--/--/-- (--) --:--  スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ   スポンサー広告  
2014/01/11 (土) 23:56  韓国   コメント(0)
1: 壊龍φ ★ 2014/01/11(土) 17:00:01.33 ID:???
タンカーと貨物船衝突 対馬沖、けが人なし

11日午前2時40分ごろ、長崎県・対馬の西約22キロの公海上でマルタ船籍の貨物船「リガリ」(3万8851トン)から「タンカーと衝突した」と第7管区海上保安本部(北九州)に連絡が入った。けが人はなく、両船とも自力で航行できるという。

対馬海上保安部によると、タンカーは韓国船籍の「ディーエル・サンフラワー」(2万8519トン)で、ガソリンなどを積み、韓国からフィリピンに向かっていた。周辺海域に貨物船から流出した燃料油とみられる油が浮いており、対馬海保などが処理作業をしている。

msn産経ニュース: 2014.1.11 15:01
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140111/dst14011115020011-n1.htm
no title

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ   韓国   コメント(0)
2014/01/11 (土) 23:31  マスコミ   コメント(1)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/11(土) 11:44:43.38 ID:???
韓国前大統領の李明博(イ・ミョンバク)(72)が2012年夏に竹島に上陸して以降、日韓関係は最悪といわれるほど冷え込んでいる。これまでと大きく違うのは、少なくない日本人が「嫌韓」感情を隠そうとせず、李や歴史認識を盾に首脳会談に応じない現大統領の朴槿恵(パク・クネ)(61)の態度を公然と批判し始めたことだ。日本人が戦後長らくタブー視してきた「嫌韓」が表面化するきっかけは何だったのか。
 
「問題作」といわれる漫画が05年に出版された。在日韓国・朝鮮人は強制連行されたといった韓国側の歴史観を批判し、朝鮮半島の近代化に対する日本の貢献を主張した「嫌韓流」だ。広告宣伝がほとんどなかったにもかかわらず、出版前からインターネット上で話題を集め、現在までシリーズ約100万部を売り上げた。米紙ニューヨーク・タイムズは当時、1面で「韓国などへの対抗心をあおる漫画が日本でベストセラーになっている」と報じた。

「嫌韓流」は冒頭、日韓が共催した02年のサッカー・ワールドカップ(W杯)について描く。韓国選手の相次ぐラフプレーが反則とされなかったり、韓国応援団がドイツチームを「ヒトラーの子孫」と罵倒したりした逸脱行為を取り上げなかった日本のメディアに疑問を呈したのだ。

「韓国を非難することは言ってはいけない空気があった。何かおかしいとの思いが決定的になったのがW杯報道だった」。デザイン会社に勤めていた著者の山野車輪(42)は執筆の動機をこう振り返る。

(2へ続く)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140111/kor14011110000004-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140111/kor14011110000004-n2.htm
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   マスコミ   コメント(1)
2014/01/11 (土) 18:03  中国   コメント(1)
1: 壊龍φ ★ 2014/01/11(土) 08:35:30.09 ID:???
中国の崔天凱駐米大使は10日付の米紙ワシントン・ポストに寄稿し、靖国神社に参拝した安倍晋三首相を「(近隣国との)対話の扉を閉ざした」と批判、憲法改正の動きなども列挙し「好戦的な姿勢が地域の安全保障と経済的繁栄を脅かしている」と訴えた。

駐日大使も務めた崔氏は、靖国神社の歴史や展示施設「遊就館」の存在を紹介し「日本の侵略を悔い改めない思想の中心地」と形容。安倍首相の歴史認識を問題視し、首相が「平和憲法の書き直し」を目指しているなどと批判。「軍国主義」を放棄するよう求めた。

その上で「日本の指導者は近隣国に耳を傾けることによって、中国や米国、韓国などの国々とともにアジアの安定と繁栄を築くことができる」と論じ、この問題では米中が同じ立場だとの認識を強調した。(共同)

msn産経ニュース: 2014.1.11 07:39
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140111/amr14011107420001-n1.htm
no title
中国の崔天凱駐米大使

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(1)
2014/01/11 (土) 14:38  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/11(土) 00:33:30.40 ID:???
民族、部落、障がい者、ゲイ……
マイノリティーに対する偏見と差別が根強くあるのが日本社会だ。
 
マジョリティーの暗部と闘ってきた
「のりこえねっと」(正式名称:ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク)がきょう、新大久保に事務所を開設した。

「のりこえねっと」の共同代表には石井ポンペ氏(北海道アイヌ協会札幌支部長)、辛淑玉氏(在日3世=人材育成コンサルタント)、松岡徹氏(部落解放同盟中央本部書記長)、知花昌一氏(沖縄県在住の平和運動家、反戦地主)、鈴木邦男氏(一水会顧問)、佐高信氏(評論家)、村山富市氏(元首相)らが名を連ねる。

きょうは、魚住昭氏(ジャーナリスト)らが事務所オープンを祝って駆け付けた。
ヘイトデモでカウンターに立つ「男組」の山口祐二郎氏らの顔もあった。

マイノリティーの拠点が築かれた新大久保は、
ヘイトデモの嵐が吹き荒れるエスニックタウンだ。
共同代表の辛淑玉氏は「売られた喧嘩を買いました」。

http://blogos.com/article/77676/

no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/01/11 (土) 10:16  テレビ   コメント(0)
1: ウィンストンρφ ★ 2014/01/11(土) 08:08:54.20 ID:???0

フジテレビのドラマ『最高の離婚』の中で登場する人物が利用した名刺のメールアドレスに「tsunami-lucky」と書かれていたことを視聴者が発見し「津波ラッキーとは不謹慎すぎる」などと炎上していることが判明しました。

no title

番組内容としても東日本大震災発生時という設定であり、テレビ(フジテレビ)にシビアになってしまっている昨今、どんな些細な問題も大事になりそうだ。

問題のシーンは都並という人物が名刺を渡すシーンで使われている名刺。
こちらには確かに「tsunami-lucky@・・・」と記載されている。

なぜ突如「津波」が登場したのか疑問を抱く方もいるのかと思いますが、この名刺の苗字を見ればすぐにわかる「都並さん」そう、ツナミさんだ。つまりツナミさんのメールアドレスということで必然的に名刺にはそのように書かれている。

もちろんラッキーをつけたという理由は定かではないが、一般的に考えれば「なんとなく」でつける方が多いだろう。だが今回はその「なんとなく」がツナミと合わさることで「不謹慎」ということになり「津波ラッキーとは何事だ」という声が広がっている。

また「東日本大震災」発生時という設定も炎上した理由の一つでもありそうだ。
さて「都並」という苗字はなかなか聞きなれないが存在するのだろうか。

参考までに最も有名な人物として「都並敏史」というサッカー指導者がいる。
順位としては全国 73,140位でおよそ20人という希少な苗字であることが明らかになった。

―ネットの反応

・放送日は3月14日・さらに役名にも!
・もうやべーなこの局 なんでも来いやみたいな状態だな
・これホントなら気づいたやつすげーな。
・さすがフジテレビ!ぶれない!
・え~またですか・・・
・朝鮮人のマーキングかな
・これはヒドイ! 全力拡散!
・普通に名前からメールアドレスとっただけでは
・ありえない
・やり方がせこい上に汚い。ホント気持ち悪いわぁ
・笑った
・許せない。
・またまたフジテレビが
・これは難癖だろ

http://www.yukawanet.com/archives/4605016.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   テレビ   コメント(0)
2014/01/11 (土) 08:39  中国   コメント(0)
1: そーきそばΦ ★ 2014/01/10(金) 23:48:55.71 ID:???0
安倍晋三首相の靖国神社参拝について
中国が第三国のメディアなどを通じて批判を展開していることを受け、
外務省は在外公館に対し、中国の主張に反論し、
首相参拝の真意は「不戦の誓い」にあることを積極的に発信するよう指示した。

外務省幹部が10日、明らかにした。 
 
首相参拝後、中国は各国に駐在する大使らが記者会見や
現地紙への寄稿で首相を批判。アフリカ歴訪中の王毅外相も9日、
中東の衛星テレビ局アルジャジーラの取材に
「中国人民が受け入れられないばかりか、国際社会も受け入れられない」と語った。

これに対し外務省幹部は10日、「下品な反日キャンペーンには反撃する」と明言。
中国の主張に対し、逐一反論していくという。(2014/01/10-20:04)

時事通信
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014011000911

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。