2014/03/07 (金) 09:35  米国   コメント(0)
1: 讃岐うどんφ ☆@転載可 2014/03/06(木)19:20:31 ID:Cwx700GNj
アメリカのケネディ駐日大使は6日、NHKのインタビューに応じ、歴史認識などを巡って冷え込んでいる日本と韓国の関係について、 「日韓両国が緊張緩和のプロセスを主導すべきだ」と述べ、来月予定されているオバマ大統領のアジア歴訪に向けて日韓が主体的に関係改善に取り組むよう促しました。

アメリカのケネディ駐日大使は6日、都内の大使公邸で、就任後テレビでは初めてNHKのインタビューに応じました。

ケネディ大使は、歴史認識などを巡って日本と韓国の関係が冷え込んでいることについて、 「日本と韓国は、アジアにおけるアメリカの最も緊密な同盟国だ。日米韓の3か国が協力し、良好な関係を築くことがそれぞれの国益にかなう」と述べました。

 そのうえで「日本と韓国が両国の緊張緩和のプロセスを主導すべきだ。アメリカも同盟国として支援できることは喜んで何でもしたい。 オバマ大統領も日韓関係が改善することを歓迎するだろう」と述べ、オバマ大統領が、来月、 日本と韓国を訪問するのに向けて日韓両国が主体的に関係改善に取り組むよう促しました。

 また、ケネディ大使は、沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題について、「難しく複雑な問題だ」と指摘したうえで、 「日米同盟の強化を図りながら基地負担を減らしていく」と強調し、負担軽減に取り組む姿勢を示しました。

3月6日 18時15分 NHK
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140306/k10015772251000.html
no title

>>続きを見る・・・
スポンサーサイト



ブログランキング・にほんブログ村へ   米国   コメント(0)
2014/03/07 (金) 09:13  外交   コメント(0)
1: 名無し ◆CiR.ksq36A 2014/03/06(木)14:41:42 ID:???
昨年12月26日、安倍晋三首相が靖国神社に参拝した影響が現在まで尾を引き、金融・経済の世界では中国・韓国と緊迫した状況が続いています。

これに関連しアメリカは「disappointed」との言葉を使い声明を出しましたが、これは原語からすると「(怒りをはらんだ)失望」というニュアンスであり、非常に重い意味合いを持っています。

裏を返せば、アメリカは靖国参拝をやめさせたい、という意図があるわけですが、長年にわたって靖国問題には干渉しない姿勢を取ってきたアメリカが、なぜ今回に限って、そのような声明を出したのでしょうか?「アメリカは日本が中国・韓国の近隣国と緊迫状態を続けていることを懸念している」などと解説しているメディアも散見されますが、ここには明確に別の意図があります。

少し横道にそれますが、韓国経済がここ数年、ずっと危機的状況にあるということをご存じでしょうか?

(中略)

このように見てくると、「disappointed」と言ったアメリカの発言の意図が浮かび上がります。つまり、靖国参拝そのものに対しての失望ではなく、「日本は韓国に対して資金援助をするものと期待していたのに裏切られた」というところが真意でしょう。

視点を変えると安倍首相の参拝は、いわば「韓国経済に救いの手を差し伸べない」という対外的な通告であり、それと同時に韓国に対する牽制だったと見て取れます。(文=土居亮規/Business Library Butterfly)
no title
就任後初めて靖国神社を参拝する安倍晋三首相=2013年12月26日、東京都千代田区の靖国神社。

>>続きを見る・・・
ブログランキング・にほんブログ村へ   外交   コメント(0)

▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング