--/--/-- (--) --:--  スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログランキング・にほんブログ村へ   スポンサー広告  
2014/03/01 (土) 23:46  経済・企業・実業家   コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/03/01(土) 21:53:01.89 ID:???0
求人が求職者数を上回る職種に広がりが出てきた。職業別の有効求人倍率(実数、パート含む)で1倍以上となったのは37職種と、前月から2つ増加。全体での比率は6割を超えた。とくに建設関連で人手不足が深刻だ。

雇用の需給バランスがとれないままだと、景気回復の足を引っ張る可能性もある。

厚生労働省がまとめた1月の有効求人倍率を59の職業分類別にみると、求人が仕事を探している人より多いことを示す1倍以上は計37職種(63%)。前月の35職種に、生産関連事務(1.05倍)、機械検査(1.04倍)の2職種が加わった。

人手不足が目立つのが、震災からの復興や東京五輪に向けた工事が増えている建設関連。建設(3.01倍)や土木(2.72倍)の作業員はもちろん、建物の骨組みにあたる躯体(くたい)の工事が7.32倍、電気工事が1.97倍と高い。建築・土木・測量の技術者も3.96倍と、あらゆる職種で間に合っていない。

建設以外でも、小売業などの販売職や営業職が1倍を超えている。労働環境が厳しい飲食や介護の関連職種は、2倍前後で高止まりしている。

現在は「地方でも建設業に人が集まらず注文に対応できない」(自民党議員)という。人手不足が景気回復の足を引っ張る事態を何とか防ごうと、政府・与党は建設や介護での外国人労働者の受け入れ拡大の検討に入っている。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2804E_R00C14A3NN1000/

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト
ブログランキング・にほんブログ村へ   経済・企業・実業家   コメント(0)
2014/03/01 (土) 22:30  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/03/01(土) 19:40:20.43 ID:???0
「韓国人を追放しよう。反日国家・韓国と断交せよ」1月18日、東京・六本木で「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などの極右団体メンバー約200人が行進した。

その一部は 「朝鮮人を殺そう」などという過激なスローガンも叫んでいた。周辺に警察官がいたが、制止することはなかった。メンバーたちは 在日本大韓民国民団(民団)近くの道路も行進した。民団のソ・ウォンチョル組織局長(62)は「これまでも在日韓国人の就職などで かなり差別があったが、『殺そう』などのスローガンを叫ぶことはなかった。在日韓国人たちはこのようなデモが広がっていることで、 実質的に身辺に脅威を感じている」と話した。

日本では米国が人権報告書で懸念を表明するほど「ヘイトスピーチ(憎悪表現)によるデモ」などの外国人憎悪現象が広がっている。これに対し「日本政府が放置しているからだ」という批判も相次いでいる。

日本政府は欧米の先進国とは異なり、ヘイトスピーチを「表現の自由」という名目で事実上放任しているためだ。デモの際に在特会の一部メンバーが警察に逮捕されたことはあるが、ヘイトスピーチが原因ではなく、デモ中にもみ合いになるなど物理的な衝突が発生したからだ。

こうした中、ヘイトスピーチによるデモは東京・大阪などの大都市だけでなく、北海道・山形・広島・長崎・神戸などの地方にも広がっている。インターネットを通じて関連動画も続々と拡散されており、実際の暴力事件にもつながっている。

先月には、神戸市内 の神戸朝鮮高級学校に男が侵入し、教員を金属棒で殴る事件が発生した。同校の校長によると、男は「お前は朝鮮人か」と叫びながら、教諭に殴りかかったという。ソ局長は「今は憎悪発言を通り越して憎悪犯罪の拡大が懸念されるほどだ」と述べた。

続きがあります
>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/03/01 (土) 20:54  嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
1: 蚯蚓φ ★ 2014/03/01(土) 13:59:35.94 ID:???
no title

2020年東京夏季オリンピック(五輪)招致が確定した昨年9月8日、東京のコリアンタウンで日本の右翼団体が嫌韓デモをしている。 「日本にはまだ『日本人専用』という看板が民間ホテルや食堂などに掲げられていて、在日韓国人や中国人に対する差別が存在している」。

米国務部が先月27日(現地時間)に発表した「2013年国家別人権報告書」の中の日本編に出てくる大きな内容だ。特に国務部は日本極右団体の嫌韓(韓国人を嫌悪するという意味)デモを指摘して批判した。米政府が人権報告書で日本の嫌韓デモ等を問題にしたのは初めてだ。最近、日米間で外交葛藤が起こっていることもあり、論争になることが予告される。

国務部は「2013年の1年間に、極右団体の会員らが東京にいる韓国人を相手に連鎖デモを行った」とし、「極右団体の会員らは人種を侮辱する言語を使って憎しみに満ちた演説をした」と明らかにした。代表的なものとしては、昨年6月17日に「在日特権を許さない市民の会」が東京で嫌韓デモを行った事例を挙げながら、「これによって同団体の代表とデモ関連者3人が警察に逮捕された」と紹介した。

国務部報告書は「日本政府の役人たちは公式的には在日韓国人を苦しめてはいけないと力説しているが、日本国内における人種や国籍に関する社会的な差別は依然と存在している」と指摘した。

報告書の中で国務部は、「日本に帰化しなかった在日韓国人らは、日本に永久的に暮らしながらも市民としての権利や政治的な権利の行使が難しい状態にある」と各部分で指摘している。その例として「法律では差別が禁止されているにも関わらず、日本で生まれて教育を受けた中国・韓国・ブラジル・フィリピン系の永住権者がさまざまな形態の強固な社会的差別に直面している」とし、「その中には住居や教育・医療・雇用機会に対する制約も含まれている」と強調した。

人権報告書によると、在日韓国人の場合、2012年に5581人が日本に帰化した。しかしまだ相当数が帰化できておらず、「在日韓国人の間では帰化申請に関して官僚的弱点があり承認手続きも不透明だとの不満が提起されている」と主張した。労働市場についても「雇用主は外国人には日本人と違った雇用契約書を使用している」と批判した。

日本の嫌韓デモは増加と激化の一途をたどっている。昨年の調査によると、過去3年間、嫌韓デモの数が10倍以上に増え、過去には「竹島〔独島(ドクト)〕返還」等だったスローガンが、「韓国人は害虫、殺虫剤でなくす」等の民族差別に変化している。

国務部は同日、北朝鮮の人権状況については2012年に続いて「依然として嘆かわしい」と表現した後、「脱北者は司法手続きによらない処刑や任意監禁などを持続的に報告している」と明らかにした。

一方、米国務部は人権報告書の韓国編の「言論の自由」の項目で、「昨年11月、韓国の放送通信審議委員会が、民間放送JTBCのニュース番組が政府を批判するパネリストだけを登場させたという理由で制裁を加えた」と批判した。報告書は「政府与党によって指名された委員が公正性と報道準則を違反したとして、このような制裁を主導した」と指摘した。

蔡東旭(チェ・ドンウク)前検察総長の婚外子問題も報告書に掲載された。国務部は報告書の中で「検察は国家情報院が蔡前総長に辞任の圧力を加えるため、婚外子の関連資料を保守メディアにわざと流したものと理解していると主張した」との事実を指摘した。国務部は2012年韓国大統領選挙の過程で国家情報院による介入事件があったと明らかにしながら、「しかしながら選挙は自由かつ公正に行われた」と評価した。

ソース:中央日報日本語版
<「日本の嫌韓デモ…韓国人の人種侮辱」…米国務省報告>
http://japanese.joins.com/article/409/182409.html

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   嫌韓デモ対カウンター   コメント(0)
2014/03/01 (土) 18:15  外交   コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/03/01(土) 14:29:44.36 ID:???0
来年度予算案が「審議不十分」という野党の反発を無視して、28日(2014年2月)にも衆院本会議で可決し参院の送られる見通しだ。その一方、衆院予算委員会では原発政策、TPP問題、NHK会長問題などの難題について審議が繰り広げられているが、政府・与党の強気の答弁ばかりが目立つ。毎日新聞論説委員の与良正男は「自民一強政治」の背景と現状を解説した。

◆「安・公すきま風」の穴埋める『みんな』『維新』すり寄り合戦安倍首相が繰り返し語っている「原発依存は可能な限り低減していく」という原発政策については、「『可能な限り』は極めてあいまいな言葉で、可能でなかったからできないって話になりかねません。3・11から3年、われわれ自身の気持ちも風化してはいけないと思うのですが、自民一強という体制の中で再稼動まっしぐらという感じがします。

さらに言えば、エネルギー基本計画では原発の新・増設を否定していない。まったく逆戻りするのかという感じがありますよ」という。「野党は太刀打ちできず自民一強に押し切られているどころか、『安(安倍)・公にすみま風』が吹き始めると、みんなの党と維新の会がすり寄り合戦です。怒られそうだが、原発政策や安全保障政策ですり寄る場面が目立つ」

◆「個人的意見」で済まないNHKの問題発言連発日米同盟がギクシャクしていることについてはこう見ている。「安倍さんの靖国参拝をアメリカは『失望した』といいましたが、一種、内政干渉と言っていいと思う。が、やっぱり安倍さんの歴史認識観、つまり先の大戦をどう見るか、東京裁判をどう見るか、A級戦犯をどう見るか、中国への侵略をどう見るか。それらを突き詰めていけば、A級戦犯、東京裁判を否定する話になり、反米になっていく。

アメリカはもしかしたら安倍さんは反米ではないかと疑い始めているのではないでしょうか。それをある種の政治的知恵でコントロールして日米間でやってきた。戦後自民党がやってきたその方法はそれでよかったと思います」

「NHK会長問題も同じ観点で考える必要があると思うんです。籾井勝人会長や経営委員の長谷川三千子さん(埼玉大名誉教授)、百田尚樹さん(小説家)の発言は、安倍内閣そのものがそういうふうに考えているのではないかとアメリカやヨーロッパが見始めています。いまや日韓、日中問題でなくて、日米問題になっているんです」

たしかに、安倍首相が白羽の矢を立てる人材には一つの傾向がある。勘ぐれば憲法改正への布石と見れなくない。

2014/2/28 10:07
http://www.j-cast.com/tv/2014/02/28197932.html?p=all 
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   外交   コメント(0)
2014/03/01 (土) 14:40  マスコミ   コメント(1)
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2014/03/01(土) 07:27:04.10 ID:???0 BE:617259029-PLT(12557)
慰安婦募集の強制性を認めた平成5年8月の「河野洋平官房長官談話」について、当時の事務方トップとして談話の作成にあたった石原信雄元官房副長官が、2月20日の衆院予算委員会に参考人として出席し、作成過程を初めて公の場で証言しました。

この中で、石原氏は談話について、慰安婦を強制的に集めたことを裏付ける客観的なデータはなかったものの、韓国の元慰安婦とされた16人からヒアリングを行って、その証言の結果としての心証をもとに作成し、証言の裏付け調査はしなかったと明らかにしました。

つまり、石原氏は談話が「客観的な事実」ではなく、単なる「証言の結果としての心証」に基づいて作成されたことを認めたわけで、これによって談話の内容の正当性は崩れたと言えます。また、談話がその後、国内外に与えた影響を考えれば「極めて重大な証言」です。

当然、産経、読売両紙は2月22日付の社説で「元慰安婦の証言の検証」を強く求めました。しかし、それこそ慰安婦問題を熱心に報道してきた朝日、毎日両紙は、記事を掲載しただけで、社説ではいまだに見解を示していません。この報道姿勢には大いに疑問を感じますので、今回はこれをテーマに書きたいと思います。(以下略・前文はソースで)

*+*+ 産経ニュース +*+*
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140228/plc14022823350027-n1.htm
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   マスコミ   コメント(1)
2014/03/01 (土) 13:16  毎日新聞   コメント(0)
1: 有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★ 2014/03/01(土) 12:01:34.86 ID:???0 BE:1309565849-PLT(12069)
<宣伝会議・協賛企業賞>新聞は苦手なので、毎日新聞を読む

課題企業のイメージや商品をPRするキャッチコピーやCM企画を公募する第51回宣伝会議賞で、参加各企業が選ぶ「協賛企業賞」が決まった。今回から参加した毎日新聞社は、京都府大山崎町の編集者・コピーライター、堀江成禎(まさよし)さん(37)のキャッチコピー「新聞は苦手なので、毎日新聞を読む。」を選んだ。

東京都千代田区の毎日新聞社で表彰式が開かれ、堀江さんに表彰状が手渡された。今回の宣伝会議賞には毎日新聞社を含む40社が課題企業として参加し、48万8916点の応募があった。今後、最高賞のグランプリなどが選ばれ、19日に発表される。

堀江さんは関西で活動し、2012年、産業広告のBtoB広告テクノコピー賞金賞を受賞している。今回の受賞作について「毎日新聞は中立で公平な情報が載っているイメージ。信頼性の高さを強調したかった」と狙いを語った。毎日新聞社への応募作品では5作が最終候補に残り、総合評価の結果、堀江さんの作品に決まった。

他の4作品は、
▽「毎日読んでも毎日新しい。」=加藤晃浩さん(26)
▽「あなたの毎日が変わる。あなたを毎日が変える。」=植村明弘さん(28)
▽「父さんが間違ってることを、毎日が教えてくれました。」=河野正人さん(29)
▽「毎日、新聞読んでますか? 毎日新聞、読んでますか?」=柳田和哉さん(68)。
【木村光則】

Yahoo!ニュース 毎日新聞 3月1日(土)5時0分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140301-00000002-mai-soci
no title

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   毎日新聞   コメント(0)
2014/03/01 (土) 11:22  韓国   コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/28(金) 12:42:56.49 ID:???
「外交戦で日本に勝った!」と韓国紙が快哉を叫んだ。4月にアジアを歴訪するオバマ米大統領が、日本訪問の日程を縮めても韓国に立ち寄ると決めたからだ。だが、一時は大喜びした韓国人も「オバマ訪韓」の代価の大きさにはたと気付いて焦り始めた。

・オバマ訪韓、「5年で4回」に難色の米国
・安倍の「靖国オウンゴール」で急反転
・安倍の挑発に米の不満爆発
・アーミテージら日本通まで「オバマ歴訪から韓国除いてはダメ」
・安倍に後頭部を殴られたバイデンも韓国の立場を積極支持

朝鮮日報のワシントン特派員の記事「韓日外交戦の舞台裏」(2月14日)の見出し一覧だ。記事の要旨は以下だ。

・オバマ大統領は日本、マレーシア、フィリピンを訪問する予定だった。韓国外務省が安倍晋三首相の靖国参拝を機に巻き返して、韓国訪問を実現した。

・「韓日両国の間で歴史認識を巡る対立が深まる中、日本だけ訪問すれば日本を一方的に支持することになる」との説得が功を奏した。

・靖国参拝で日本に裏切られたアーミテージ元国務副長官やバイデン副大統領も韓国支持に回った。

中央日報も勝利宣言した。ワシントン特派員電の「オバマ、韓日それぞれ1泊2日の訪問が有力――安倍参拝で2泊3日の日程を分けることに」(2月14日)がそれで、ポイントは以下だ。

・日本の慣例では、総理と天皇にそれぞれ会う日程が含まれて初めて国賓訪問と見なす。
 
・日本は米国に対し2泊3日の日程を求めていたのが1泊2日に減らされることになった。それだけに、盛大な国賓訪問を期待していた日本外交は目に見えない傷を負った。

・安倍首相の靖国参拝という不用意な一手と、ホワイトハウスへの韓国外交の執拗な説得が呼んだ結果だ。

両紙の記事はともに「日米間の不協和音を見逃さなかった韓国が、それに付け込んで見事に日本の鼻を明かした」との成功譚である。もっとも、韓国人の歓声は永続きしなかった。「オバマ訪韓」の発表が韓国時間13日早朝。同じ日にはケリー米国務長官がソウルを訪れた。朴槿恵(パク・クンヘ)大統領を表敬訪問した後、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談した。外相会談の後、記者会見したケリー長官は以下のように語った(日本経済新聞2月14日朝刊「米、日韓に早期和解迫る」による)。

( 続きます。 )
>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   韓国   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。