2013/12/08 (日) 09:07  法案   コメント(1)
1: そーきそばΦ ★ 2013/12/07(土) 20:54:55.23 ID:???0
このコラムで、朝日新聞と毎日新聞の主張に対する反論を、集団的自衛権などをテーマに2回にわたって書いてきましたが、その度に多くのアクセスをいただきました。これまでもそうでしたが、安倍晋三政権が本格的な保守政治を進めてきていることから、とくに最近は産経、少なくとも私と、朝日、毎日両紙の見解は大きく異なるようになりました。

 私としては安倍政権の重要課題が進むのか、後退するのかは、国家、国民の将来を大きく左右すると思っているので、座視することはできません。そこで、今回は朝日、毎日両紙がことのほか熱心な特定秘密保護法案について、両紙の主張に対する私の見解を述べたいと思います。個別具体的な論点は、各紙面で詳細に報道されていますから、ここでは法案に対する基本的な考え方と、特定秘密に対する記者の姿勢のあり方に絞って論じます。

 まず、新聞各紙をごらんになっている方はご存じだと思いますが、この法案について「賛成」は産経・読売、「反対」は朝日・毎日とくっきり分かれています。私の見解はもちろん賛成です。ただ、特定秘密も歴史的に検証される必要がありますから、一定期間後は原則公開すべきです。そのための仕組みも作られることになりましたので、後はこれらを確実に実行してもらいたいと思います。

 これに対して、朝日、毎日両紙は相変わらず、猛烈な「反対のための反対論」を掲げ、それに沿った紙面づくりをしています。しかし、この主張には国際的な現実という視点が決定的に欠けています。

 産経、読売両紙が何度も書いているように、現在そして今後の国際的な安全保障、つまり国民の安全にかかわる外交、軍事の分野においては今や、「情報戦」が最も重要になっています。どんなすばらしい兵器をもっていたとしても、情報で後れをとったら外交、軍事の分野で優位に立つことはできません。それが国際社会の現実です。

産経新聞 12月7日(土)10時31分配信 朝日・毎日は特定秘密保護法案に反対するほど取材しているか!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131207-00000522-san-pol

>>(2へ続く)

2: そーきそばΦ ★ 2013/12/07(土) 20:55:04.19 ID:???0
>>(1の続き)

その際、重要な情報を他国から得ようと思えば当然、その機密は守られることが前提になります。その国に機密情報を伝えたら、すぐに表に出てしまうということになれば、提供する必要があっても提供できないということになるからです。とくに日本には諜報機関がありませんから、そうした活動による機微な情報は、他国に頼るしかないのが実情なのです。

 しかし、朝日、毎日両紙は、そうした国際情勢を踏まえた法案の必要性にほとんど触れず、「国民の知る権利」という国内の観点のみを強調して反対論を展開しています。それも、いろんな例を挙げて「こういうこと、ああいうことをしたら逮捕されてしまう『おそれ』がある」と、不安ばかりをあおる紙面作りをしています。これでは「バランスを欠いた現実無視の反対のための反対論」といわざるをえません。

 また、両紙は世論調査をやっては「反対」が「賛成」を上回っていることを掲げて、「国民は反対している」と強調しています。しかし、私はこの問題は一般の方には分かりづらい問題なのではないかと思います。政府に秘密があった方がいいか、ない方がいいかと聞かれたら、当然、多くの方は「ない方がいい」と答えるに決まっています。政府に秘密があるのは「当然」または「仕方がない」と答える方は、かなり国際情勢や外交、軍事の事情に精通されている方です。

 ここで、一般の方にも分かりやすいように身近な例で説明しましょう。友人のAさんから
「これは秘密だから言わないでね」という前提で聞いた話を、別のBさんに話してしまって、そのことをAさんが知ったら、Aさんはもう信用して秘密を話してくれなくなるでしょう。へたをしたら絶交などということにもなりかねません。

 国家と国家の関係も、これと同じことなのです。日本に情報を提供したら表沙汰になると思われたら、機密情報を他国から得ることはできません。しかし、その機密情報が得られなければ、世界各国が激しい情報戦を行っている中で、現在、そして将来にわたって、国家、国民の安全を守ることができません。

朝日新聞が真の戦犯だった。朝日が戦前・戦中に体制に迎合したというのはウソ。朝日新聞は戦前から現在まで日本国解体工作を続けてきた。

朝日新聞に操られた近衛文麿が危機を演出し、体制革新つまり統制経済化・社会主義化のため意図的に日中戦争を拡大した。紙面に煽られた国民も支持した。

近衛の中国政策についてのブレーンになった朝日新聞記者の尾崎秀美は近衛を日中戦争拡大、日ソ中立条約締結、対米戦に誘導してソ連を守り、敗戦革命で日本の赤化を図っていた。尾崎は、コミンテルンのスパイ・ゾルゲ事件の共犯で死刑になった。ゾルゲ事件では尾崎の同僚であった朝日新聞東京本社政治経済部長田中慎次郎、同部員磯野清も検挙されている。

史実を追えば、日中戦争の発端の盧溝橋事件では、7月11日、北平特務機関長の松井久太郎大佐と大使館付武官補佐官の今井武夫少佐は、第29軍の秦徳純副軍長との間で、盧溝橋事件現地協定という停戦協定を締結。しかし、7月11日、同日に近衛内閣は、華北の治安維持のため、派兵を声明し、各界に挙国一致の協力を要請。

また、昭和13(1938)年1月16日には参謀本部は講和を志向していたが、近衛が「帝国政府は爾後国民政府を相手にせず」と声明発表し断交。以後、交渉不能に。しかし、近衛はゾルゲ事件後の昭和18年にはコミンテルンの影響を脱したらしい。それで、陰謀の中身を明かして終戦工作の近衛上奏文を書いた。

(以下抜粋)
抑々満洲事変、支那事変を起し、これを拡大して遂に大東亜戦争にまで導き来れるは、これら軍部内の意識的計画なりしこと、今や明瞭なりと存侯。

満洲事変当時、彼等が事変の目的は国内革新にありと公言せるは、有名なる事実に御座侯。

支那事変当時も、「事変永引くがよろしく、事変解決せば国内革新はできなくなる」と公言せしは、此の一味の中心的人物に御座侯。
 
これら軍部内一部の者の革新論の狙いは、必ずしも、共産革命に非ずとするも、これを取巻く一部官僚及び民間有志(之を右翼というも可、左翼というも可なり、所謂右翼は国体の衣を着けたる共産主義者なり)は、意識的に共産革命にまで引ずらんとする意図を包蔵しおり、無智単純なる軍人、これに躍らされたりと見て大過なしと存侯。


そして、近衛は自殺するが朝日は残った。

朝日、毎日両紙が強調するように、国民には「知る権利」があり、それは憲法で保障されています。そのこと自体に私も異論はありませんし、われわれマスコミの存在理由もそこにあります。ただ、「国民の知る権利」は、国民自身の安全を守るために、時と事案によって一定の制限を受けるのはやむをえないと思います。

次に特定秘密に対する記者の姿勢のあり方について論じたいと思います。外交や軍事などの分野の機密情報は、法案が成立したら突然できるわけではなく、過去も現在もあります。実際、私は外務省も防衛省も長く取材してきましたので、機密情報には頻繁に接触してきました。その度に私は報道することが国家、国民にとって利益、つまり国益になるかどうかを考え、伝える必要があると判断した事案はスクープという形で報道してきました。一方、国益に反すると判断した時は控えてきました。

 たとえば、外務省にはその内容から「機密」に指定される文書が存在します。私は何度もその文書を入手して、スクープしてきました。しかし、その機密文書が外部に流出することは許されることではありませんから、私は入手しても、入手していないように配慮して、記事を書いてきました。たとえば言葉の順番を入れかえたり、意味が変わらないように表現を変えたりしてです。

 そうしてきたのは、私に機密文書を提供してくれた取材源を守るためです。機密文書が流出したと明らかになると、その文書に接することができるのは限られた人ですから、犯人捜しが始まれば特定されてしまいます。しかし、われわれマスコミは国民に真実を伝えていく責務からも、取材源は守らなければなりません。そうした取材源秘匿の権利は過去の判例でも、「国民の知る権利」の観点から正当と認められたものについては認められています。

ここで、西山記者事件について詳しく述べる余裕はありませんが、彼の取材手法や、入手後、報道をせずに国会議員に機密文書を渡したことを考えれば、有罪となるのは当然だと私は考えています。少なくとも私は、これまでの取材において記者としての矜持(きょうじ)は保ってきたつもりですし、機密文書を入手して国益にかなうと判断すれば堂々と報道し、彼のような他人に手渡すなどということをしたことはありません。

 それを踏まえて、朝日、毎日両紙の反対論に「記者としての姿勢」という観点から反論します。まず、両紙の記者は「国民の知る権利」を振りかざすほど、きちんと取材して応えていると言えますか。胸に手を当てて考えてみてください。私は最近の各紙を読んでいて国家の機密に触れたスクープが少なすぎると思います。わが産経新聞も含めて、今の若い記者は「国民の知る権利」に応えるだけの取材をしていないのが現状ではないでしょうか。

 私は今年5月まで、政治部記者として永田町、霞が関で取材してきましたが、今の若い記者のほとんどはサラリーマン化してしまっていて、機密情報を入手するほど取材先に食い込めていないのが現状です。しかし、記者にとって情報は「与えてもらうもの」ではなく、「取材先に食い込んで自ら取るもの」なのです。

 普段は自分がそこまで取材していないにもかかわらず、特定秘密保護法案に対して目の色を変えて反対論を展開するというのは、記者の姿勢としていかがなものでしょうか。自分自身のが「国民の知る権利」に応えられていないサラリーマン記者には、法案に反対する資格はないと思います。

 ただ、朝日、毎日両社の中にも、機密情報を得ながら国益に反するという理由で報道していない記者が、少なからずいることを私は知っています。そうした「できる記者」ほど、特定秘密保護法案の必要性を実感していると思いますが、おそらく社内事情で主張できないのでしょう。しかし、それもまた「サラリーマン記者」であることを反省してほしいと思います。

私が考えるに、記者は特定秘密保護法があろうとなかろうと、報道することが国家、国民の利益になるという情報を得たときは報道すべきなのです。それで罪に問われるなら、裁判で堂々と「自分は正しい」と主張して戦えばいいだけです。自分の体を張る覚悟がなければ「国民の知る権利」に応えるべき記者、ジャーナリストは務まりません。特定秘密保護法ができたら萎縮してしまうような記者は今すぐ、仕事を変えるべきです。

 朝日、毎日両紙の記者、とくに社説を書いている論説委員に問います。あなた方はそういう覚悟を持っていますか。国家、国民のためよりも、会社の中で何とかうまくやっていきたい、出世したいという根性でやっていませんか。会社の方針に安穏と従って特定秘密保護法案にも反対していませんか。

 もうこれ以上、「反対ありきの反対論」で国民を誤った方向に導くのはやめてほしいと思います。「国民の知る権利」が守られるかどうかは、特定秘密保護法案ではなく、われわれ記者の気概と姿勢にかかっているのです。(高橋昌之)(終)

産経新聞 12月7日(土)10時31分配信 朝日・毎日は特定秘密保護法案に反対するほど取材しているか!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131207-00000522-san-pol



11: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:56:40.42 ID:QneIHVZJ0
>>1

記者クラブでノートPC叩いてるだけの記者が
この法案と何が関係あるのかわからんわ。

週刊誌の奴らの方がよほどがんばってるわ。

29: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:00:25.07 ID:VBBmQCas0
>>1
その通り朝日、毎日は日本の国益を損なう。

91: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:18:23.01 ID:CbKAD7t+0
>>2
濡れた

3: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:55:18.76 ID:mBh6DTae0
マスゴミ同士討ちw

182: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 22:00:33.74 ID:6dlGLxSZ0
>>3
マスコミは元々こうあるべきだな
もっとやって欲しいくらい

7: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:55:52.66 ID:DOyZPD3C0
3年前 
 no title

8: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:56:07.34 ID:nYJwREo00
特定秘密保護法の成立をどう思う?

成立してよかった 39.1%
成立してよかったが、手続きはよくなかった 10.6%
そもそもこの法律に反対 46.0%

左翼に押されています

ぜひご協力お願いいたします
http://polls.dailynews.yahoo.co.jp/domestic/10477/result

92: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:18:24.54 ID:w7Ao/Ii50
>>8
ヤフーってだけでアウェーだよな・・・・

96: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:21:20.88 ID:ZJlm4JFg0
>>8

それ成立してもよかったけどやりかたがよくないってのとわけてるからな。

それをたすと少し賛成派が上回る。

13: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:56:45.87 ID:6/f1V3QW0
朝日・毎日の記者は日本の敵
甲子園に高校球児を送るのはやめよう
新しいのを作ろう

15: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:57:19.94 ID:Wrs6BwRK0
売国マスゴミは逮捕しろ

16: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:57:30.72 ID:ulRWDtit0
今日の朝日新聞も「支那の防空識別権撤回決議案全会一致で可決」のみで
      
民主の欠席の記述なし、マスメディアが隠すのも国が隠すのも一般の日本人に
     
とっては同じ事、防衛の戦争は有という日本の世論形成が絶対必要。

17: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:57:32.13 ID:92nKfl9w0
反権力やってたらなんか自由っていう気分で動いてるだけだろ

18: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:57:53.26 ID:UK2BUXFW0
日テレはひどいもんだが読売とは別なのか

19: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:57:53.52 ID:Qc6H/akj0
権利には義務が伴う

23: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:59:08.71 ID:gRfCbsc30
アカヒ、毎日も支那チョンのために頑張ってるんや!!

25: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 20:59:46.28 ID:yUh98dZd0
ねつ造の自由のアカヒが一番怖いわ
戦前を思い出したわ、知らないけど、
日本国民を、戦争に引きずり込んだ時もこんな感じだったんだろうな、

28: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:00:16.73 ID:ID2t7xvy0
そもそも日本は無条件降伏国なんだよね
いつの間にそういうの忘れるわけ?
世界の枠組み舐めてんの?

131: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:35:59.28 ID:hsHnrf2d0
>>28
なにそれ。ぼくのかんがえた新ジャンル?

馬鹿じゃねーの?

31: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:00:42.01 ID:H/KuuQs80
朝日は戦中、偏った報道で日本を不幸にした事実を忘れたのかね。
こいつらが何時の世も中立でいられないのはなぜなんでしょうね。

32: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:00:42.84 ID:vjPmmP3J0
名指しの批判とか、世論の後押しがあるから強気だな
応援してるで

33: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:01:49.75 ID:hnQlQ2d00
産経もっとやれ。

34: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:02:06.86 ID:FEw7grAi0
産経新聞がんばれ

36: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:02:17.23 ID:7qfMNi4R0
権力を批判すると左翼とか中韓とかチョンとかレッテルを貼ってる奴ほど馬鹿なものはない
読売、産経などこの世に無くて十分

70: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:09:06.04 ID:4v3QcKal0
>>36
たしかに、そういうレッテル貼るのは馬鹿だとは思いますけど、
今回の朝日毎日の報道は
明らかに偏ってると思わないですか?
存在するはずの逆の立場の意見は
ほとんど紹介されていないですよ。

37: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:02:22.00 ID:NpIN86s00
国民が自民党を選んだんだから特定秘密保護法だって民意だろ@共産党支持者

43: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:03:32.21 ID:0QxvqKov0
テレビはひどいものだな
特にフジテレビ
ネットにはいれない爺さん婆さんは騙されそうだ

44: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:03:37.04 ID:dHSUyaHt0
国民が是非を判断できる材料を提供するのがマスコミの仕事であって
右左の偏った方に導けばそれは政治団体とやっていることは何も変わらない

45: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:03:46.05 ID:aQVP4X3t0
朝日新聞て、もう完全に言いっぱなしで
反論については完全に無視するようになったよな。
コイツ等、購読者に対しても同じ態度なんだぜ。
完全に開き直っていて、ある意味、スゲェわ。

63: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:07:20.23 ID:G95EyVlx0
>>45
朝日をいまだに購読しているやつが、朝日に反論なんてするの?

47: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:03:57.34 ID:Xzehz9E40
まあ、なんだかんだ言って、いろんな意見があるのは健全な社会なんだろうな。
ただ、今回みたいに、TVを見たらほぼ反対ばっかり。
何とかグループとか出てきたら反対意見とかいうのはあかんだろ。

50: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:04:20.19 ID:hk/IzUwl0
変えられないよ
社是なんだからw

54: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:04:57.12 ID:878kbsZe0
殺人犯の捜査情報も
逐一明らかにしないと
朝日や毎日は「知る権利の侵害!」って吠えまくる感じだわな

こんな連中ジャマでしょうがないよ

55: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:05:24.08 ID:p8D0lvKV0
朝日・毎日をもっと挑発して、もっと過激な発言やコラム引き出そうぜ!
案外簡単に、ものすごい危険な発言繰り出すかもw

57: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:06:19.05 ID:yUh98dZd0
アカヒに変態新聞、それと日本のクソ左翼の捏造のせいで、日本と中韓が仲悪くなったんだろうが

ほんと何考えてるか分からないよな、日本のクソ左翼って

62: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:07:11.80 ID:+2Kz1jkGi
>>57
手遅れだが慰安婦問題は、朝日新聞を使った中国共産党の日韓の離間策であった。また、最近は米国慰安婦も問題になりつつあり、韓国国内では、反米かつ反政府運動になりつつある。
また、慰安婦問題を米国内で拡散しているのは中国だ。

中国は北朝鮮のスパイを韓国のマスコミや教育界に送り工作。アホな韓国は向こうに行った。
元日本人と日本人の泥仕合を中国と朝日新聞はあざ笑っているはずだ。
次に中国共産党は日米離間を狙っている。真の敵は中国。

第二次世界大戦でも、アメリカの国内世論を南京大虐殺で反日に誘導したのは中国共産党。
アメリカ国内で、反日運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描かれた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、コミンテルンの大物スパイ、
ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

で現代に戻ると、以下は産経記事。
日本非難を露骨にしたこんな活動を米国内で一貫して進めるのは一体、だれなのか。日本側では単に「韓国ロビー」というだけで、その実態は伝えられない。
すでに慰安婦碑を建てた東部のニュージャージー州などでの動きを含めて表面に出るのは、
ごく少数の韓国系米国人の名と特定地域で旗揚げした「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム(KAFC)」というような新参の団体名だけなのだ。
全米規模で機能する韓国系組織の存在は感じられない。
そんなことをいぶかっていたら真の主役がやはり顔を出してきた。

中国系在米反日組織の「世界抗日戦争史実維護連合会」(抗日連合会)である。
抗日連合会はカリフォルニアやニュージャージーでの慰安婦像などの設置を自己の活動の「最新の前進」として自サイトで
公式に発表したのだ。米国各地での慰安婦像の設置を今後も推進すると宣言していた。

産経13年8月31日
(ワシントン駐在客員特派員 古森義久)
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130831/amr13083108510003-n1.htm

58: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:06:30.83 ID:4YCnmJFH0
在日通名は チョウニチ新聞の 特別機密だって?

59: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:06:50.90 ID:v3t9dp+E0
戦前に、市川房枝の売春防止法と婦人参政権に反対しまくってたのもこいつらだよな。

88: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:17:40.71 ID:55Jpob/60
>>59
その通り。
朝日が民主主義を説くなんて、大笑い。

60: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:06:52.47 ID:nDejFO9f0
そんな良識のある人間だったらサンゴ礁を傷つけるはずがないし、
事実無根の変態記事を書くはずもない。
朝日・毎日に就職するような人間は屑の集まりだよ。

61: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:07:07.44 ID:cQJEEYNG0
よくわからないんだけど、同じグループであるフジテレビと産経新聞ではどうしてこんなに立ち位置が違うんだ?

64: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:07:27.44 ID:Yl3XOVMU0
世論を作ろうというのがおこがましい

65: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:07:54.37 ID:l7pxfUWB0
嫌韓の産経と読売
日本も末期

親日のネトウヨ新聞

71: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:09:09.74 ID:nDejFO9f0
>>65
えっ
日本人が親日で何か問題あるの?

66: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:08:21.39 ID:GcTO1p5p0
朝日・毎日のキチガイ記者は一匹残らず殺した方が良い!

67: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:08:39.18 ID:gYeCMrKy0
フジはおかしいが産経は正解です。

68: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:08:39.63 ID:Ac1r7vd60
もう朝日関係は一切目にしないよ。
知らぬ間に売国に洗脳されそうで怖いよ。

毎日は放っといても・・ww

74: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:10:41.31 ID:1dzH17/70
これは産経が正しい。

朝日・毎日・NHKなど反日マスゴミは、中国韓国の提灯ばかり。
これ以上、平和の妨げは許されない。

76: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:11:35.18 ID:KlSnimk30
正論だがあいつらにゃ言うだけ無駄なんだろうなぁ。
若宮がソウルで左団扇で生活してるのを見せ付けられりゃ後輩だってそれに続きたくもなるだろうさ。

81: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:14:37.85 ID:+2Kz1jkGi
中国共産党とコミンテルンが操ったのは朝日新聞と日本だけではない。
第二次世界大戦前、モンロー主義で国外問題不干渉で反戦だったアメリカの国内世論を南京大虐殺で反日に誘導し参戦に誘導したのはコミンテルンと中国共産党。

アメリカ国内で、反日か運動を行ったのはコミンテルンの活動家で南京大虐殺について描いた「アジアの戦争」の著者エドガー・スノーらだった。
これが、南京大虐殺の最初の記述だとされている。
また、同様にジャーナリストとして日本批判記事をアメリカの新聞に送っていたスメドレーはゾルゲ諜報団のメンバー。赤狩りで国外脱出後、急死。
さらに「大虐殺」の証拠の一つとされた『ラーベ日記』筆者、ジョン・ラーベは、ゾルゲの活動を上海で支援していた赤軍諜報部員の友人だった。

当時、アメリカにはコミンテルンのスパイがたくさんいた。ルーズベルトの側近にもいた。ハルノートをドラフトしたハリー・ホワイトは、原案にあった日本が手をひく対象を「満州を除く中国」から「中国」に変えて日本を戦争に追い込んだ。

結局、アメリカは戦後、共産主義への防波堤だった日本を壊したことが失敗だったことを悟る。

アメリカ国内外で赤狩りがはじまり、ハリー・ホワイトは自殺。

なんと言っても「日本の敵」の真打は、ハーバード・ノーマンだ。

カナダ外交官で、戦前から終戦後にかけて「知日派学者」として名を馳せたノーマンは、マルクス主義者であり、コミンテルン工作員であった。
彼はケンブリッジ大学留学時にイギリス共産党に入党し、インド独立運動に関わった。
ちなみにゾルゲや朝日の尾崎秀美の一味のアグネス・スメドレーもベルリンでインド独立運動に携わり、その後上海に入っている。

ノーマンは、昭和12年に支那事変が始まると、スメドレーの親友で戦後「女性開放」運動に影響を与えたアメリカ共産党員の石垣綾子やキョ朝鼎、
また都留らとともに、アメリカ国内で反日、反戦活動を繰り広げた。
日本に石油を売ってはならない、中国を侵略している日本を孤立させていこう、と呼びかける反日集会を二ユーヨーク・ボストン・フィラデルフィアなど東部の主要都市で開催し、
昭和14年のアメリカによる日米通商航海条約破棄を大きく後押ししたのだ。

82: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:14:42.67 ID:95aw7f020
数年前に民主党が政権を握った直後に、
産経だけがTwitterで「野党になる」と宣言していた。
あの時は産経の言動に不信感を抱いてしまった自分だが、
今は産経の言動にものすごく信頼感を寄せている。

83: 名無しさん@13周年 2013/12/07(土) 21:15:11.62 ID:1x0kPjLF0
売国朝日新聞と毎日朝鮮新聞は日本の敵
このマスゴミ2社を潰す事が日本の国益になる

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ   法案   コメント(1)
▼ コメント
いつもの名無しさん 2014/06/02/20:36/369
潰れないかな、朝日新聞
▼ コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無しさん』と自動で表示されます。


▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング