軸足を南西諸島に移し、離島防衛を主眼にしていることである。復帰前の冷戦期、沖縄は「太平洋の要石」といわれた。東西冷戦が終結しても沖縄に平和の配当はなく、復帰後も負担軽減は遅々として進まなかった。

そして今度は、「日中冷戦」をにらんだ日米共通の軍事拠点として位置づけられてしまった。新防衛大綱や中期防の中身を見ると、南西諸島における自衛隊の増強計画がめじろ押しである。目まいがするほどだ。

沖縄を舞台にした日米の軍事一体化は、負担軽減の動きとは完全に逆行しており、沖縄にとって、疑いもなく「新たな基地受難」の始まりになるだろう。 日中衝突による沖縄の「戦場化」を根拠のない不安と見てはならない。
   
国家安全保障戦略の中には「我が国と郷土を愛する心を養う」との表現で、愛国心を育てることが盛り込まれた。個人の心の領域に属する愛国心を上から国民に押しつけるのは「開かれた自由な社会」を息苦しくする。強制は逆効果だ。国家安全保障戦略には、信頼醸成や対話、文化交流など、権力政治を抑制するような外交努力の重要性が正当に位置づけられていない。東アジアの安定した地域秩序をどうつくっていくか。肝心な点があいまいだ。

沖縄タイムス 12月19日(木)9時35分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131219-00000013-okinawat-oki

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   新聞   コメント(0)
2013/12/22 (日) 18:34  生活保護   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/22(日) 13:46:38.87 ID:???0
★【東京】生活保護引き下げにNO 荒川で250人が抗議集会 2013年12月22日

生活保護や年金の引き下げなどに反対する集会「いのちとくらし、平和を守る荒川区民大集会」が二十一日、荒川区役所前の荒川公園で開かれた。車いすの高齢者など二百五十人が参加。「裕福な人に優しく、庶民に冷たい政治はやめて」と訴えた。

区内の複数の生活支援団体による実行委員会が主催。事務局長で都立産業技術高等専門学校名誉教授の吉田喜一さん(65)は「区内では年収二百万円以下の世帯が半数というデータもある。社会保障が次々に改悪され、黙っているわけにはいかない」と強調した。

全日本年金者組合荒川支部の宮本一郎支部長は「年金の減額に対する行政不服審査請求を一月に厚生労働省に東京一斉で行う。ぜひ受給者に参加してほしい」と呼びかけた。

参加者は、約一・五キロ離れた日暮里南公園までパレード。生活保護受給者の吉田広昭さん(50)は「生活費を切りつめエアコンのない部屋でこの夏は熱中症になった。現状を知ってほしい」と訴えた。来年の都知事選に期待も見せ、「都民の暮らしを応援してくれる新知事を誕生させよう」とシュプレヒコールも上がった。 (原尚子)

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/20131222/CK2013122202000130.html
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   生活保護   コメント(0)
2013/12/22 (日) 18:05  NHK   コメント(0)
1: そーきそばΦ ★ 2013/12/22(日) 15:44:16.32 ID:???0
最新の雑誌『別冊正論』はNHK批判を特集している。中でも興味深いのは桶谷秀昭氏の「大東亜戦争か太平洋戦争か」である。桶谷氏はかつてNHKのラジオ番組で「私の萬葉集」として、国民学校6年生で初めて読んだ思い出などを録音した。

 ▼「大東亜戦争たけなはの昭和18年でした」と語ったのだが、その後で担当のプロデューサーからクレームがついた。「大東亜戦争」を「太平洋戦争」に変えてくれという。押し問答の末、桶谷氏は断る。すると実際の放送では「大東亜」の3文字が消されていた。

 ▼「大東亜戦争」は開戦直後、日本政府が閣議で決めた先の大戦の公式名称だ。大東亜共栄圏の樹立を目指すという日本人の歴史観や、戦争の大義が込められていた。だから日本人に「太平洋戦争」を戦ったつもりはなかった。桶谷氏が言い換えを断ったのも当然である。

 ▼その「太平洋戦争」は戦後、占領軍が使用を強制した名称だ。日本人の歴史観を抹消し、自らの戦争を「正義」として位置づけるためだった。NHKがその後も「大東亜戦争」を認めないのは、片方の歴史観にくみするもので「偏向」と言われても仕方ない。

 ▼むろん他のほとんどのメディアも戦後、そうした歴史観から抜け出せずにきた。だが公正や中立を義務づけられたNHKがそれでいいはずはない。しかも歴史観だけではない。最近の特定秘密保護法問題で、反対の動きばかり報道するなどといった批判が渦巻いている。

 ▼問題は会長や経営委員会が批判に耳を傾け、放送内容をチェックしているかどうかである。していないとなれば食品会社などの経営者が商品にクレームをつけられても知らぬ顔をしているに等しい。籾井勝人新会長に期待したいことである。

ソース 産経新聞
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/131222/ent13122203220000-n1.htm
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   NHK   コメント(0)
2013/12/22 (日) 15:10  朝日新聞   コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/22(日) 12:36:07.81 ID:???0
朝日新聞は12月に入って安倍晋三政権批判にシフトチェンジしたように見える。第1次安倍政権では、(幹部が)「安倍の葬式はうちで出す」「安倍たたきはうちの社是」と述べたという話もある(小川榮太郎氏著『約束の日』=幻冬舎)くらい、朝日は政権と全面対立した。その原点に戻ったということだ。

今年2月初め、朝日の政治部記者から「会ってくれ」との電話があった。初めての記者だ。会うなり、「朝日は安倍政権と対立しないことに決めた」という。訳を聞くと、第1次政権で対立してお互いに何もいいことがなかった。だから今度は是々非々で行くというのだ。

さらに聞くと、第1次政権で対立して部数を相当減らしたとのこと。現金なものだが、所詮商業紙だから背に腹は変えられなかったのだろう。その後の論調は、記者の言った通り、極めて穏健なものだった。ひどく責め立てるような物言いはなく、TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)や消費税増税では政権と歩調を合わせてさえいた。

しかし、これは逆にコアな読者の不評を買ったらしく、東京新聞や共産党のしんぶん赤旗に移る読者が続出し、部数を落としたという。安倍政権と対立して部数を減らし、対立しなくなっても部数を減らしたというわけだ。

それが、12月に入って是々非々の姿勢さえ止めたようなのだ。きっかけは特定秘密保護法の制定だったが、視野に置いているのは憲法改正だろう。このまま安倍政権を続かせれば、憲法改正を実現する。ならば倒せということではないか。

だから、安倍政権のやることなすこと、すべて批判する。経済政策に対しても「大企業に優しく庶民に冷たい」と共産党と同じ主張をし始めている。全体主義と断ずる識者(佐和隆光・滋賀大学学長)の談話も掲載している。

朝日の論調を侮れないのは、テレビのワイドショーの制作者が朝日の論調に合わせた番組作りをするからだ。朝日の論調がワイドショーの論調を作り、ワイドショーが世論を作るという構造だ。先日もワイドショーが東京・巣鴨の街頭で70代の女性が「特定秘密保護法は本当に怖い」と答える映像を流していた。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131222/plt1312220716000-n1.htm
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   朝日新聞   コメント(0)
2013/12/22 (日) 14:39  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/22(日) 12:30:41.60 ID:???
2013年12月21日(土)15時半より、京都市・四条河原町で「在日特権を許さない市民の会(在特会)京都支部」による街頭宣伝と、それに対する抗議行動が行われた。

現場では在日外国人への生活保護支給が不要であると主張する少数の街宣参加者を多数の警官が外向きに幾列にも囲み、停止を禁じられたカウンター行動参加者がその前を往復するようにして排外主義への抗議の声をあげた。

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/117561
前スレ
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387676512/
スレが立った時刻:2013/12/22(日) 10:41:52.72

oFmGssU.jpg

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング