2013/12/27 (金) 09:56  中国   コメント(0)
1: イカ即売会φ ★ 2013/12/26(木) 11:41:09.79 ID:???0
「中国軍部は、すでに実質的なクーデターに成功し、中国政府を乗っ取っていると思われる。習近平主席は軍部が選んだ、名ばかりの指導者に過ぎない」米国防総省の情報機関である国防情報局の内部メモが、衝撃的な分析をしている。

このメモは正式文書ではないが、米国防総省の政治担当副長官らが国際情勢の分析を行うために使っているだけでなく、ホワイトハウスや国務省の政策担当者も注視している。この情報メモによると、中国の共産党地方支部は腐敗がひどく、自己修正の望みはまったくないという。米国防総省は、1999年に出した「アジア2025」という報告書で、すでに中国国防政策の重要な要因として地方の混乱をあげている。その後の各種報告書でも、「中国共産党の中央部が地方に対する統制を失っている」と述べている。

中国に詳しいキッシンジャー博士は、私にこう言ったことがある。「私は中国を訪問するたびに、各地を訪問して実地に地方政治の実情を見聞きするようにしている。つい最近の訪問では、地方の中国共産党と中国軍部が、きわめて密接な関係を持ち、すべてを話し合って決めているように見受けた」

キッシンジャー氏はさすがに決定的なことは言わなかったが、中国共産党の中央部が地方を動かすことができなくなっていることをうかがわせる口ぶりだった。現在、習近平主席は日本に対して、きわめて戦闘的な姿勢を続けている。米国防総省も、中国が防空識別圏をさらに拡大するとみているが、この習主席の強気の姿勢は中国軍の決定によるものだろう。

「中国軍は、アジア西太平洋と東シナ海や南シナ海から、米軍を追い出し、日本を制圧するという戦略を決めた」。米国防総省の担当者はこう述べている。中国軍の内部情勢について、十分な情報を集めることが難しいことは、国防総省も認めている。米国が懸念している、艦艇攻撃用の高性能クルージングミサイルなどについての情報を探るためには、駐在武官に極秘の行動をとらせたり、軍事基地・施設に入りこませたりしなければならなくなっている。

米国防総省の最高顧問の一人は、こう言っている。「長期間、優秀な担当者を軍事施設やその周辺で行動させるのが、きわめて難しく危険になっている。この間もビジネスマンとして担当者を潜入させたが、情報収集が難しくなる一方だ」米国と中国の関係は、通貨財政面では協調的な姿勢を強め、衝突はみられなくなっている。だが、習主席の異常なほど強気な軍事政策や、中国の秘密保持の姿勢が強化されたことなどから、中国政府が共産党、国務院主導から軍主導になったことは明らかだ。

■日高義樹(ひだか・よしき)
1935年、名古屋市生まれ。東京大学英文科卒。59年NHKに入局し、ワシントン支局長、理事待遇アメリカ総局長を歴任。退職後、ハーバード大学客員教授・同大諮問委員を経て、現在はハドソン研究所首席研究員、全米商工会議所会長顧問。

http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20131226/dms1312260724003-n1.htm
no title

6: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:43:18.49 ID:IWylnKxB0
習チンペーは無能だからなw

108: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:13:50.01 ID:msOiNHHp0
>>6
いやいや有能だろ。
操り人形として

7: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:43:27.13 ID:EiaDGayh0
能天気な中国海軍が?、そりゃあ怖いwww
 

9: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:43:55.98 ID:zo0FIh9C0
乗っ取るも何も、人民解放軍は中国共産党の私設軍みたいなものだろ

104: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:12:53.37 ID:M2yOiy450
>>9
今までは共産党幹部が押さえていたが、私設軍の方が力強くなったらどうなると思うかね?

138: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:32:24.52 ID:cxVQw5o20
>>9
旧ソ連のような党主導の統一した軍隊でなく、旧地方軍閥が中共に寝返ったものから始まったのがほとんどらしい。

20: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:46:12.52 ID:hfx15jXeO
盗賊が軍隊、政治家になった国だもん

23: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:47:33.36 ID:41EGDVjq0
お飾りキンペイちゃん戦争招き猫みたいだよ
軍は戦争したくてたまらないんだろう

24: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:47:35.95 ID:VGz0AEE30
軍部が政治してるって、ヤバすぎじゃん

人民解放軍とは名ばかりか

171: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:48:02.10 ID:SoewC37B0
>>24
人民解放軍が自国民を最も多く殺戮しているからな。

人民を現世から解放する軍隊。
ゆえに「人民解放軍」

実に正しいではないか。

25: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:47:43.25 ID:CApvQYLM0
中国では全員が盗賊だよ
そうじゃないと生きられないから

26: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:47:44.39 ID:n1I4Pvsp0
ふむふむ、ほいでほいで?

119: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:19:56.55 ID:ZOixELIxi
>>26

日中戦争は避けられないということじゃないのか?

体育会系の振りした文系みたいなゴミがトップ。ノウハウも頭脳もなく怒鳴りつけるだけのブラック会社みたいなもの

128: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:24:32.50 ID:z76JLxkG0
>>26
この場合の問題点は
普通の知性を持っていれば、尖閣諸島をめぐる問題で
日中で戦争なんて起こるわけないわけ
メリットとデメリットを比べればね

ただ軍部ってのは自らの権益で動くから
そういう総合的な高い視野とは別の価値判断で
暴走する可能性があるという事だな

27: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:47:44.52 ID:3lFSfvxZP
今だに帝国経済で国が成せると思ってる馬鹿ども

29: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:48:00.02 ID:/0aVq7KU0
西朝鮮も北朝鮮と同じで軍部のおかげで政権を保っている先軍政治だからな。

32: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:50:14.60 ID:vPO8+AEC0
さすがに馬鹿馬鹿しいわ
習近平が本当に傀儡なら宴会禁止令は出さないし
まだ李克強が頑張ってるじゃないか

33: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:50:21.41 ID:rbwyFlUk0
中央が地方政府を締め付ける政策ばかり採っているからな
一方で軍人は経済発展の恩恵にあずかれない不満が募っている
中共が正しく行動すればするほどこの構図は明確化する

「反日政策」という誤った行動では消しきれないほどにな

36: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:51:39.31 ID:R9bJycKC0
PM2.5も格差も捨てて、近視眼的利益を優先だもんな

48: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:55:34.23 ID:rbwyFlUk0
>>36
結局、PM2.5 、格差問題が人民の支持を受ける正義となるだろう
現行政府がまじめに問題に取り組んだところで、
問題の解決は困難であり、
理念的正義を掲げる連中には勝ちようがない

そこで中央政府が取る手段はただ一つ
結局のところは言論弾圧、逮捕、監禁、再教育だ
このことが西洋諸国にばれて国際社会からの応援も期待できなくなる

この記事は極端だが、手詰まりなのは間違いない…

39: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:53:05.85 ID:mXJUgwJB0
オバマがヘタレなんだから、好き勝手できるのは今のうちだろ

192: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:56:39.80 ID:ETwAepAF0
>>39
オバマがというより、伝統的に民主党は・・って感じ・だから、次の大統領選挙でまた民主党が勝つと、その後4年もへたれるよ

41: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:53:13.16 ID:Pj0Fmhyu0
共産主義国なんてどこも元々軍事政権だろうに。

44: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:54:23.57 ID:Ytt99tLp0
近平、就任前に2週間くらい行方不明になってただろ。
あのころから言われてたハナシが裏付けられたって事。

49: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:55:43.49 ID:ZWZmZSLa0
シュウキンペーだろうが共産党軍であろうが中国を仕切ってるのが誰であろうと

中国は日本を侵略しようとしている敵国であるという「事実」に変わりは無い。

51: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:56:24.07 ID:z7Ssyj8/0
日高義樹ってワシントンレポートの人じゃないかw
こんな記事書くんだねw

95: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:08:24.20 ID:zURHCoVd0
>>51
NHK出身にしては珍しく右より
だからNHKには残れなかったんだろうが

54: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:56:56.81 ID:m8y4Lk7U0
アメリカはかつての日本の朝鮮特需を願っているのかもな
本気で中国とぶつかって得をするのはアメリカだ
中共にすり寄ることはできないが、米中の挑発に乗るのは愚策

55: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:57:15.05 ID:/FItBrjw0
支那崩壊の序曲・・・古来中国において地方が中央の言うことを聞かなくなることがその王朝を崩壊に導いた。

節度使や藩鎮はたまた新興宗教の反乱により急速に中央の権威と力が弱まり

中華王朝は泥沼の内戦に突入するのが歴史の常である。

中国は日本に攻撃しないいやできない、なぜならば彼らの本来の敵は日本ではなく

各地方に分散している軍閥が本当の敵であり、この抗争を制した者が新たなる

中華帝国の皇帝として君臨することができるのだから。

57: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:58:37.43 ID:OPEDg/HF0
軍事政権に変わってるって事?

75: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:03:49.51 ID:rbwyFlUk0
>>57
ちがう
地方政府と中央政府の力関係が逆転するということ
そもそも胡錦濤の時代からその兆候はあった
経済政策で地方政府は言うことを聞かなくなり始めたし
薄のときは地方軍がクーデターを起こした噂が立った

もちろん、中央については精鋭直轄軍が政府の管理下にあるだろうが
軍や地方政府のいうことに中々逆らえない状態が出始めているということだ

61: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:59:17.27 ID:mbU6YeJP0
共産主義国名乗ってんのは中国1国だけ。

62: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:59:49.62 ID:upqEtE030
北朝鮮もそんな感じだろ、正恩が表舞台に出たタイミングと正日が死んだタイミングがよすぎるし

63: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 11:59:56.18 ID:Rrrdadzb0
そもそもアメリカ政府から日本から攻撃するな、やるなら中国に攻めさせろとお達しが出てると思うよ
同盟国への攻撃という前提と大義がないと国債チャラと集団的自衛権行使による参戦がしにくい

64: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:00:41.92 ID:ehH74pWQ0
そんな危ない分析が流出するとは思えないが・・・あるとしたらただの予算目当てだろ

66: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:01:49.37 ID:6teanpVKO
一年くらい前に予想されてたがその時はまさかそんなことはないだろなーと思ってた
こりゃ近々合戦があるな

81: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:05:21.23 ID:6nxvhqZt0
>>66
中国に戦争は無理だよ
犠牲の精神がない兵士が戦場に出られるわけないじゃん
シナとチョンに口げんかはできても戦争は無理だって早く気付け

69: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:02:33.98 ID:mZCgdtMZi
日本で喩えると、
自衛隊のクーデターが成功し、過去のネタを全て自衛隊に握られて脅された小沢さんが、
祭り上げられて総理大臣になったようなもんか

こう書くと、直接的な行動には出て来そうにないように見えてしまうw

70: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:02:49.32 ID:F0DmvtOa0
ソ連みたいに複数の国に分裂するフラグじゃん

72: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:03:02.57 ID:QhYjJ5uh0
どちらにしても武力衝突が起きるな。シナもアメも借金をチャラにしたいて目的は同じだからな。

74: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:03:25.94 ID:ZOixELIxi
そもそも習が東ティモール弾圧を評価しての地位だからな。
中国の軍トップはベトナムの実地からバックれた高官がいるくらいだ。

バカで薄情で無責任なゴミしかいない。
で、日本はどうするかだな。

76: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:04:08.24 ID:WMU/0GFP0
毛沢東でさえ文革で殺しまくって統制保つぐらいだから
元からないんじゃないの
毛沢東の代わりを軍部がやるしかない

89: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:06:40.64 ID:rbwyFlUk0
>>76
毛沢東のアレは統制を保つためではなく、
党内政治で大躍進に失敗した毛が失脚し
主流を占めていた自由改革路線派を皆殺しにするための「クーデター」だ

79: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:05:00.66 ID:u9/c74KhO
その中国軍の空軍が使い物にならないことを世界に露呈したからな
軍が主導する国は発展しないしいずれなくなる

80: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:05:11.71 ID:fd1oNPRd0
道理で少将レベルが外交に響くような
好戦的な発言を公言してはばからないわけだ。
もう戦争は近いな

84: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:06:02.47 ID:NNcURBmQ0
日本を制圧して意味あんのかね
誰も中国人になんか従わんし

90: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:07:00.85 ID:z7Ssyj8/0
>>84
一億人ほど日本に入ってきます

96: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:08:43.87 ID:NNcURBmQ0
>>90
それで中国が何か得なの?
こんな狭い国なのに
この国は国民の能力だけで生き延びてきた国だぜ

101: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:11:12.77 ID:/0aVq7KU0
>>96
「海洋を制圧するものが、世界の覇権を握る」っていう中二病だとおもう。

122: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:21:37.12 ID:8+NQUFa+0
>>101
領土で見てると中国の動き見えないわな
中国の目的は制海権支配

156: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:39:18.13 ID:QhYjJ5uh0
>>122
過去の皇帝がいた時代を目指しいるんだろうと思う。

自分達は何もしないで、各国の貢ぎ物での優雅な時代錯誤の生活w

166: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:45:58.96 ID:cxVQw5o20
>>156
実際は、各国の貢ぎ物に対し倍返し、3倍返ししてたんたがな。
勿論、国内から収奪した富で。

200: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 13:00:32.67 ID:QhYjJ5uh0
>>166
そうなの!?知らなかった。
傲慢だけじゃないだなあ。まさに893w

97: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:08:53.82 ID:rbwyFlUk0
>>84
西太平洋への出口
アメリカへの攻撃可能となる回廊を手に入れられる
自由な海洋往来が可能となり、
世界の半分を支配することができる

123: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:21:48.77 ID:QBSjHfmv0
>>84 日本を制圧して意味あんのかね

物理的な対中包囲網に穴を開けられるし
・太平洋への出口・対アメリカ用の不沈空母
・豊かで高品質な工業地帯・様々な技術や特許
などなど

現代の国際社会での現実性やデメリットは大きいけど
共産党の「覇権主義」的にはメリットが大きい。

133: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:28:14.28 ID:e9+4GZnGO
>>84
中国配下のチベットを見てみ
大変だぞ

153: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:38:16.62 ID:cBYStugv0
>>84
中国は海上封鎖に弱い
ロシアも中国も日本が手に入れば大平洋の半分を手に入れたも同然

85: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:06:07.56 ID:flom2fxu0
シナという国が昔から腐敗堕落した政治家や官僚が亡国の政治をしてき、常に内乱暴動の様相を
ていしてきた。中華民国も中華人民共和国も、政治家、共産党員の腐敗は限りがない。最後は
軍閥政治の毎度のこと、軍国主義的共産主義が跳梁する暗黒時代へと回帰しているのだろうか。

88: 名無しさん@13周年 2013/12/26(木) 12:06:29.23 ID:ojJFt15h0
日本が軍備を増強しようとしてるのはこういう情報が入っているてのもあるんだろうな

関連記事
ブログランキング・にほんブログ村へ   中国   コメント(0)
▼ コメント
▼ コメントを書く

★入力しなくてもコメントできます。空欄の場合は『いつもの名無しさん』と自動で表示されます。


▼ 最新記事
(10/01) a

▼ RT ランキング